1. TOP
  2. 「ユダヤ人大富豪の教え」に見る、起業家が「稼ぐ」よりも大切にすべきこと。

「ユダヤ人大富豪の教え」に見る、起業家が「稼ぐ」よりも大切にすべきこと。

あなたはご存じですか?

起業において

「稼ぐ」ことは

それほど大事なことではないということを。

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴みとれ!

選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー

鉾立由紀です。

「ビジネスをしているんだから、
稼げなければダメでしょう?」

そう思われる個人起業家の方は

大勢いらっしゃることと思います。

ですが、私が提唱する

『USP』✕『黒字化』✕『継承』

この方程式は、

『「稼ぐ」ことは
それほど大事なことではない』

ということを立証するものでも
あるのです。

実は今日、4月9日は、

5年前にはじめて
私がお金をいただき、
実際にセミナーを開催した記念すべき日でもあります。

ですので、

今日から、なぜ私が

『USP』✕『黒字化』✕『継承』

この方程式を
みなさんにお伝えするビジネスを
提唱しているのか?

それについてお話して参ります。

本当に豊かな起業家になるべく
知っておくことは、
稼ぐことではありません。

大切なことは、
自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みを作ること。

そしてそれを目標に
シゴトをされている起業家が
ほとんどいないのが実情なのです。

早速ですが質問です。

あなたは
本田健さんの
「ユダヤ人大富豪の教え」
という本をご存じですか?

ユダヤ人大富豪の教え

ベストセラーとなった本ですから
ご存じの方も多いかと思います。

私はこの本を
2005年6月に手に取りました。

実は当時、
私は某デルに勤めており、

あまりの自分のシゴトのできなさに
打ちひしがれていました。

シゴトのできないプレッシャーから
ストレスで胃を痛め、
私は倒れてしまうまでになっていたのです。

そんな時、
私の会社の上司が手渡してくれたのが
この「ユダヤ人大富豪の教え」。

そして、そこには

「自らが組み込まれなくても
    売上が上がる仕組みを作ること」

の根底に流れる
ビジネスの本質がしっかりと書かれていたのです。

自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みを作ること。

口で言うのは簡単かもしれませんが
実際には何をすればいいのか
ワカラナイ方も多いでしょう。

実際、私も
師に出会い、
自身のビジネスを持ち始めるまでは

自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みを作ることは

どこか遠くのお金持ちの話だと
思っていました。

ですが、これを実現させるために
今、収入が少ない段階から
できることがたくさんあるのですよ。

明日の記事で、
この

「ユダヤ人大富豪の教え」

を紐解き、
私達が単に「稼ぐ」だけの起業家から
脱するための方法

ご紹介させていただきます!

 

個人起業家なら自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みをいち早く作りなさい!【ビジネスモデル】

起業において「稼ぐ」ことは

それほど大事なことではなく、

最も大切なことは、自らが組み込まれなくても

売上が上がる仕組みを作ることだとお話しました。

私はこの本質を

2005年6月、某デルにて

自身のシゴトのできなさに疲れ果てていた時に

本田健さんの著書

「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで学んだわけです。

ユダヤ人大富豪の教え

多くの起業家や、

そのコンサルタントが

「稼ぐ」ことの重要性を説いていますが

実は、ビジネスは稼ぐことよりも

長くお客様から愛されることの方が大切。

そして、そうできるようになるため

私達個人起業家は

自らが組み込まれなくても

売上が上がる仕組みを作ることが必要

というわけなのです。

「で、その売上が上がる

仕組みを創るためにも

がんばって働いてるんですけどっ!!」

読者のみなさんから

そんなクレームが聞こえてきそうです。

そうなんです。

確かに売上を上げることは必要です。

ですが、

ここで気づいてもらいたい

起業家が陥りやすい罠は

「売上が上がり始めると

 調子に乗ってお金を使ってしまうこと!」

ここで大切なキーポイントは、

月商1,000万円の売上をあげていても、

毎月1,100万円を使っていては

100万円の赤字で、

お金がいくらあっても足りない。

ですが、月商500万円でも

月々200万円しか使わなければ、

毎月300万円の黒字となる・・・。

この罠に早めに気がつく方は

少々売上が低かろうと、

お金がお金を生み出す仕組みを手に入れますし、

この罠に気が付かず、

一生懸命、

穴の空いたバケツで

稼ぎ続ける方は、

一生大変な起業家人生をおくる、

という訳。

多くの起業家の方々が、

「いつかお金が貯まってから・・・。」

そう言いますが、

大切なことは、

売上をあげ、

黒字になったその日から

お金を貯めて、

お金がお金を生み出す仕組みを作り始める。

月商1000万円が大切な訳でも、

年商1億円が大切な訳でもありません。

※ ないよりはいいのでしょうが。

月商100万円でも、

誰より早く利益を活用し、

資産形成を行い、

その資産の作り方までをも

自分の伝承者に伝承させる。

それが起業家にとって

最も大切な

自らが組み込まれなくても

売上が上がる仕組みを作ることの

最初の大きな2歩なのです。

ぜひ、これを頭に入れて、

資産(貯金)形成に入りましょう!

要するに

売上を上げた利益からの貯金と、

そのお金がお金を生み出すということは

売上が少なくても、黒字経営ならば

すぐにできることなのです。

次回は、黒字化の継承で

多くの起業家が陥る罠について

さらに突っ込んでお話ししていきます。

お見逃しなく\(^o^)/

【売り上げのカラクリ】売上が上がっているのに、倒産する人の真実

多くの起業家は
以前として

売上神話に囚われているようです。

売上神話というのは、
売上が上がりさえすればそれでいい
という考え方。

確かに売上があがらないよりは
いいでしょうが

実はここには大きな落とし穴があります。

これは実際に私が起業前に
経験したことなのですが、

売上が上がっていると
告知宣伝しているから参加したのに、

その数カ月後に、
その方が廃業していたり、
借金していたりするケースがある。

理由は、
売上はあがっているかもしれませんが、

利益が低い

または

収益を資産(貯金)に変えず、
使いきってしまった
ため。

094922

※ もしかすると
売上自体が嘘だったのかもしれません。

多くの個人起業家が
売上が上がっている時、

この売上は右肩上がりで
永久に続くもの。

そう考えてしまいます。

そしてそう考えるが故に、
どんどんと無駄遣いを重ねてしまう。

実際に右肩上がりが
永久に続けばいいですが
現実はそう甘くはありません。

経済自体が不況になることもありますし、
また、自分の商品が
飽きられてしまうことだってあるかもしれない。

もっと言うと、不慮の事故などによって
働けなくなるというケースだってあるのです。

そんな有事の際が
私達個人起業家にとっての最大のピンチ!

会社なら、
少しでも給料をいただける可能性があります。

ですが、私たち個人起業家が
働けなくなったら、
継承者や資産がなければ

ジ・エンド。

その時になって
後悔してもどうしようもないのです。

え?自分にはそんなことは
起こらないって?

次回は
そんな強情っ張りなあなたに

自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みの
さらなる魅力について語っていきます!

無駄な努力はしたくない!

そう考えるあなたこそ、
必見の内容です。

お見逃しなく\(^o^)/

 

 

 

【ユーキャンが語らない真実】あなたが本当に「好きな仕事」だけをするために必要なこと

今回は、

日々、生活出来ているから

自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みまで考えられない!

そんな個人起業家のあなたに
一石を投じたいと思います。

世の中の多くの方が

「自分の好きなことを仕事にしたい!」

そう望んで
ユーキャンで学んだり、
キャリアアップに励んだり、
派遣社員として働いたりしていますね。

ですが、
もしあなたが本当に
自分の好きな仕事をしたいと思うのならば、

これらの方法は
完全に正しい
好きな仕事をする方法ではありません。

なぜなら、
本当に好きな仕事をするという状態は

生活費は
例え働かなくても
入ってくる。

そんな状態があって初めて、
可能になるから。

もしあなたが
いつも毎月の生活費に
不安を抱えていたら、

やりたくない仕事も
やらざるを得ない
、ですよね?!

ですが、
毎月の生活費も、
お子さんの養育費もなにもかも、

何も不安に思わずに
まかなわれることが
わかっていたとしたら?

実は私が、

『USP』✕『黒字化』✕『継承』

この方程式にこだわったのには
理由があります。

私は、起業以前から
ビジネス書を読むことが大好きで、

「ユダヤ人大富豪の教え」
「金持ち父さん貧乏父さん」

大好き!

そしてこれら2冊には、
経済的自由を手に入れたいのなら
自分の生活をまかなうだけのお金が

「自動的に入ってくる仕組みが必要」

そう書かれていました。

この2冊を読んで、
本田健さんや
ロバート・キヨサキさんが
提唱しているような
経済的自由を手に入れたい!

そう思っていました。

ですが、
両方共に具体的に
一般人ができる方法は書かれていない・・・。

「どうしたら、
これらの本に書かれていることが
私にもできるんだろう?」

そんな時だったのです。

私が師に出会ったのは!

次回は、
その普通の会社員だった私が

ゼロから経済的自由✕自立
手に入れはじめたその道程を
お話させていただきます。

キーワードは
個人が資産を創るには、
最も現実的な方法、です\(^o^)/

 

【起業家として生きる】営業ができれば食いっぱぐれないというわけではない。

2009年、
リーマン・ショックで
勤めていた会社が倒産した時、

私は真剣に
安全に起業する道を
研究し始めました。


理由は、
年収2000万円があっても、


景気の浮き沈みだけで
収入がゼロになってしまうという憂き目に
あったからなのです。


「起業しても
景気の浮き沈みは逃れられないのでは?」


そう思って
これを読んでる方、
絶対にいらっしゃいますね?

 

・・・もちろん
私もそのリスクを考えました。

 

2009年当時の私は
すでに生活のコストが
かなり大きくなっていましたから

 

闇雲に起業することは
絶対にできない。

 

だからこそ、
私は安全 且つ 確実に
起業したかったのです。

 

※ 100%安全、確実は
存在しないので、「できるだけ」という意味です。

 

そして、私は考えました。

 

私はそもそも
食いっぱぐれたくないなら
営業を学ばなければ
と思い、
営業マン(ヘッドハンター)になった。

 

・・・だけれども、
意に反して会社が倒産し、
自分の収入を失った・・・。


※ 転職はできましたけど。


私だけでなく、
私が仕事でお付き合いしていた
トップ営業マンたちの多くも
リーマン・ショックで
仕事を失った。

 

あんなにすごい営業マンまで
解雇になるのなら、

なんでみんな営業を学べというの?

そう途方にくれていた時に、
考え始めたのが


食いっぱぐれない人生の
本当の意味だったのです。

 

そこで研究したのが
本田健さんや
ロバート・キヨサキさんの書籍。


それらを通して
私が学んだことは、


家族が超お金持ちとか、
相続する遺産があるとか、
売れている芸能人、アーティストなどでなければ、


普通の人が
資産を作ることは現実的ではない。


ただし、
・・・たった
1つの例外を除いて。


そしてそれが、

「自分のビジネスを興す」という
選択だったのです。

そこからです。


私が真剣に
起業という選択肢を考えだしたのは!!

 

【投資やFXではない!?】それほど売上が上がらない起業家でも持つべき起業家の「資産」とは?

それをお話する度に、

「そもそも、
資産(貯金)形成を考えられるほど
売上がないのです・・・。」

という、ご意見をいただきます。

 

「資産」と聞くと、
多くの方がお金のことを考えますが、

 

実は起業家にとっては
それだけが資産ではありません。

 

起業家にとっての
資産とは、

 

ブログなどにアップする記事の数、

将来の大切なお客様となりうる
メルマガのリスト数、

お客様からの感動の声の数、

そして、
あなたが成果を出してきた
記録の数!!

 

これらが起業家にとっての
代表的な
資産なのです!!

 

なのに、これらを
しっかりと計画的に
集めている方は非常に少ないのが現状。

 

そして、これら「資産」の数を
計画的に増やそうとしないから
あなたの売上は伸び悩んでしまう
のです。

 

【起業家のための逆算思考】資産があるからお客様が集まってくる!

起業家の持つべき「資産」は

ブログなどにアップする記事の数、

将来の大切なお客様となりうる
メルマガのリスト数、

お客様からの感動の声の数、

そして、
あなたが成果を出してきた
記録の数

・・・だとお話しました。

 

このお話をさせていただくと、
かなりの確率で
みなさん、このようにおっしゃいます。

「じゃあ、
 ブログを書いて、
 メルマガのリスト数を集めて、
 お客様の声を集めて、
 記録を残せばいいんですね?!」
と。

実は起業家の資産形成という意味では
これだけでは十分ではありません。

大切なのは、

ブログや
リスト件数や
お客様の声や
記録が

どれだけあればお客様が集まるのかを確認し、

その上で、

いつまでに何件のブログの記事を集めるのか?
いつまでに何件のメルマガのリスト数を集めるのか?
いつまでに何件のお客様の声を集めるのか?
いつまでにどれだけの
お客様の声を集めるのか?

このように
期限を決めて行動すること
が起業家の資産形成の鍵、なのです。

多くの方が
ゴールからの逆算をせずに
ひとつずつ積み上げていくため

労力はかかるのに、
成果はなかなか上がらない、

そんな「無駄な作業」となってしまっています。

ですがもし、
お客様の知りたい情報が満載の
ブログ記事が1000件あったら?

ですがもし、
あなたのメルマガを愛読する
メルマガ読者が10000人いらっしゃったら?

ですがもし、
あなたへの感動のお客様の声が
1000件あったら?

ですがもし、
あなたのビジネスの成功の記録、
プロセスの記録、
それらすべてがそろっていたら?

すでにそれら自身が
あなたにとっての資産であり

その「資産」が
お客様をあなたのもとへ
引き寄せてくれる。

そう思いませんか?

そして実際、
私は今、

書き溜めたブログ記事
(ブログの記事には
お客様の声も含まれています)から
お客様が私のもとにやってきていますし、

12000件以上の
メルマガ読者のみなさんからも
多くのお問い合わせを頂いていますし、

私が年商1億円をいただけるようになった
すべての記録も残っている。

だからこそ、今、私は
日々、みなさんに
みなさんの求める情報を提供し、

門下生の育成に集中するだけ

売上をいただけることができるので、
さらなる「資産形成」に邁進できる
というワケなのです。

必死になって
お客様を集めるのではなく、

お客様の方から
私に会いに来てくださる。

そんな起業家の資産を
私はぜひあなたに
作り上げてもらいたいと思っています。

 

「教わったとおりにやってる」のに成果が出ない理由は「作業」にしていることにある。

前職の社長であり、上司でもある
Paul Levine氏とランチ!

アメリカ人であるPaulが
この東京でヘッドハンティングビジネスを
立ち上げてきた長い歴史を知っているので

久しぶりに
Paulに経営の真髄について
アドバイスをいただいてきました。

あっという間の2時間だったのですが
一番印象に残ったのは、

「自分が働かなければ、
 売上が上がらない状態では会社とは言えない」

というPaulの一言。
(もちろん英語で)

仕事には、
仕事を創る側と、
その仕事をしてくれる人がいる。

自分がどちらの側につくか
考えて行動してきたのさ。

※ 超訳

Paulの話を聞いていて、
改めて、

自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みの大切さが
身に染みました!

もっともっと
自身の資産形成を強化していきますよ!

さて、早速ですが、
今日は

あなたの「起業家の資産形成」の際に
注意すべきこと

についてお話します。

起業家の持つべき「資産」は

ブログなどにアップする記事の数、

将来の大切なお客様となりうる
メルマガのリスト数、

お客様からの感動の声の数、

そして、
あなたが成果を出してきた
記録の数

なのね?

とわかった途端に、
むちゃくちゃに
これらを集めようとする方がいます。

ですが、
ここで最も注意することは、
あなたが

「与える達人」

として行動しているかどうか?ということ。

それも徹底的に!!

あなたの書くブログの記事が
お客様のお役に立ち、

あなたの書くメルマガの記事が
お客様に満足いただけるから
リストの数が増え

お客様がご満足くださるから
お客様の感動の声が増え

これらすべてで満足していただくから
シゴトが進む、うまくいく、
その方法の記録が手に入る

そんなプラスのサイクルが進みだします。

ですが、一方で、もし、
「与える達人」となることに励まず、

ただ単に、

ブログや
メルマガを書いても

お客様から
満足いただけませんし、

且つ、
お客様が
満足くださらないから

お客様の声もいただけない

お客様の声もいただけないから
お客様もこない・・・。

そんな「作業」にしてしまうと、
負のスパイラルがスタートします。

・・・あなたはもちろん
前者を目指しますよね?!

そして、
その「与える達人」となるための
最強の軸となるのが

USPです。

多くの方がカンチガイしている本当のUSPについて知りたい方は以下を参考にしてくださいね

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ビジネスがわかる方は、読まないでください

  • 営業を止めたら売上が3倍になりました!

  • 勝てる起業 vs 楽しむ起業

  • 【無料メルマガ】「名は体を表す」

  • 人脈を作りたいなら、選ばれるべき理由を持ちなさい!!

  • ビジネスを創る上での盲点はココ!