1. TOP
  2. うつ病専門から恋愛専門の心理カウンセラーに転身し準備6ヶ月で月商100万円を達成した事例。差別化することで成功した関根 里佳子さん

うつ病専門から恋愛専門の心理カウンセラーに転身し準備6ヶ月で月商100万円を達成した事例。差別化することで成功した関根 里佳子さん

心理カウンセラーで起業をしたい!だけど、ライバルが多すぎて、どう差別化すればいいんだろう?そう悩んでいることでしょう。

こんにちは!鉾立由紀(ほこたてゆき)です。

この記事では実際に私がプロデュースをした、心理カウンセラーである関根 里佳子さんの事例を元に、どのような話し合いを経て、関根さんが自分のポジションを確立させ、恋愛専門の心理カウンセラーでたった6ヶ月で月商100万円を達成できたのか?

についてお伝えします。

読んでいただくことで、あなたの「差別化ポイント」が見えてくるはずです。

 

 

稼げる市場から、という考えではなく、自分の想いに沿ったビジネスがしたいと気づいた

私との個別相談を受けた時の気持ちを、関根さんがまとめてくれています。

━━━━↓ ↓ ↓ ここから

私には、本業があり、副業として心理セラピストをしております。

いつかは心理セラピストで独立するんだろうなぁと漠然と思っておりました。そして、コンサルタント方に相談すれば何とかなるんだろうと思い色々な方に相談していました。

コンサルタント方も様々で、相談しても、USPをつくるに1年間かかって怒られて終わってしまったこともありますし、

方には、志を固めろといわれるだけで、1年間なにもやり方を教えてもらえなかったこともありました。

それは、「想い」と「できること」すり合わせがうまくいかなかっただと思うですが、どような方を対象にするかということがずっと決まらず、まずは、「稼げる市場から」といわれ、なんとなくもやもやしながら、仕事をしておりました。

自分甘さや覚悟が足りないというはよくわかっていました。

仕事というは甘くない。

自分がやりたいことではなく、ニーズがあり、買う人がいるから仕事がある。

そう言われ、それも十分わかっているつもりでした。

しかし、自分本心とは違うと思っているため、ブログを書くにも、発信するにもどうにも力がでてきません。

名刺を作って「私はこういうもです」と言っても「なにか違うな」と思っていました。

私が本当にやりたいことはなんだろう。
私にしかできない仕事はなんだろう。
どんな人と関わっていきたいだろうか?

自分やりたいことを、どう表現して、もっと人役に立ち、自分も豊かになるにはどうしたらいいだろう・・・。

いつもそんなことを考えて、ずーーーーとモヤモヤと迷っておりました。

だから、ブログヘッダーも決まらない、HPもお金を払って、注文したけど製作ストップしてしまう。そんな状態でした。

また、ダブルワークなで、体力的にもきつくなってきていました。

来年こそは、本当に真剣に自分将来を考えようと思い、急遽、鉾立さん個別セッションをうけてみました。

まず、鉾立さんに言われたことは「なぜ心理セラピーをやってる?」でした。こ問いは、自分にいつも問いかけていますで、答えはすぐに出てくるつもりでした。

しかし、言葉に詰まってなかなか答えられませんでした。

ここにこそ、本当心理セラピストをやっている理由があったですが、、なかなかオープンに人に言えない話ですし、ストレートにビジネスで表現することができなかったからです。

勇気を出して、私の想いを伝えると、
鉾立さんは、「もうできてます」と、
欲しい形を、目前に出して見せてくれました。

今までは、想いより、お金になることをやることが常識と言われていたに、想いを汲んでくれ、言葉で表現してあり、しかもそ方法が理想やり方でした。

しかも、未来姿までもみせてもらえて、本当に驚きました。

今まで何年もずっと欲しかったもがやっとここでめぐり合えたかと私はしばらく放心状態になりました。

自分未来を創造して、ワクワクしたは、鉾立さんにお会いして初めて体験でした。

今は、自分ビジネスができる!!という喜びに溢れています。

「日本を大切にされる女性でいっぱいにする♥」

そんなことができたらいいなと思っています。あとから考えると、これは私想いだけでなく、

娘も、私も妹も、私も母も、私も叔母も、そして、目には見えないけれど、ご先祖など、一生懸命いきてきた先人女性たちの想いまでも、乗っているような気がしています。

・想いよりも、稼ぐことが優先だと言われ、どうにも動けなくなってしまっている人
・自分強み、ウリが明確に分からない人
・コンサルジプシーしても、なかなか形にならない、売上が上がらない人
・自分にしかできない、オリジナルビジネスを形にしたい人

ぜひ、鉾立さんに会ってみてください。

恋に悩める女性の救世主
関根 里佳子

 

「稼げる市場」のはずなのに、副業としてダブルワークでカウンセラーをしていた

ではどうして私が、関根さんが「理想やり方」と感じるUSPとポジションをご提案できたのか、振り返っていきましょう。

関根さんは個別相談の私への相談で以下のように書き送ってくれたのです。

===

自分のポジションについて、「パワハラうつ」というネガティブな単語はよくないと数人の方にいわれたこと、

自分でも「パワハラうつ専門」というのがなんとなくしっくりこない感じです。

仕事だから、イメージとかなんとか言わず、割り切らないといけないのかとも思いますが、鉾立さんはどう思われますか?

===

この相談内容を見てもらってもわかるように関根さんは元々「パワハラうつ専門」のカウンセラーとして「副業的」にシゴトをやっていました。

それは「『想い』ではシゴトにならない」と主張される他のコンサルタントのアドバイスに従っていたため。

ですが関根さんは、どうしても、「パワハラうつ専門」カウンセラーとしてのシゴトに想いを持つことができませんでした。

それで、私のところに相談に来られたのです。

最近思うのですが、かなり多くの起業コンサルタントが「『想い』ではシゴトにならない」そう言って、むちゃくちゃな提案を相談者にしているように思えます。

確かに、全員の想いのすべてがシゴトになるとは言いません。

ですが、私は

想いのないシゴトでは、普通の私たちが成果につなげることはとても難しい

そう思っています。

だからこそ個別相談でも関根さんの想いを徹底的にヒアリング!

どうして関根さんは起業しようとしているのか?
どうして関根さんはカウンセラーの資格を取ったのか?
そもそも心理学を学ぼうと思ったのはどうしてだったのか?

関根さんに1つひとつ質問していく中で関根さんも1つひとつ、答えが見えてきました。

自分がなぜ、会社員をしながらでも起業をするべく立ち上がろうとしているのか?
なぜ今、提案されたテーマでは自らが自燃できないのか?
どんな背中を自分の娘達に魅せていきたいのか?

それらを、目に涙を浮かべてゆっくりとですが、しっかりと話してくれたのです。

 

諦めたくても諦められない想いに差別化ポイントがある

ここで一部、関根さんのプロフィールをご紹介します。

=======

子どもの頃、三度の親の離婚、継母のいじめ、父の暴力、祖母の自殺未遂、父の経営する会社の倒産、夜逃げなどを経験。

22歳で結婚し、一男一女に恵まれるも、元夫の酒乱、DVにより離婚。

シングルマザーとして働きに出るが、職場のいじめに遭い心身のバランスを崩す・・・。

=======

関根さんが心理学を学び、起業を志し、お嬢さんたち、そしてお客様に魅せたかった背中は、

「一人ひとりに大切にされる価値がある!」

それを伝えたいという想い!

子供の頃のツライ経験のため関根さんはセルフ・イメージがとても低かった。

その結果、ご主人にDVを受けていても自分のせいと思ってしまう始末・・・。そんな状態を変えるために関根さんは心理学を学び始めたのです。

・・・そしてもうそんなツライ想いを娘さんたちは元より女性たちに誰ひとりとして体験してほしくない。

そんな想いをビジネスとして形にし、今、

恋に悩める女性の救世主として、大切にされる女性のための恋愛開華レッスン「ラ・ブルーム」をスタートさせ、

ビジネス開始初月から月商7桁を達成することができたのです。

多くの人びとがビジネスを単なる「お金儲け」と勘違いし、儲かりそう、ということでシゴトを作ろうとしてしまいがち。

ですが普通の私たちにとって特に大切なことは

毎日当たり前のこととして研究し、学び、研鑽し続けられるそんな想いのあるビジネスを続けられること。

それくらい「あきらめようにも、あきらめられない!」そんな自燃できる強い想いを見つけることができた時、あなたのビジネスは関根さんのように大きく花開くこと間違いナシ、となるのです^_^

 

ポジションがしっくり来ず、8人のコンサルタントを渡り歩いた過去

実は、関根さん曰く、私に出会うまでに8人のコンサルタントの方と出会いがんばってきたけれど、なかなか成果にはつながらなかったとのこと。

ここまでの話をまとめると、

うまく行かなかったのは今までのコンサルタントのみなさんが提案してきたビジネスは「稼ぐ」ためのビジネスだったため。
鉾立がプロデュースするビジネスは関根さんの「想い」を軸とした「お客様を豊かにする」ビジネスだったため、成果につなげることができた

というワケですね。

私はお客様のことを第一に考えるなら、「稼げるから」「儲かるから」という理由で、起業をすべきではないと思っています。

理由は、その方法では長続きしないし、また、お客様にも失礼となってしまうためです。

関根さんはお金を稼ぐためには「想い」を忘れなくてはいけないそう思っていました。

もしかすると、あなたもその1人かもしれませんね。ですが、私は声を大にしてこう言います。

あなたのビジネスが成果にツナガラナイのは、

あなたのビジネスがあなたの「想い」からスタートしていないから、ですよ!

関根さんは一足先にコンサルジプシーから脱却したのです。

 

心理カウンセラーとして活動している私の想いをカタチにするビジネスを提案してくれました

最後に、関根さんが目標としていた月商100万円を達成した時、それまでの6ヶ月間を振り返った想いを紹介させていただきますね。

━━━━↓ ↓ ↓ ここから

私が鉾立さんと出会ったのは、2015年12月末、会社に勤めながら、パワハラうつ専門心理セラピストとして、心理療法を提供していました。

鉾立さんにお会いするまで、何人かのコンサルをうけましたが、一番の悩みどころだったのが「誰に」ということが決まらなかったこと。

自分のできること、自分のやりたいこと、世間から求められていること、

この3つが バランスよく決まればよいのですが、どこに比重を置いて考えたらよいかわかりませんでした。

また、理想のお客様は過去の自分とも言いますが、私の場合、過去の体験が多すぎたことも、なかなか決まらない原因の一つでありました。

ですので、鉾立さんに出会う前は、今まで来てくださっている方の多い悩みの中で、自分のセラピーを活かせて、わたしの持っている社会保険労務士の資格も活用できる「パワハラうつ」ということで看板をあげていたのですが、

なにか違う気がして、ずっとモヤモヤしていました。

また、もう一つの悩みは、セミナーや個別相談をすると、同じセラピーの友人が来たり、体験セッションを募集すると、

他のセラピーと価格で、比べられることがとてもイヤでした。

心理療法は、同じセラピーを習っても、提供する人のセンス、思い、知識、経験などで全く別のものになるのですが、それが同じと思われるのが悔しかった。

「人と比べられない、自分だけのビジネスを創りたい」

そして、心理療法で救われた私と同じように、

「絶対に待っている人がいるから私の思いを形にして、ちゃんと届けたい!」

そう思っていました。そんな時、 鉾立さんにお会いしました。2015年の年末に、鉾立さんの個別相談で鉾立さんに言われた言葉は

「なんでカウンセラーやってるの?」

ということ。

今までも、私がなぜやってきたのか文章にしたことや、人に話したことはありますが、この時は、鉾立さんの真剣な雰囲気に

なぜか私の心が揺さぶられて、涙がでてしまいました。

私の子どものころの話、娘の交通事故の話、親にも、結婚した相手にも、付き合った人にもいつも、「だれからも大切にされない」と思い続けて、人生がうまくいかなかった私だからこそ、「心理療法で変われるよ」ということを伝えたい気持ちがあったことを話しました。鉾立さんは、私の話を聞き、その場で私の欲しかったUSPを提供してくださいました。

それが「大切にされる女性のための恋愛開華塾ラ・ブルーム」という企画です。

今までは、マンツーマンのカウンセリングでしたので、新しく塾という形式は初めてでした。

グループのカウンセリングは、いつかはやってみたいと思っていたのですが、うつやパニックの方から、恋愛への方向転換は正直、最初は戸惑い、ブログや、FBへの投稿が止まってしまいました。

しかし、The SUMMITや、鉾立さんとの接見で、鉾立さんや、先輩起業家の皆様から、起業家としての真剣な姿勢を見せていただき、

恥ずかしいとか、できないとか、そんな生半可な気持ちでは良い仕事はできない、良いものはお客様に提供できないと思うようになりました。

また、受身のセラピストから、能動的に動く起業家へと脳を切り替えなければならなかったのですが、

鉾立さんから接見で、アドバイスをいただいたり、励ましていただき、だんだんと脳が切り替わり、成長できて、やっと能動的に行動することができました。そして、6月末に念願の月商7桁を達成することができました。

これも、鉾立さんや、The SUMMITの仲間の皆さんが信じて応援してくださったおかげです。ありがとうございます。

セルフイメージが低く、自分が嫌いで、自分のことを大切にできてない、だから、人から大切にされないし、大切にしてもらっていても受け取れない

そんな過去の私のように悩んでいる女性たちが幸せな恋愛ができるよう、これからも、セラピストとして、また起業家として、成長し続け、喜んでいただける良いものを提供していきたいと思います。

想いを形にしたいのに、なかなかそのステージにたどり着けない!そんな個人起業家のみなさんは絶対に鉾立さんに相談してみることをオススメします!

あなたの想いを、最高のビジネスとしてぜひ形に変えてください!

5つのラブ・トラップから脱出して、
ダメンズから卒業!
大切にされる女性のための恋愛開華塾
ラ・ブルーム主宰関根里佳子さん

━━━━↑ ↑ ↑ ここまで

 

関根さんが実行したことは、決して難しいことではありません。

私が提案したUSP(お客様への究極のコミットメント)を元にビジネスを成長させたのです。関根さんのUSPは、次の無料レポートを基礎に、創り上げました。

 

USPの創り方を紹介した無料PDFレポートをプレゼント中

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 10人中9人が50万円の商品を買って行くにはワケがある!

  • 【受講生の紹介】利益を得たければ、まず与えることが先!を実践すると・・・【福井直子】

  • 和装・着付け教室を開業し、成功した事例。斬新な教室内容で生徒さんを増やし、月商160万円を達成した上杉惠理子さん

  • 売れないコーチだった彼が「何でも屋」をやめた結果…

  • <実録>『どの会社に頼んでも結果は同じ』と言われるのが嫌でした

  • お客様層を変えただけで、売上が5倍になりました!