1. TOP
  2. あなたは今の売上で満足していますか?

あなたは今の売上で満足していますか?

あなたは今の売上で満足していますか?

 

不満のある方は
1分だけこの記事を
読んでみてください。

 

実はビジネスは
無理をすればなんとかなる、
がんばればなんとかなるというものではありません。

 

「無理なく売上があがる」

「自分が組み込まれなくても
売上が上がる」

 

これを中心に考えなくてはいけません。

 

売上についての不満感のレベルは
人によって様々だと思いますが、
概ね以下のような問題を
抱えているのでは?

 

✓ 毎月の売上が不安定で不安

✓ シゴトにかける時間の割に
成果にツナガラナイ

✓ 時給換算するとマクドナルド並・・・

 

このような悩み、ありませんか?

 

多くの個人起業家が、
起業家であるにも関わらず、

時間と労力をかけ、
努力と根性でがんばれば
いつか報われる

そう信じているところがあります。

 

ですが実は
本当の起業家のシゴトは
時間と労力をかけ、
努力と根性でがんばることでは
ありません。

 

本当の起業家のシゴトとは、
お客様に<価値>を提供し、
自らが組み込まれなくても
売上が上がる仕組みを創りあげること!

 

いくら時間をかけ
労力をかけて働こうと、

 

いくら努力と根性でがんばろうと

 

お客様に<価値>を提供できず

 

いつまでも
自分が働かなければ
売上があがらないのでは

 

起業家としては失格なのです。

 

それでは、
自分が組み込まれなくても
売上があがる仕組みとは
一体何なのでしょうか?

 

一生懸命働く人ほど豊かになれない?!

「仕組み」

実はこの言葉の意味を
具体的に理解している起業家の方は
とても少ないようです。

早速ですが
あなたは以下のモノガタリを
ご存知ですか?

====

ある日のこと、
一羽のガチョウが
金の卵をひとつ産みました。 

「これはすごい! 高く売れるぞ!」

 

男は大喜び!

ガチョウは
次の日も、金の卵をうみました。 

また次の日も、また次の日も、
毎日一つずつの金の卵を産み続け
貧しかった男はガチョウのおかげで、
どんどんお金持ちになりました。     

欲の深い男は、

あのガチョウの腹の中には
金の固まりがあるにちがいない。  

そうだ、それを取り出せば、
おれはもっと金持ちなれるぞ!

そう思いたった男は、
ガチョウのおなかを切り開きました!

でも、金の固まりなど出てきません。  

ガチョウはそのまま
死んでしまいました。  

男はほどなく、
また貧乏になってしまいました。

====

このストーリーは
「金のたまごを生むガチョウ」のお話。

「仕組み」を創りだす、
「仕組み」を持つということは、

この何もしなくてもお金が入る
「金のたまごを生むガチョウ」を
持つ
ということです。

私はこのブログを通して、

「セミリタイア人生を歩もう!」

ということを
言いたい訳ではありません。

どちらかと言うと、
その逆。

もっともっと価値のあるビジネスを
もっともっとお客様に提供してほしい。

そしてそのためには
あなたの努力と根性という
不安定なモノに頼るのでなく、

安定的に成果を出し続ける
ビジネスの「仕組み」を持つ。

そうすることで、
あなたはより安定的に
お客様にあなたのビジネスを
提供することができるのです。

あなたが100年だって愛される
そんなお客様にお役に立つ
ビジネス創造を望むなら
まず大切にしなければならないのは

ビジネス創業時から
「仕組み」作りに
労力を注ぎこむこと。

それを忘れないで下さいね!

 

 

仕組みを手に入れたい!という方はまずはこちらでビジネスの軸を手に入れて下さい

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 形から入りたがる人要注意!売上に繋がらないモノに資本投入必要ナシ

  • 起業家の玄人と素人を見分ける、ビジネスで一番大事なこととは?

  • アイディアを出す方法

  • 誰でも簡単に実行可能!気づけなかった自分の強みを発掘できる3つの質問

  • 解消されなきゃ買えない!お客様が抱えている10の不安を取り除く

  • 選ばれる理由を手に入れて、事業も黒字化して来た起業家、経営者が、後継者を育成するために考えるべき成功の5原則