1. TOP
  2. 起業しても、成功しない理由

起業しても、成功しない理由

で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

今回の面談のNさんは、心理カウンセラーで、

少しヒアリングしただけで

とてつもない必殺技が!!

 

(でも、全然、PRされていないんですね、残念ながら・・・。)

 

ご自身のUSP(独自のウリ)が明確になり、

ご自身のビジネスの発展に

確信を持って

お帰りになりました。

 

Nさんの今後が楽しみです!

 

 

さて、早速、今日の本題に行きましょう!

◆ 「シゴト」=「できること」? ◆

 

個人面談をしていて思うこと。

 

特に、起業志望者に多いのですが、

自分が「できること」で起業しようという傾向が強い。

 

そんな方に、

「どうしてそのシゴトがやりたいの?」と聞くと、

 

「できるから。」

 

ただ、それだけなのです。

 

 

 

「『できること』で起業してなにがわるい(怒)?」

 

 

そうおっしゃる方もいるかもしれませんね。

 

 

ですが、ただ単純に「できるから。」という理由だけで

起業するべきではないのです。

 

 

理由は簡単。

 

「できる」=「やりたい」とは限らないから

 

もしあなたが、

「これならデキルから、それで起業したい。」

そう思っているのなら、

 

そのシゴトをずっとやり続ける状況を、

真剣に考えてみてください。

 

 

偶然、今日、以前の会社の同僚から

電話がかかってきて、

こう言われました。

 

「由紀さん、そんな年末まで働いて、

やっぱり起業って大変なの?」

 

その同僚は、サッカーが大好きで、

一時プロを目指していたことを知っていたので、

私はこう言いました。

 

「でも、カズキがサッカーでプロを目指していたとき、

休みなくサッカーしてたでしょ?

誰に言われるでもなく。」

 

起業するなら

あなたにとって

それくらい「やりたい!」と思えるモノでなければ続かない。

 

そう肝に銘じておいてください。

 

 

 

あなたが何かに夢中になっているとき

 

ゴハンを食べるのも、

トイレに行くのも忘れて(笑)、

 

没頭しませんでしたか?

 

ある意味、

 

 

 

 

 

あなたが起業をして幸せに成功したいのなら、

 

絶対に

 

「時間を忘れるほど夢中になれること」

 

起業する必要があります!!

 

 

 

もしあなたが「逃げの理由(※)」で起業を希望されているのであれば

起業しても、成功するのは難しいでしょう。

 

※ 「逃げの理由」とは?

「○○で起業したい!」という積極的な理由ではなく、

「今のシゴトがイヤだから」とか

「これなら私にもできるから」という消極的な理由。

 

 

あなたが「これをやりたい!」

そう覚悟を持って、

起業に挑まれているのであれば

起業家としての成功は、

そう遠くありません。

 

 

ですが、もし「できるから」

ただそれだけの理由で起業を志すなら・・・。

 

 

 

本当に起業を志すべきか、

再考することをオススメします。

 

 

<まとめ>

 

「『デキルこと』=『志事』とは限らない!」

 

もしあなたが、お客さまのための仕事に本気なら・・・

 

本気の起業家限定!

無料個人面談お申し込みフォーム

*は必須項目です

*名前

※姓名共にご記入をお願いします。
*メールアドレス
*ご相談内容
※ご使用のSNS(ブログ・Facebook等)のURLもご記入下さい。
※ご希望の日程も第三希望までご記入下さい。
どこでこの個人面談を知りましたか
※個人面談を知ったメディア・紹介者の方をご記入下さい。
秘書菅原 とお書きいただくと、優先的に枠をご用意いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • あなたの想いは伝えなければ伝わりません!

  • 自己満足型起業家は、もう卒業!

  • 99%の起業家が顧客から選ばれない1番の理由とは?

  • 失敗や挫折のおかげで、目標達成できました!

  • 成約率をあげる世界で一番簡単な方法を教えます!

  • 「やりたいこと」の定義