1. TOP
  2. 「そうだ。死のう。」と考えた彼

「そうだ。死のう。」と考えた彼

3秒で顧客の心を掴み取れ!
起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

 

 

毎日シゴトを楽しんでおります!

 

 

 

今日も2件の個人面談!

 

楽しんできましたよ〜♬

 

 

そして明日は私の起業家仲間である

 

「夢中の習慣」の専門家 石井良恵さんのセミナーに参加してきます!

 

(注:このメルマガは2012年5月に配信されました。)

 

その模様は

 

またご紹介させていただきますね!

 

 

 

 

 

◆   自殺を考えた先に・・・〜その1〜 ◆

 

 

あなたは起業して成功している人は

 

どんな人だと思いますか?

 

 

 

 

私がこの質問を起業志望者に聞くと

 

決まって

 

「頭がいい人ですよね?」

 

「お金がある人?」

 

「人脈がある人!」

 

「親が権力を持っている!」

 

という答えが返ってきます。

 

 

 

私の友人は、残念ながら

 

上記のいずれも持ち合わせていませんでした。

 

 

 

 

いいえ、どちらかと言うと

 

学歴は高校中退、

 

悪いことをするけれども

 

ホンモノの不良って言うほどでもない。

 

お金はもちろんナシ!

 

人脈なんてあるわけナイ!

 

 

 

 

彼の家庭環境に少しでもいいところがあったとすれば、

 

彼のお父様がサラリーマンだったので

 

とても「安定」していたと言うことでしょうか?

 

 

 

 

しかし、彼はその「安定」に疑問を持った。

 

「安定はしていても

 

 自分が働いた給料全部が

 

 一生、奥さんのモノになり、

 

 オレがお小遣い制っておかしいだろう?!」

 

 

 

「お小遣い3万円で割に合うか!」

 

 

 

 

 

彼はベンチャー企業で

 

営業部長をやれるレベルまでに成功していましたが、

 

そうやって、

 

起業を決意するのです。

 

 

 

 

 

その当時の愛読書はリクルートの「アントレ」。

 

自分に都合のいい記事だけを見て、

 

彼は600万の借り入れをして、

 

起業してしまいます。

 

 

 

 

 

当時の彼には

 

志も

 

想いも

 

戦略も

 

得意分野も

 

何もありませんでした。

 

 

 

 

 

ただ、「『医療機器を扱っている自分』がかっこいい!」

 

医療機器の販売を始めるのです。

 

 

 

 

 

彼は医療機器の代理店営業マンとして

喜び勇んで病院を廻ります。

 

 

 

 

 

ですが。

 

 

 

待っていたのは、病院の先生から受ける数々のひどい仕打ち。

 

 

 

診察が終わるまで、

 

3〜4時間待たされるのは当たり前。

 

 

 

 

挙げ句の果てに、

 

やっと会ってくれると思った先生が

 

敢えて自分の目の前で

 

名刺を24分割にしてくださる。

 

(その後はゴミ箱行きです。)

 

 

 

 

悔しかろうとなんだろうと、

 

彼は「ありがとうございました!」

 

そう言って、帰って行くしかなかったのです・・・。

 

 

 

 

そんなことが繰り返される日々・・・。

 

 

 

会社の看板のない中での営業活動。

 

医療関係の知識のない中での営業活動。

 

医療関係の人脈のない中での営業活動。

 

 

 

 

それらに私の友人は打ちのめされていきます。

 

 

 

 

 

最初の600万円の借り入れも

 

ドンドン少なくなり、

 

日銭貸しの業者とまで付き合うようになります。

 

 

 

 

 

ココまで来ると

 

あまり良くない方々との付き合いも始まり、

 

借金も雪だるま式に増え続け

 

最終的に3000万円までに膨れ上がったのです。

 

 

 

 

 

 

ある日、

 

彼の事務所が「悪い方々」によって

 

完全に破壊されます。

 

 

 

 

 

 

そう、完全に、です。

 

 

 

 

 

 

彼は、三日三晩、

 

一睡もできず、動くことすらできず、

 

一カ所でただ一点だけをずっと見つめて、

 

ずっと座っていたそうです。

 

 

 

 

 

そんな時、彼の心に浮かんだこと。

 

 

 

 

 

「そうだ。死のう。」

 

 

 

 

 

そう思いついた時、

 

彼の心は本当に軽くなり、

 

笑い転げてしまったそうです。

 

 

 

 

 

「なんだ、そんなに簡単なことだったんだ!!

そうだ!死のう!!!」

 

 

 

 

 

そうして彼は死に場所を探すため、

 

車に向かったのです・・・。

 

 

 

To be continued・・・・

 

 

 

<まとめ>

 

「失って初めて、大切なものに気がつきます(コレ、ホント)」

 

 

 

 

続きが気になって眠れない?!そんなあなたへ。

げる起業家になるために、

あなたの今後の成長をメール講座を通して、

365日応援させていただきます!!

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

メールアドレス
名前(姓)

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • MBAでも教えない!秘密のビジネス戦略がココにある!

  • 起業のアイデアー出来る事を仕事にしてはいけない!?

  • たとえ良いアイデアがあっても、起業を失敗する理由はここにある!

  • 消滅する起業家がたどる道

  • あなたの『ぶっ飛んだ宣言』教えてください!

  • 出版は成功への道と思ったら大間違い!?