1. TOP
  2. 起業家が未来のお客様を作るということ

起業家が未来のお客様を作るということ

3秒で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

今日は2週間に一度の私の起業家仲間とのミーティング!!

(注:このメルマガは2012年12月に配信されました。)

 

ミーティングの前には、

ディスカッション用の資料をまとめ、

今後の方針などをまとめ、

時間をかけて用意をするので

結構大変なのですが、

 

今日は私がファシリテーター(^_-)-☆

 

 

ですので、泣き言を言わず、

シッカリ、チームを引っ張って行きたいと思います!!

 

 

 

 

さて、早速ですが今日の本題!

 

◆ 「額」と言うコトバの意味 ◆

 

私の大好きな友人の1人であり、

NPO法人テラ・ルネッサンスの理事である

鬼丸昌也さんに

 

こう言われたことがあります。

 

 

 

 

「鉾立さん、『額』と言う文字の意味を考えたことがありますか?」

 

 

 

私はそのとき、

 

「えーと、『安い』と・・・『ページ(頁)』だっけ?」

 

と言ってしまい、

 

 

鬼丸さんに

 

「『安い』じゃないでしょ!『客』でしょ!!」

 

とツッコミを入れられましたが・・・・(苦笑)

 

 

 

そうなんです。

 

 

「額」と言う文字。

 

 

「 額 = 客 + 頁 」

 

すなわち、

 

「お客様のページ」、

 

すなわち、

 

「お客様のリスト」、なのです!!

 

 

 

 

 

NPO法人、NGO法人と言うと

 

「お金がない」という印象がありませんか?

 

 

 

 

少なくとも、鬼丸さんと出会う前の私には

そう言う印象がありました。

 

 

 

 

なので、NPO法人、NGO法人の方々に

起業家としての戦略的思考があるなんて、

考えても見なかったのです。

 

 

 

 

ですが、鬼丸さんと出会って

私の考え方は180度変わりました。

 

 

 

 

鬼丸さんはこう言います。

 

 

 

 

「寄付金を集めると言うと

いかに大口の寄付金を集めるか?と言う感じがするでしょう?

 

でも、違うんですよ。

 

一つひとつの小口の寄付金が

私たち、テラ・ルネッサンスを支えているのですから。」

 

 

「だから、とっても大事なんですよ。

 

寄付金、すなわち、『金額』を集めるのに

『お客様のページ』をたくさん持つことが。

 

小口の寄付金を提供してくださる皆様を

たくさん持つことが。」

 

 

 

「そして、一人でも多くの方々に

僕らのテラ・ルネッサンスの活動を知ってもらうために

僕は本も書くし、講演も行っているんです(笑顔)」

 

 

 

 

 

 

「未来のお客様を創り続けること」

 

 

 

 

これは起業家にとっても

生命線とも言える大事な活動。

 

 

 

ですが、この

 

「未来のお客様を創り続ける」活動に

 

誠心誠意取り組んでいる起業家はどれだけいるのか?

 

 

 

 

 

「 額 = 客 + 頁 」

 

あなたは今日、どのようにして未来のお客様と出会いますか?

 

 

 

 

<まとめ>

 

「 額 = 客 + 頁 」

 

+++++++++++++++++++++++++++

げる起業家になるために、

あなたの今後の成長をメール講座を通して、

365日応援させていただきます!!

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

メールアドレス
名前(姓)

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 餃子の王将はブラック企業度低い?新田龍さんのブラック企業の基準

  • 継承するとコンテンツが盗まれる?

  • 行動する人には結果がついてくる

  • ペルソナを設定し、最高の顧客だけを効果的にターゲティングする方法

  • 16日まで、私を捜さないでください!

  • リスクを負わずに、起業家デビューする方法