1. TOP
  2. ハイボールから学ぶ『空気空間』創造の絶対法則

ハイボールから学ぶ『空気空間』創造の絶対法則

こんにちは!
3秒で顧客の心を掴み取れ!
起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

早速ですが、今日の本題。

 

お客様の買いたい気持ちをかき立てるための

「空気 × 空間」創造について

いよいよ話して行きましょう!

 

突然ですが、
あなたはサントリーハイボールを知っていますか?

 

言わずと知れた、これ、ですね↓

サントリーハイボール 井川遥さん

 

今では、

「とりあえず生ビールで!」

から

「とりあえずハイボールで!」

となってしまうくらいの大ブーム!

 

ですが、2008年、
サントリーが大規模なハイボールのキャンペーンを行うまで

ウィスキーは
オジサンの飲み物だったという事実。

 

あなたは覚えていませんか?

 

食事をしながら飲む物ではなく、
食後に、オジサンが飲む
ちょっと敷居の高い飲み物。

 

それがウィスキーでした。

 

では、このハイボールのブームは
どうして生まれたのか?

 

きっかけは、
2008年の春、
あるサントリーの営業マンが

同じウイスキーでも、
ハイボールなら食事と共に飲まれている。

 

そう気がついたところからスタートしたそうです。

 

オジサンが食事の後に飲む飲み物から
女性や若者が食事をしながら飲む飲み物へ。

 

若者や女性にハイボールを
知ってもらうために

小雪さん

小雪 ハイボール

 

菅野美穂さん

菅野美穂 ハイボール

井川遥さん

井川遥 ハイボール

 

CMに起用。

 

ハイボールの正しい飲み方を
お客様に体験してもらうために、

飲食店向けに
ハイボールの正しい創り方を指導するセミナーを実施。

 

また、「角ハイボールタワー」と呼ばれる
ハイボール専用サーバーを
飲食店に設置して行った
のです。

角ハイボールタワー

 

もちろん、他にもサントリーは
さまざまな施策を実施しました。

 

その結果、

市場の空気が変化し始めたのです。

 

消費低迷のウィスキーに新しい兆し!

 

その中から、
好調の理由として
ハイボールの存在
取り上げられ、

 

そしてまた、
ハイボールのおいしい飲み方などの
新しい切り口が紹介され始める。

 

このようにして、多くの消費者が

「そんなに流行っているのなら・・・。」

そう言って動き始めた。

 

それが、今回のハイボールブームの結果、なのです。

 

お客様に気づきを与えて『買う理由』を生み出す。

 

ただ

「売れない・・・。」

そう言って手をこまねいているのではなく、

 

お客様自身が気がつかない
潜在ニーズに火をつける。

 

それが、私たち、
個人起業家のシゴト、なのです(^_−)−☆

 

サントリーハイボールの戦略を
私たち個人起業家は
具体的にどう落とし込めばいいのか?

それには、
以下の3つのステップを
マスターするだけ。

1.徹底的に
お客様の問題を洗い出し

2.その問題を
誰も聞いたことのない方法で解決し、

3.その方法を誰に遠慮するでなく、
露出認知を徹底する。

それでは今日は「1」の
お客様の問題の洗い出しから
見て行きましょう!

ハイボールの例で見ると、
2008年に
サントリーの営業マンが

「ハイボールは
食事をするときに飲まれてる!」

そう気がつかなければ、

ウイスキーは、
単なる

オジサンの、
オジサンによる、
オジサンのためのお酒

で終わっていたかもしれないのです。

でもそこに、

「食事の時に飲める
ビール以外のお酒はイケルかも??」

その仮説に気がつける人がいたから

「ハイボールを復刻させる」

と言う形で

若者や女性に訴求することができた。

だからこそ、
私たち個人起業家が考えるべきは

今のお客様の問題を
解決するだけではなく、

お客様すらまだ気がついていない問題に
目を向けるべき
なのです。

そして、そのために何をすべきか。

とことん、お客様の

「〇〇してくれたら
いいのにな・・・。」

に目を向けること!!

まずあなたが
実現できるかどうかは置いておいて。

まずはそこを手を抜かず、
徹底的に洗い出す。

※ 理想は1000個です^^

「お客様の問題解決」
生業とする私たち起業家だからこそ、

絶対最初に手に入れたい基本姿勢です、よ(^_−)−☆

明日は、

2.その問題を
誰も聞いたことのない方法で解決する方法

についてお話しします!

 

 

2.お客様の問題を
誰も聞いたことのない方法で解決する。

さて、どうしたものか?

恐らく多くの方が頭を悩ますこの課題。

ですが安心してください。

数多くのヒントを見つけることができるワークが存在します。

それは、

「業界の常識を疑え!」

というワークを実践すること。

このワークもたったの2ステップで完了です。

その2ステップは以下の通り。

1.あなたの業界の常識を最低100個書き出す。

例)イタリア料理店の常識は?

ー パスタが出る
ー メニューがある
ー ウエイターがいる
ー シェフがいる、etc

2.書き出した常識の反対を書き出す。

ー パスタが出る
→ パスタが出ない

ー メニューがある
→ メニューがない

ー ウエイターがいる
→ ウエイターがいない

ー シェフがいる
→ シェフがいない、etc

今回、私が上記で出した例はほんの4つですが、

常識を100個だして
その反対を書き出して行くと・・・

出るわ出るわ、

「この解決策、ありかも??」

「こんな商品があったら面白いよね??」

そんなアイデアがてんこもり!

例えば、今回はイタリア料理店の常識という例題でしたが

焼肉屋さんなどは
普通、レストランにはシェフがいるのに
お客様が自分たちで料理をする。

そのレストランの料理は
シェフがするという「常識」

見事に覆したビジネスモデルだと知っていましたか?

サントリーハイボールの場合、
新しいモノを創るのではなく
昔のモノを復刻させると言う方法で、

お客様の心をワシヅカミにしたのです(^_−)−☆

さあ、まずは早速、
あなたの業界の常識を最低100個
洗い出してみてください。

その100個の常識の反対側に
きっと聞いたことのない
お客様の問題解決のヒントが隠れています、よ(^_−)−☆

明日も
サントリーハイボール置換え戦略<その3>
楽しみにしていてくださいね(^_−)−☆

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 『で、あなた私に何してくれるの?』

  • 「明日、ママがいない」の狙いは炎上マーケ?!

  • あなたの当たり前は、顧客の当たり前じゃない!

  • 「黄金のヒツジ」たれ! 

  • iPhoneとAKB48の共通点?!

  • 知識は手段であって目的ではない!