1. TOP
  2. 会社の倒産が、私に教えてくれたこと

会社の倒産が、私に教えてくれたこと

もうすぐ私の会社
Rising Sword株式会社が設立して
2周年になります。

あなたは
人脈もゼロ、
資金もゼロ、
実績もゼロ
の私が
なぜこのように起業家として
右肩上がりに成長しつづけているのか
考えたことがありますか?

 

こんにちは!
3秒で顧客の心を掴み取れ!
起業家のためのUSPプロデューサー
鉾立由紀です。

 

リーマンショックの煽りを受けて、
会社が倒産したのが
2009年2月19日。

 

本格的に
ダブルワークを始めたのが
2011年4月9日。

 

そして、
2011年11月1日、
私は完全独立を果たしました。

 

恥ずかしながら、
リーマンショックの煽りで
勤めていた会社が倒産するまでは

営業ができるから

「食いっ逸れない」。

 

本気でそう思っていました。

 

だからこそ、
ヘッドハンティングを
生業にしている限り、
私は一生、

順風満帆〜♬

本気で思っていたのです・・・。

※ ヘッドハンティングは、
実は営業職であり、
また「採用」という行為は
世の中からなくならないと思われるため。

 

ですが、
会社の倒産を体験して思ったことは

 

食いっ逸れのない人生のために
最も大切なのは営業力じゃない!ということ。

 

・・・理由?

 

それは、
いくら営業力があっても
自分の売っている商品に魅力がなければ
売れませんし、

また、いくら商品に魅力があっても、
いつかその商品は値下げ競争にさらされる。

 

例にもれず、ヘッドハンティングのシゴトも
紹介報酬額を下げなければ取引できない。

 

そう企業側から圧力をかけられるように
なっていたのです・・・。

 

「このままで行くと、
 ライバルだらけの中で
 値下げ戦争に突入?!」

 

そう考え、独立を考えていたとき
私は今の師と出会ったのです。

 

師と出会い、
真に食いっ逸れのない人生とは

「企画創造力を持つこと」

と教わりました。

 

ガラケーが当たり前の時に
iPhone市場を創り出した
ジョブズのように、

みんながもっと速く走る馬を欲しがるときに
自動車市場を創り出すフォードのように

 

カタヤブリなUSPの商品・サービスを創造し、
新しい市場を
誰より先に創ることができること。

 

それが真の
食いっ逸れのない人生なのだ!と。

 

師との出逢いから
約7ヶ月間、

その教えを

「USP」×「黒字化」×「継承」

と言う形に具現化させ、

 

これまで275名を超える起業家のみなさんに
USPビジネスをプロデュースさせていただきました。

 

2011年の起業当初から
順調に売上を伸ばし続け、

且つ、私の門下生の多くが
月商7桁(100万円代以上)をいただいています。

※ 小室尚子さんもその1人です!

 

そして今、
Rising Sword株式会社設立2周年を
目前に控え、
私は、現在の私のプログラムを
さらにグレードアップさせようとしています。

 

そのプログラムを理解、実践することで

すべての起業家、
コンサルタント、
中小例来企業社長、
スモールビジネスの経営者が

自分の理想のお客様から
選ばれ続けてしまう戦略。

 

これは、
すでに多くの選ばれる大企業が
実践する戦略
なのです。

 

私は、自身と
これから出会う
本気の個人起業家のために

あらためて
この大企業が実践する
選ばれるための戦略を紐解き直し、

自らを実験台に
成果が出ることが
証明されたルールルートだけを
まず最初にあなたにお伝えしたい!

 

そう考えています。

 

単に「食いっ逸れない人生」を
手に入れるのではなく、

「さらに強固な食いっ逸れない人生」
手に入れるための最強戦略です。

 

ぜひ、これからのメルマガから
目を離さないでくださいね!

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 本当に社会に貢献しているなら、絶対に死ぬことはない。

  • 『今年こそは!』の季節です!

  • ビジネスがわかる方は、読まないでください

  • 選ばれる起業家のための【ルール】と【ルート】をプレゼント!

  • 99%の起業家が顧客から選ばれない1番の理由とは?

  • 自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる。