1. TOP
  2. この世界に凹みをいれてやろうじゃないか!〜本気の自由を手に入れるために〜

この世界に凹みをいれてやろうじゃないか!〜本気の自由を手に入れるために〜

ハンマーを持つ女性

こんにちは!
3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための

USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

自身のシゴトのUSPを手に入れる。

 

これは大抵の起業家が

実施しようとしていること。

 

ですが、なぜか

99%の日本の個人起業家のビジネスに

USPは、ない。

 

それには大きな理由があります。

 

それは、

多くの起業家が

USPを考える際、

自分自身の使命

自分自身の生きる意味を、

きちんと考えていないから。

 

 

すなわち、

自分自身のUSP(MyUSP)を知らずして、

自分のシゴトのUSPなど

語ることはできないのです。

 

 

以前の記事で、

私が「食いっ逸れのない人生」を

求めて止まないのは、

もう2度と、子供時代に体験した痛みを

繰り返したくないから。

 

そうお話ししました。

※子供時代の痛みについてはこちらの記事参照

 

私にとっては、

せっかくこの世に生きているのに、

いくら働いても

それほど豊かになれず、

お金にコントロールされ続ける。

 

 

そんな人生は

死ぬ程

イヤ!!!

なのです。

 

 

だからこそ、

起業家として

いくら挫折しようと

これからどんな困難が私を待ち受けようと

私は自信を持って

 

 

「やり続ける」

 

そう断言するのです。

 

なぜなら、

私の母のように、

職の選択肢がないことで

仕事に執着したくはないですし、

 

また、朝から深夜まで働いているのに

「お金がない」という不安に

さいなまれたくもない。

 

さらに言うなら、

せっかく人間として、

こんなに自由な時代に生まれて来たのだからこそ、

 

 

私はこの世界に

凹みを入れてやりたいのです!!

 

たった1人のオンナでも、

ゼロから大きな大きな

本気の「自由」

を手に入れられる!

 

 

自分自身のUSPを

認識することで

私はさらにしっかりと

自分のシゴトに向かい合うことが

できるようになりました。

 

自分がなぜ、

このシゴトを愛して止まないのか

本気で理解することができました。

 

私はなにより、

「自由」が欲しい。

 

私は自分の大切な人達にも、

自由を提供できるパワーが欲しい。

 

そしてその自由を得るために

絶対に必要だと私が結論づけたこと。

 

それが起業であり、

USPプロデュースという

このシゴトを

徹底的にやり抜く

ことだったのです!

 

 

あなたは、

まだ消費者のつもりで

のんびりすることを選びますか?

 

それとも、

成功者がコタツでミカンを食べている間に

自分自身のUSPという

成長の加速装置を手に入れますか?

 

あなた自身のUSPを手に入れてください!

 

あなたの2015年の大変化の鍵は

まず自分自身のUSPを手に入れるところから

始まりますよ(^_−)−☆

 

 

2015年、

大きく成長した

起業家のあなたと出会えることを

心から楽しみにしています(^_−)−☆

 

▶次回「私が会社を辞めた理由はサラリーマンでは「真に食いっぱぐれのない人生」を得られないとわかったから。

 

げる起業家になるために、

あなたの今後の成長をメール講座を通して、

365日応援させていただきます!!

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

メールアドレス
名前(姓)

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

ハンマーを持つ女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 「サラリーマンの考え方に違和感を覚えた」〜私がヘッドハンターとして独立しなかった理由 その2

  • 「営業力=本当の食いっ逸れない力」は間違い!?

  • 営業マンとして順風満帆だった私は、リーマン・ショックが起こった結果…

  • 私が会社を辞めた理由はサラリーマンでは「真に食いっぱぐれのない人生」を得られないとわかったから。

  • 2016年、大きく大きく花開く起業家を育てて行きます!

  • 普通の会社員が、起業初月から月商150万円をいただけるようになった訳