1. TOP
  2. 私が会社を辞めた理由はサラリーマンでは「真に食いっぱぐれのない人生」を得られないとわかったから。

私が会社を辞めた理由はサラリーマンでは「真に食いっぱぐれのない人生」を得られないとわかったから。

黄昏リーマン

2015年の私のUSP

(お客様への究極のコミットメント)、

 

それは

本物の感動の提供!

 

 

「人は正しさではなく

 楽しさに共感する」

 

この言葉を胸に

今年も更にがんばって行きますよ(^_−)−☆

 

 

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための

USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

2009年2月、

「食いっ逸れのない人生」を求める

私の切望感は

 

勤めていた会社の倒産によって

一気に溢れ出しました。

 

 

※ 私が勤めていた会社は

リーマンショックの煽りを受けて、

倒産したのです。

 

ヘッドハンティングのシゴト(営業職)を通して、

 

「食いっ逸れのない人生を手に入れた!」

 

そう思っていたのに、

実は、求めていた本当のゴールではなかった!!!

 

 

そう気がついた私は

また

 

「食いっ逸れのない人生」

手に入れるための旅を開始したのです。

 

当時38歳。

(今、42歳)

 

 

会社倒産後、

別のヘッドハンティング会社に

転職できていたのだから、

そのままそこで働き続けることもできました。

 

 

ですが、私にはもう

ヘッドハンティングのシゴトが

「食いっ逸れのないシゴト」には

思えなくなっていました。

 

というのも、

私は外資系のIT企業を専門の

ヘッドハンターだったのですが、

 

 

 

IT企業と付き合えば付き合う程、

これからの時代、

たった1つの例外を除いて、

人は淘汰されて行く

と言う事実を

目の当たりにしたからなのです。

 

 

多くのサラリーマンが

まだ直視していない事実。

 

 

それは、

 

 

IT業界の役割は

人がいなくても、

社会や経営がまわる仕組みづくり!

 

 

Googleの出現により、

きっと多くの雑誌や百科事典を提供する

会社、リサーチャー、それに関わる会社など

すべてが消えてしまったことと思います。

 

 

IBMなどが提供するソフトウエアがあることで、

飛行機も車も、自動操縦が可能となって来ています。

(人は補助的な役割でしかない)

 

 

居酒屋だって、今やタッチパネルから

注文が可能になっているのです!

 

 

言われた作業をこなす人材でいる限り、

いつか絶対に淘汰される。

 

 

私はそう気がついたのです。

 

 

ですが、先ほど、私は

「たった1つの例外を除いて」

そうつぶやきましたね。

 

勤めていた会社が

倒産して行く過程を観察していて、

 

私は

「食いっ逸れのない人生」を

手に入れる方法は

たった一つしかない。

 

そう確信するに至りました。

 

それは億万長者と結婚することでも、

営業力を手に入れることでも、

FXをスタートすることでもありませんでした。

 

 

小学6年生でも、

これさえできれば、

絶対に食いっ逸れることはない!!

 

 

それに気がついたからこそ、

私は

「その方法を手に入れる!」

そう決意して

起業することを決断したのです。

 

 

真の食いっ逸れのない人生を

手に入れる方法

 

それを次回お話ししします!

 

お見逃しなく(^_−)−☆

 

次回「小学生6年生でも実践できる食いっ逸れないためのたった1つの法則

 

 

げる起業家になるために、

あなたの今後の成長をメール講座を通して、

365日応援させていただきます!!

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

メールアドレス
名前(姓)

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

黄昏リーマン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 好きな仕事を楽しもう!女性のための選択肢のない人生脱却戦略とは?

  • 普通の会社員が、起業初月から月商150万円をいただけるようになった訳

  • 「営業力=本当の食いっ逸れない力」は間違い!?

  • 乗り越えるから見える景色がそこにある!

  • 失敗や挫折のおかげで、目標達成できました!

  • 会社の倒産が、私に教えてくれたこと