1. TOP
  2. 世の中で、私にしか出来ないシゴトを知ってしまったら、もうやるしかありません!

世の中で、私にしか出来ないシゴトを知ってしまったら、もうやるしかありません!

こんばんは!
3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

今日のメルマガは、

「お客様に正しく理解されにくい
 商品、サービスを売っている」

そんな起業家にとって
最高の置換え材料になりますよ(^_−)−☆

 

今日は昨日に引き続き、

今までにない
まったく新しい漢方商品を
リリースすることで

「暗闇のカラスからの脱却」を果たした

うるおい漢方の専門家
大塚まひささん
のお話【その2】です。

 

 

ここに、
大塚まひささんからもらった
私へのお客様の声があります。

 

======

鉾立さんに出会う前の私の頭では

『漢方の仕事 = 漢方薬局』

しか思いつきませんでした。

 

漢方薬局をやるには
場所も、在庫も
そろえなければならないし

 

まずは漢方の先生に弟子入りして、
学ぶ必要がある。

 

漢方で女性の悩みを
解決できる
とわかっているのに、

このままでは始めるまでに
10年以上かかってしまう・・・。

 

勝手にそう思っていました。

 

そんなときに
鉾立さんに言われた一言が

「漢方薬局以外でも、
 漢方を伝えるシゴトは
 いくらでもありますよ」

でした。

 

そのあと鉾立さんのセミナーに参加して

なるほど。

自分の得意で、
好きなことで、
世の中の人の悩みを解決することができて
それで売上を上げ続けることができるんだ!

 

そう知ったのです。

 

そして何よりも、
物販なのに
在庫をもたないビジネスモデル
であり

今までに見たことも聞いたこともない企画を
創り上げることができました!

これは世の中で
私にしか出来ないシゴトだ!

それを知ってしまったら、
もうやるだけです。

======

 

大塚さんと出会ったとき
彼女は普通のサラリーマンでした。

 

ですが私と出会い、
サラリーマン以外の道があると知り、
まずはダブルワークから
スタートする決断をしたのです。

 

大塚さんは過去、
月に80錠も頭痛薬を飲むような
偏頭痛持ちでした。

 

そして驚くことに
それは彼女の「個性」だと
思っていたのだそう。

 

頭痛薬を飲んでいれば
治るからいいよね?!

 

そんな彼女の人生を一変させたのが
漢方だったのです。

 

彼女自身が漢方を通して

月に80錠も頭痛薬を飲むような
偏頭痛持ちから解放されたのを機に

漢方で、そんな悩みを持つ
未病の女性達を助けたい!

 

大塚さんは
そう願うようになりました。

 

女性がもっともっと
健康で美しくなれば
日本はもっともっと
元気で豊かな国になる。

 

「うるおい美漢茶」は
そんな発想から生まれた企画なのです。

 

そんな中、

私と大塚さんが
最初に取りかかったのは
新しい漢方商品を創る上での

3つの障壁を取り除くことでした。

 

3つの障壁、
それは・・・

 

1.「漢方」に対する偏見

2.他の美容商品(サプリなど)との差別化

3.「漢方」を販売する上での在庫

 

漢方ビジネスを
成功させるためには
まず、これら3つの障害を
取り除くべき。

 

そう考え、
まず「1.「漢方」に対する偏見」
取りかかったのです・・・。

 

漢方の

苦そう、
マズそう、
めんどくさそう、

私と大塚さんが
どうこの問題を解決していたのか?

 

次のメルマガで紐解いて行きますね!

 

Stay Tuned(^_−)−☆

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 斬新な塾経営で集客に成功した事例:月収677万円を達成した母勉創設者小室尚子さん

  • カタヤブリな成果をあげた元ハンドメイド作家の秘密

  • あなただけを選んでくれる、理想のお客様を知っていますか?

  • 【吉村直子さんの実例】その2 イメージコンサルタントも選ばれるポジショニングがあるから、お客様から選ばれる!

  • 『お客様は安くないと買わない』は本当か?

  • 薬剤師で開業した成功事例:漢方の資格で起業し月収512万円の仕事になった大塚まひささん