1. TOP
  2. 【小藪宗博さんの実例】元消防士が起業1年で年商1千万円を超えたワケ

【小藪宗博さんの実例】元消防士が起業1年で年商1千万円を超えたワケ

 

突然ですが、あなたは多くの資格保持者がゴハンを食べることが

できないのはなぜなのか?考えたことがありますか?

こんにちは、鉾立由紀です。今回は、資格の数=収入 とならない理由について考えていきましょう。

 

 

たくさん資格を持っていても成功しない理由

 

それは、彼らが以下の3つを兼ね揃えていないからです。

 

1.折れない心
2.コンテンツ
3.戦略
[/surfing_su_list_ex]

 

1の折れない心は起業する上で大事だと言うことは一目瞭然。

2のコンテンツは資格を手に入れた段階で持っている。

肝心なのは戦いを略するための「戦略」を持たずに多くの起業家が多くのライバルとの戦いに挑んでしまうこと、なのです。

 

そして、今や大活躍のこの方も最初は、戦略を持たなじ状態だったのです。

 

その方がUSPディレクター小藪宗博さん。私と出会った当時の小藪さんの状態を自身に語ってもらいました。

 

=========

 

私は、2012年の年末まで消防士をしていました。

 

消防時代に起業を志して、約2年間勉強を重ねてきました。

 

そして、2013年の1月に転職をしたのですが、全く利益を出せない状況に陥っていました。

 

鉾立さんに出会う前は、学んでも結果に繋がらず、結果につながらないからまた学びを繰り返す。

 

そんなセミナージプシーとなってたんです。

マーケティングやコピーライティングの勉強をしたり、Facebookやメルマガなどツールの使い方を勉強したのですが、

 

ノウハウは貯まれど、どうやったら売上げに繋がるのか、一切わからないまま学びを続けていました。

 

そんな状況のなか、私はまず自分のUSPを知りたいと思って鉾立さんの個別相談に申し込ませてもらったのです。

 

鉾立さんの個別相談で驚いたのは単なるUSPだけでなく、個人起業家がゼロから売上げに繋げることができる仕組みを教えてもらいました。

 

鉾立さんの個別相談で自分のUSPが発見できたことはもちろんですが、

どうすればUSPがお客様に届き、選ばれ売上に繋がるのかを、はじめて明確に捉えることができました。

 

起業家として成果をだす鍵となるのは、ただがむしゃらにガンバルなどということではなく、

「カタヤブリなUSP」を創り上げ、お客様から「選ばれる理由」を明確にした上で、戦う前に勝てる戦略を立て、実践すること。

そういったビジネスの根幹を教わり、愚直に実践さえすれば結果を出すことができる仕組みを教わったおかげで、月商200万円以上をあげることができ、

起業1年目で年商1000万円を超えることができたんです。

セミナージプシーをしていた時には考えられない結果を元公務員の私でも出すことができたのです!

 

==========

 

 

小藪さん本人も語っている通り、小藪さんに決定的にかけていたもの。

それは、自身のUSPもそうですが、「戦略」なのです。

 

それも、小藪さんだからこそ創り上げられるポジショニング戦略。

 

 

私は小藪さんとの個別相談で一番最初に提案し、小藪さんはそれを愚直に実践した。

ただそれだけなのです。

 

 

有名な講演家のカバン持ちをしても、1000万円の自己投資をしても成果が出なかった理由

 

彼が私の個別相談に申し込んだ時の状況を簡単にお話ししましょう。

消防士時代から始めた独立準備に約1000万円投資。(各種セミナーへの投資ですね。)

消防士を辞め、ある有名な営業の先生の基で鞄持ち 兼 マーケティングを担当し、独立するための学びを得ようとするも・・・、

 

何をどうすれば独立できるのか検討もつかず・・・。

有名な先生の基にいらっしゃった別の集客コンサルタントの先生から私の評判を聞き、私の個別相談に申し込んだ、と言うワケなのです。

出会った当初の小藪さんにかけていたもの。

それは先ほどから話しているポジショニング戦略

すなわち、彼は、

自分が何屋さんで
だれのために、
なにを、
どのように
提供して行くのか

を、全く考えていなかったのです。

例えば、アスリートなら自分の身体的特徴、自分がやると決めるスポーツ、そのスポーツでのポジション、これらを決めた上で練習しますね。

自分の身体的特徴も考えず、自分がやるスポーツも決めず、そして、そのスポーツをする上での

ポジションも決めず、ただ、基礎訓練を繰り返す。そんなアスリートはいないのでは?

・・・ですが実際のところ、

小藪さんはそんなダメな数稽古を繰り返していたのです。

いくらすぐれた営業の先生の鞄持ちをしていても小藪さんが自分自身の「独立」という成果につなげることができなかった一番の原因はここでした。

そして、個別相談に来られる起業家が豊かになりきれない理由もこの小藪さんと同じ問題を抱えているため、なのです。

 

起業はしたい、だけど売るものがない。という起業初心者でも成果が出せる理由

 

私はこれを売上の方程式と呼んでいて正確にはこう表現しています。

売上 = 誰が × 誰に × なにを × どのように

この方程式がかけ算からなっているのを見ても

わかる通り、この方程式に1つでもゼロが入ることで、売上はゼロとなります。

そして、何度も言いますが、出会った頃の小藪さんにはこの方程式に当てはまるモノが何もなかったのです。

起業はしたい。だけど、売るモノがない。

そんな状態です^^;

「え?でも小藪さんは約1000万円の自己投資をしたんでしょう?」

そう思う方もいるかもしれませんね。

小藪さんは確かにいろいろなビジネスセミナーへ投資しました。ですが、それは英語を学ぼうとする人がただやみくもに英語教材に手を出すのに似ています。

なんのために英語を勉強するのかを明確にせずに、ただ英語を勉強するのは本当に難しい。

英検1級の私が言うのですからかなり事実に近いと思います^^;

TOEICや日常会話からスタートするから日本人は英語を挫折するのです。

※ カバーする範囲が広すぎるため。

ですが、一度、以下のように英語学習の目的を明確にしてしまうと・・・

シゴトの面接に受かるため。
アメリカの大学に進学するため。
アメリカ人の恋人と
もっと話ができるようになるため。

英語学習の成果はとてもはやく現れます。

どの目的でもいいのです。ですが、その目的にあった語彙や表現を学ぶことさえできれば、まずはきちんとしたコミュニケーションができるのです。

ですが、多くの日本人はスピードラーニングが効くと聞けば飛びつき、

TOEICのスコアをあげればいいと聞けばなにも考えずにそれに飛びつく。

それもなんのために英語を学ぶかもわからずに・・・。

小藪さんの以前のセミナー参加のスタイルはまさにそれでした。

何のために、そのセミナーに参加するのか?

どのように学んだ内容をビジネスに置換えて行くのか?

その元々の核となるUSPがないのですから、いつまでも起業のツールやノウハウ集めで終わってしまっていたのです。

そんなワケで、まず最初に小藪さんに個別相談で聞いたこと。

それは・・・

今、どんな商品、サービスがノドから手が出る程欲しいですか?

と言うモノでした。

小藪さんの答え、ですか?

「ゼロからビジネスをスタートさせる方法が知りたいです!!」

そう息急き切って答えてくれました。

小藪さんには家族がいます。

小藪さんは消防士と言うシゴトを辞めて、家族を大阪において、1人で東京にいます。

彼のあの時の焦りと覚悟を考えるときっと本当に「本気」だったと思います。

そして私自身が小藪さんの「本気」を感じることができたからこそ!

私は小藪さんに考えうる最高の提案をだしたのです・・・。

実は、今、自分自身がノドから手が出る程欲しい商品、サービスと言うのは、あなたがポジショニングを創り出す上でも大きなヒントとなります。

 

 

確実に売上を上げる「仕組み」と「仕掛け」がここにある!

 

今、どんな商品、サービスがノドから手が出る程欲しいですか?」

実はこの質問、ポジショニング戦略を創り上げる最初のキークエスチョン!

小藪さんの「本気」を感じた私が彼へ提案したビジネス、それは!小藪さんと同じように苦しんでいる

セミナージプシーを選ばれる起業家に変えるビジネス!

さらに率直に言うと一生懸命にやっているのに売上につながらず

結果としてセミナージプシーになってしまっている起業家の方々を救うためのUSPプロデュース業を小藪さんに提案したのです。

自分の売るモノがなくできるだけはやくできるだけ強固に起業したかった小藪さんの答え。

それは「やります!!」まさに即答!!!

ですが小藪さんは私からの提案を闇雲に受け入れた訳ではありません。

小藪さんが私の提案を即決で受け入れた理由。

それは私の提案を支える選ばれる起業家になりたい方々のための「仕組み」「仕掛け」

彼自身が理解実践(数稽古)していけば確実に自分のために、そしてお客様のために成果を出すことができる!

そう確信したから。

そしてもう1つ。私も小藪さんに売るモノがないからと言ってUSPプロデュースのシゴトを提案した訳ではありません。

今、どんな商品、サービスがノドから手が出る程欲しいですか?

この質問の小藪さんの回答である「ゼロからビジネスをスタートさせる方法が知りたいです!

この小藪さんの欲を満たすことができるのがUSPプロデュース業であり

また、

「ゼロからビジネスをスタートさせる方法が知りたい!!」

そう望む他のすべての起業家にとっての唯一の方法だったからなのです。

小藪さんは、

「ゼロからビジネスをスタートさせる方法」を誰よりも知りたかった。

だからこそ彼自身が誰より懸命にその問題について取り組むことができる。

(自分の想いが強い)

そして彼自身の痛みだからこそ「お客様の痛み」がわかりますし、

また、

「ゼロからビジネスをスタートさせる方法を知りたい」

そんな小藪さんが共感できる起業家の方々が小藪さんにとっての理想のお客様となると言うワケです。

起業1年で年商1千万円をいただけるようになった小藪さんですが、すでに現在、月商7桁をいただける門下生を育てることができるようになっています!
自分が共感できるお客様ってどんな人だろう?見つけてみたい!という方は、こちらでその方法を解説しています

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 成果を出せる起業家には、成果を出せる秘密があった!

  • あなたの商品は誰のモノ?

  • 【プロデュース事例】その3「うるおう漢方茶『うるおい美漢茶』がブレイクした理由」

  • 起業家がお金よりも大切にすべき、最も大切な「〇〇」とは?

  • 大手すらも味方につける!新・和装ビジネスを創りあげた元OLの軌跡

  • 「私なんかが鉾立さんの個別相談に申し込んでいいのでしょうか?」そんな質問を受けました。