1. TOP
  2. なんとなく目の前に来たものをこなしていただけの自分と 対峙しなければいけない時が来た。

なんとなく目の前に来たものをこなしていただけの自分と 対峙しなければいけない時が来た。

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

私の門下生の1人である、

イメージ戦略クリエーター 江川紀子さんから、

うれしいお客様の声が届きましたのでご紹介します!

10700614_730494797027374_5451877084062822757_o

 

====================

私が初めて鉾立さんのセミナーへ参加を決めたきっかけは、昨年の10月のことでした。

何気に見たFBで「鉾立」という苗字に見覚えがあったからです。

 

ある日、USPのファイルをダウンロードして読み進めると、最後にこんな文字が
「セミナーへの参加権」
数日ある日程の中で、唯一合った日程で申し込みをしました。

 

そう、予定が合ったから「ちょっと聞きたいな」と参加をしたのです。

しかし、セミナーへ参加する時点でいくつかの質問があり、
自分の今手に入れたいものがボンやりとしか書けなかったことを今でも覚えています。

 

そして当日のセミナーは、1日がかり。
そして濃い。濃すぎる。

どうしてこのような濃いセミナーを、こんな価格で提供されるのだろう??

私の頭の中には、クエスチョンがいっぱい。

それと同時に、ワークに書き込むことができない
自分の頭にもクエスチョンがいっぱい。

 

自分の頭で考えず、
なんとなく目の前に来たものをこなしていただけの自分と
対峙しなければいけない時が来た。

ワクワクと同時になんか怖くもありました。

なぜ恐怖を感じたかと言うと、
真剣な鉾立さんにはごまかしが一切無いから。

自分の軽い気持ちを全部見透かされているような気がしたからです。

後日の個別相談も、幸か不幸か!日程がドンぴしゃに合ってしまい、
するするとTHE SUMMITに申し込んでしまいました。

 

しかし当時の私は結婚を控え、
親戚回り、引っ越し、挙式などなど、予定オンパレードな状態なのに、
なぜか申込んでしまった。

それほど鉾立さんの本気の「気」に充てられたからでしょう。

そしてもう一つ、そこでこういわれた
「経営戦略なんて言っている本人が、戦略がまったくできてない。一体何をしてんの?」
これが私の痛い所とやる気に刺さってしまったからかもしれません。

鉾立さんから頂いた企画の骨子。

その中に書かれていた内容が、今まさに私に必要なものとなり、
自分がそれをこなして、必要なものを出している最中です。

 

でもはっきり言って、苦しいです。

なぜなら自分が行動しその記録を残していくからです。

その内容は、仕事と家庭のバランスを取りながら、
大人の女性が仕事で結果を出す為のスキル。

仕事で結果を出しながらも、
女性として幸せな家庭を手に入れるという内容。

 

今までと180度変わってしまった環境、
限られた時間、自由にならない事柄、
いかにイメージ戦略を使い、仕事の効果性を高めれるか。

 

今まさに、
私にその企画を提示してくださった意味と愛情をかみしめています。

今私が感じている気持ちを、お客様へ届けたい。

心と環境のギャップが今の最大の関門ですが、
早くこの気持ちをカタチにしたいです。

 

もしこれを読まれている皆さんが、
お客様の問題解決をすることに正面から向かい合い、
その上で、長期的にお客様から選ばれる仕組みを作りあげたいと考えているのなら、
私はこのThe SUMMITをオススメします。

 

しかし、やると決めた方のみに。

 

 

====================

 

最新のセミナー・個別相談情報は
こちらでチェック!

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自分の将来の構図を、選ばれる理由をベースに描けると思うとワクワクして来ました。

  • やはり起業には“戦略”が必要だということを再認識しました。

  • ギャンブル起業に陥る前に、ぜひ鉾立さんにあって欲しいです。

  • 『 起業家の辞書 』、持ってますか?

  • サラリーマンは鉾立さんのセミナーを受けてはいけないの?

  • 【The SUMMIT 感想】ファッションに疎い人間だった私に「あなただから着物の素晴らしさで外見に自信のない人を輝かすことができる」と仰ってくれました!