1. TOP
  2. 一人でも多くの起業家の方が笑顔で自分を表現している姿を想像すると 本当にワクワクする自分がいます。

一人でも多くの起業家の方が笑顔で自分を表現している姿を想像すると 本当にワクワクする自分がいます。

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

私の門下生の1人である、

ステージ力アップアカデミー主宰 麻生美雪さんから、

うれしいお客様の声が届きましたのでご紹介します!

 

 

歌をうたって28年。

その間に、CDデビュー、TV出演、ラジオDJ、ミュージカル、ショーシンガーと
様々な経験をしてきました。

 

歌をうたいながら、クチコミの紹介だけで
ボイトレのお仕事をしていたここ数年。

 

2014年の終わり、2015年をどうしていくか考えた時に
“ボイトレの仕事をもっと広げていきたい“
そんな気持ちで『ポジショニングUSP』徹底攻略セミナーに参加しました。

 

本当に衝撃的だったのは
『USPは“発掘するもの”のではなくて“創造するもの”』
という考え方でした。

 

それまで、ず~~~っと『自分のウリ、強み』=歌
ウリを活かす=ボイストレーニング

という方程式につかまって、そこから抜け出せずにいたので、
それはとてもショッキングであり、新鮮な内容でした。

 

そして、受けた個別相談。
それまで私が考えていた会社のチーム研修事業の話をしたら
見事に鉾立さんにバッサリ!!Σ(゜д゜lll)

 

まず、そこまでお金を使って研修をやろうという社長が何人いるのか?

そして、もしやることになってもやらされる現場の社員の反応は?

「やる気のない人たちを相手にすると魂がすり減りますよ!」
ガーーーーーン。。。

 

まさに、うっすらと気になっていたことをズバッと指摘されました。

でも、じゃあすれば??

講師のためのボイトレならやっている人はたくさんいるし、
プロ以外で自分の声をそんなにお金を払ってまで声を良くしたいと思う人がいるの
か、
私には想像がつきませんでした。

 

が!!そこで!!
鉾立さんから提案していただいたのが
『女性起業家向けのステージ力アップ』のプロジェクト!

起業家はどんどん増えているのに、
人前でのパフォーマンスがきちんと出来る人は少なく、
いいコンテンツを持ってるのに、伝える力がなくてもったいない人がたくさんいる!

 

そんな中で、
「強固な自分の核を持ち、自分のビジネスを堂々とステージで表現すること。」
すなわち『ステージ力アップの向上』のお役に立つこと。の提案でした。

 

『ひぇ~~っっ!なるほどぉ~~~!』
ほんと目からウロコ(@_@;)でした。

 

そして、超ワクワクしました!

出来るか出来ないかは、別にして、、、
やってみたい!!と思ったのです。

 

よく鉾立さんがおっしゃっている
「自分ができるから」そのお客様を好きかどうかは考えず、
その仕事をしてしまう
という枠の中から抜け出せずにいた私。

 

そこから「理想のお客様とだけつきあう」というドアを開けていただきました!

今まで自分が身体で覚えてやってきたこと、
そして、これからやりたいことを研究し、
体系化し、それを体現できる私になっていくのは、
並大抵のことではないと思います。

 

なので、いま一日一日成長ホルモン分泌中(笑)緊張感たっぷりです。

でも、頭を悩ませながらでも、このプロジェクトが成功し、
一人でも多くの起業家の方が笑顔で自分を表現している姿を想像すると
本当にワクワクする自分がいます。

 

その気持ちを原動力に、鉾立さんにしっかりとくっついて(中途半端だと振り落とさ
れますから!)

The SUMMITの情熱あふれる起業家の皆さんと共に、
『お客様の問題解決』に本気で向き合える起業家として
成長していきたいと思います。

 

そして、もしご自身の仕事のことで悩んでる方がいましたら、
迷いなく鉾立さんにお会いしたらよいと思います。

 

間違いなく、新しいドアを開けていただけることでしょう!
「ステージ力アップの専門家」
『ステージ力アップ・アカデミー』主宰  麻生深雪

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 【感想】「結構な年齢になったけど、私、いつまでこの会社で働けるのかな?」と不安を抱えた元・美容部員が起業を決断した理由とは?

  • 自分の実力以上のチームにいるということ

  • 目の前で行動を邁進される姿を見せて頂けることで自分が思っていた以上の可能性も希望にも親近感を感じることができます。

  • 毎日大好きな仕事を 寝るのも惜しい程に楽しんでやりたい!

  • 【美容師の事例】飽和状態の業界のために考えられたアイデアは、盲点とも言えるような斬新なアイデアでした。

  • レッドオーシャンの市場と言われる英語教育業界でも、まったく新しいブルーオーシャンなビジネスを創り出す原理原則とは?