1. TOP
  2. モノの見方・考え方を変えれば理想のお客様が見えてくる!

モノの見方・考え方を変えれば理想のお客様が見えてくる!

「私の助けたいお客様は
お金がない・・・。」

 

そんな時は
どうすればいいのでしょうか?

 

こんばんは!
3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

そもそも
こう言う場合、
考えるべきことは2つ。

 

1.本当にその人達には
お金がないのだろうか?

 

2.その人達にお金がないのなら、
お金がある人達で
同じ問題を抱える人は誰だろう?

 

 

1の場合、
これは起業家側の先入観
強く影響しています。

 

すなわち、
お母さんはお金を出さない。

個人はお金を出さない。

お年寄りはお金を出さない、などなど。

 

これらの思い込みが
自分の目にフィルターを
かけてしまっているだけ。

 

なのでどちらかと言うと、
私たち起業家がすべきことは

お母さんの中でも、
私の商品にお金を出す人は
どんな人だろう?

 

個人の中でも
お金を出すのはどんな人だろう?

と考えて精査し、
そのお金を出せるお客様に
アピールするようにすればいいだけ。

 

 

それでは2の
その人達にお金がないのなら、
お金がある人達で
同じ問題を抱える人は誰だろう?

 

前回のメルマガで紹介した
澤岻良心さんの場合、

お客様を
ある特定のカラダとココロの問題を
抱えた方として限定していました。

 

それは、澤岻さんが

「お客様は1人に絞りなさい」

そう教えられて来たからです。

 

確かにお客様を1人にしぼるのは
間違いではないのですが、

絞るのは外的要因ではないのですね。

 

ここでは

「ある特定のカラダとココロの問題を
持っている人」

で絞るべきではなく、

 

その「ある特定のカラダと
ココロの問題を持っている人」が
抱えている問題って何だろう?

 

そこから紐解くべきだったのです。

 

澤岻さんと一緒に
その質問を考えて見ると・・・、

出てきました!

 

その人達が抱えていた問題、
それは、

「本当の私ってなに?」と言う不安

だったのです。

 

実は澤岻さんは
この問題解決のプロ。

 

だからこそ、
澤岻さんはわざわざ

ある特定のカラダとココロの問題を
抱えた方に絞る必要はなく、

その方が抱えている問題

フォーカスをあてるべきだったのです。

 

その視点の違いに気がついた今、
澤岻さんは、
自分にとっての理想のお客様が
どんな人なのか、

ようやく気がつくことができました。

 

これから澤岻さんは
私と共にビジネスを組み立てて行きますよ。

 

ぜひ、これからの
澤岻さんの活躍を楽しみにしていてください。

 

 

======

 

2015年5月の
ポジショニングUSP
特打無料個別相談

全部で52件のお申し込みがありました。

 

実際にお会いさせていただいたのは15件

 

すべての方々に
いろいろな想いと、

起業家としての願いがありました。

 

これからまた、
どんな出会いがあったのか
レポートさせていただきます。

 

ぜひ、そちらも
あなたの置換え材料にしてくださいね!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • チャンスの神様が訪れる起業の極意は「誰よりも◯◯◯◯すること」

  • 決めたことをやり遂げる人の、子ども時代の経験とは!

  • ドミノピザが味を捨てても、爆発的に売れたワケ

  • 99%の起業家が顧客から選ばれない1番の理由とは?

  • 起業の最大のリスクとは?

  • 起業して自分の欲しいモノを勝ち取るために必要なこと