1. TOP
  2. どうして起業にMBAは必要ないのか?<その3>【起業Q&A 7】

どうして起業にMBAは必要ないのか?<その3>【起業Q&A 7】

相手を想う気持ち

どうして起業にMBAは必要ないのか?

 

先日、私がここまで言い切る理由を以下のように説明しました。

1. MBAの教授自身が、「MBAの教授は本物のビジネスはできない」と言い放っていたこと(笑)

2. MBAは単なる知識を学ぶ場所であるということ。

3. 本当に起業家として生き残るためには、知識ではなく、お客様を知り、理解する必要があるということ。

 

今日は、

3. 本当に起業家として生き残るためには、知識ではなく、お客様を知り、理解する必要があるということ

について。

 

 

 

私がセミナーや個別相談を通して

お話させていただく

 

個人起業家の抱える間違った問題は

「私はお客様のお役に立つにはまだ早い」

というのがあります。

 

そんな訳で、多くの起業家やビジネスマンが

意気揚々と資格取得に励んだり、MBA取得を目指してしまうのでしょう。

 

ですが、実は

資格やMBAを取得してもあまり意味はありません。

 

あなたに、お客様を想う気持ちがなければ!

 

逆を言えば、

 

あなたにお客様を想う気持ちがあるのならば、

知識がなくても、お客様のお役に立つことができるのです。

 

例えば、こんな例があります。

 

私がヘッドハンターをしていた時です。

 

会社を辞めて、キャリアアップをするために

MBAに進学した営業マンがいました。

 

ですが、その方が帰国後、

MBA進学前の仕事よりもいい仕事を得たかというと、

そんなことはありませんでした。

 

理由は、MBAに行ってしまい

その方が業界から離れ、お客様と接することを止めてしまったため、

採用する側としては、

 

お客様の騎士として、ずっとお客様の悩み、問題に寄り添ってくださる方を

優先したからなのです。

 

言ってしまえば、

MBAに行っている間、

 

あなたはお客様を放っておける位の熱意の仕事なんでしょう?と

 

企業側はそう思ってしまった訳です。

 

もちろん、そう思わない企業もあるかもしれません。

 

ですが、企業の立場からすると、

 

ビジネスは現場での問題解決能力がすべて。

 

MBAに行って、学問を学んだからといって、

その方に能力があるという保証にはなりません。

 

そしてそれは、資格だって同じことなのです。

 

MBAや資格を取ることが悪いと言っているのではありません。

 

大事なことは、

 

MBAや資格を取るから起業できるということはなく、

お客様の問題解決をするために

MBAや資格を学んでいるのだということを忘れずに

学んでいる時から

お客様の悩みから目を離さないこと。

 

どうやって、学んだことを、

お客様に活かしていくか?

それを常に考えていくこと。

それがとても大切だということなのです。

 

多くの起業家、起業志望者が

それを忘れ、

「MBAを取ればなんとかなる」

そう思ってしまう傾向があります。

 

ですが、実はそんなことは全くありません。

 

大切なのは、お客様の問題を解決できること、

そして、それはお客様をずっと観察し、

お客様とコミュニケーションを図らなければ、

成し得ないことなのだということ

忘れないでくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

相手を想う気持ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • せっかく高い買い物しても「動けない」では意味が無い。

  • 【Q&A】私が犯した同じ間違いを、あなたは繰り返さないでください!【よくある質問】

  • 選ばれる企業が実践する営業不要のビジネス戦略

  • 集客がうまくいかなくて困っています・・・。【起業Q&A 8】

  • 特別な人だけしかできない・・・それが起業?!【起業Q&A 1】

  • 周りにバレずに起業したい【起業Q&A 3】