1. TOP
  2. 『無料配信&コピー』から生まれたビッグな業界〜今の時代の価値の作られ方は与えることが先〜

『無料配信&コピー』から生まれたビッグな業界〜今の時代の価値の作られ方は与えることが先〜

コピーされることは本物である証明

どうもこんにちは!

USP×SEO×文章の力で集客をラクにする

起業家のためのUSPデザイナー畠山勇一です。

USPデザイナー畠山勇一

 

前回の記事で、

 

クリエイターの収入源は

「濃いファンとの交流」であり、

CDはそもそも露出認知のツールでしかない

というお話をしました。

 

(前回 無料で広められることの素晴らしさ〜CDは売れなくなったのではなく売らなくて良くなったのだ〜

 

 

それでもまだ、

「その人が一生懸命作った命の結晶を無料で提供するなんておかしい!!」

 

という人がいるかもしれませんが、

ちゃんとビジネスモデルを作れるならば、

プロデュースする視点からすれば

無料配布大歓迎

コピー大歓迎

です!

というか、それくらい器が広くないと

そもそも、広まらないし、

そして、本当の価値に気付いてもらえもしないです。

 

変なエゴが

逆に価値を下げているのです。

 

無料配信&コピーから生まれたビッグな業界があります。

 

あなたは、

今では国民的な歌にまでなってしまった

僕も大好きな「千本桜」という曲をご存知ですか?

 

2015年の大晦日の紅白歌合戦では

あの大も歌手の小林幸子さんが歌っていました。

ラスボス小林幸子さん千本桜

元々は「黒うさP」さんが作詞・作曲・編曲し

ニコニコ動画に無料で公開したことが始まりです。

 

そこから4年ほどでTOYOTAのCMに使われたり、

舞台、小説、漫画などが生まれ、

小林幸子さんが歌うまでに至るわけです。

 

どんな経緯だったのか?

 

「めちゃくちゃいい曲」だったことが大前提ですが、

その後、

ニコニコ動画で流行っていた、

「歌ってみた」「演奏してみた」など

その曲を気に入った歌い手や弾き手が次々に

コピーして作品を出していきました。

 

それらニコ動アーティストの力も掛け算となり。

「○○さんバージョン、かっこいい!」

「だけど、本家も好き」などど

黒うさPさんへのリスペクトはなくなること無く

どんどんと広まっていきました。

 

「千本桜」だけではありません。

黒うさPさんのスタイルを実現可能した背景にもう一つ

業界の革命があります。

 

それがVOCALOID2「初音ミク」の誕生です。

パソコンで自宅で楽曲制作を楽しむ人の問題は

「歌がなかなか機械では再現できない」という悩みでした。

更に言えばクリエイターが男性だと

「女性用の歌なのに、歌い手が見つからない」という問題もありました。

 

その救世主となったのが初音ミクなのです。

実はVOCALOID自体は初音ミクよりも前からあったのですが、

(男版はカイト・女版はメイコ)

キャラ設定が弱く、全く売れませんでした。

 

初音ミクという、自宅録音しているオタク男子達を熱狂させる

アイドル的なキャラデザにしたことで、

受け入れられていったのです。

 

この「初音ミクに自由に自分が作った曲を歌わせたい」という

クリエイター達の欲求が次々とハイクオリティな

作品を世に生み出し、コピーされ広がり、

 

「ボカロ」という一つの音楽ジャンルを築き上げました。

 

話は戻りますが、

もし、広めることに対しての権利の障壁ばかりだったら、

どうなっていたでしょうか?

 

ほぼ無料で広めることが出来たからこそ、

千本桜は認知され大きく露出していったのです。

 

もちろん、

オリジナルを作った黒うさPさんへのリスペクトが消えることはありません。

 

世界的ファッションブランドのシャネルの創業者

ココ・シャネルさんがこんなことを言っています。

「本物はコピーされる運命にある。」と。

 

コピーされることは、本物の証明なんですよ。

 

ここから起業家が学べることは

・利益を得たければ与えることが先

・権利には甘く、広まることを優先する。

・ただし、自分が本物である証明はし続けること

 

そして、起業家の場合は、

自身がビジネスオーナーでもあるので、

・先の収益モデルもキチンと考えておくこと

も大事ですね!

 

CDが売れなくなったことはから発展してきましたが、

次回は、

CDが売れなくなったことを喜ぶ人が成功するの

2つ目の理由をお話していきます!

 

次回▶『CDが売れない』と嘆く人は、今も初期型携帯電話を使うのか?

 

USPデザイナー

畠山勇一

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 継承するとコンテンツが盗まれる?

  • 『CDが売れない』と嘆く人は、今も初期型携帯電話を使うのか?

  • いくらコピーしても、本質を見抜けなければ、モノにできない。

  • 「節分」が終わったら「花見」を企画しよう!〜シーズンマーケティングのタイム感を身につける〜

  • 禁止令は「相手を変えよう」とすることだから、その前に考えてほしいことがあります。

  • 「学び」をただの知識で終わらせないで、実践的に身につける思考法