1. TOP
  2. 個人起業家なら自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みをいち早く作りなさい!【ビジネスモデル】

個人起業家なら自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みをいち早く作りなさい!【ビジネスモデル】

前回の記事で、(前回「「ユダヤ人大富豪の教え」に見る、起業家が「稼ぐ」よりも大切にすべきこと。」)起業において「稼ぐ」ことは、それほど大事なことではなく、最も大切なことは、自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みを作ることだとお話しました。

 

私はこの本質を2005年6月、某デルにて、自身のシゴトのできなさに疲れ果てていた時に、本田健さんの著書「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで学んだわけです。

ユダヤ人大富豪の教え

 

多くの起業家や、そのコンサルタントが、「稼ぐ」ことの重要性を説いていますが、実は、ビジネスは稼ぐことよりも長くお客様から愛されることの方が大切。そして、そうできるようになるため、私達個人起業家は、自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みを作ることが必要というわけなのです。

 

「で、その売上が上がる仕組みを創るためにも、がんばって働いてるんですけどっ!!」

読者のみなさんから、そんなクレームが聞こえてきそうです。

そうなんです。確かに売上を上げることは必要です。

ですが、ここで気づいてもらいたい、起業家が陥りやすい罠は「売上が上がり始めると、調子に乗ってお金を使ってしまうこと!」

ここで大切なキーポイントは、月商1,000万円の売上をあげていても、毎月1,100万円を使っていては、100万円の赤字で、お金がいくらあっても足りない。

ですが、月商500万円でも、月々200万円しか使わなければ、毎月300万円の黒字となる・・・。

この罠に早めに気がつく方は、少々売上が低かろうと、お金がお金を生み出す仕組みを手に入れますし、この罠に気が付かず、一生懸命、穴の空いたバケツで稼ぎ続ける方は、一生大変な起業家人生をおくる、という訳。

多くの起業家の方々が、「いつかお金が貯まってから・・・。」そう言いますが、大切なことは、売上をあげ、黒字になったその日からお金を貯めて、お金がお金を生み出す仕組みを作り始める。

 

月商1000万円が大切な訳でも、年商1億円が大切な訳でもありません。

※ナイよりはいいのでしょうが。

月商100万円でも、誰より早く利益を活用し、資産形成を行い、その資産の作り方までをも、自分の伝承者に伝承させる。

 

それが起業家にとって、最も大切な自らが組み込まれなくても、売上が上がる仕組みを作ることの最初の大きな2歩なのです。ぜひ、これを頭に入れて、資産(貯金)形成に入りましょう!

要するに、売上を上げた利益からの貯金と、そのお金がお金を生み出すということは、売上が少なくても、黒字経営ならば、すぐにできることなのです。

次回は、黒字化の継承で多くの起業家が陥る罠について、さらに突っ込んでお話ししていきます。お見逃しなく\(^o^)/

▶次回「【売り上げのカラクリ】売上が上がっているのに、倒産する人の真実

『シゴト=遊び』になる人がやっているビジネス創造法


▼無料PDFレポート「TheUSPII」のダウンロードはこちら▼


 

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすくなっております。他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。

※メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダの確認も合わせてお願いいたします。

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 起業を軌道にのせ安定させるのに必要な2つのことは「◯◯け」と「◯◯み」

  • あなたが「価値」を加える事でお客様が高額でも買う商品になる。

  • 2014年、アナタの変革を実現させる一手とは?

  • ああ、そうか!だから結果がついてこない!稼げない起業家の3大法則

  • 成功している起業家が教えない!安定的に売上を上げる仕事の「仕組み化」のヒント

  • 起業の成功はアイディアの「楽しさ」で決まる