1. TOP
  2. クロージングは押し売りではありません!お客様へのご提案は愛です

クロージングは押し売りではありません!お客様へのご提案は愛です

提案は「愛」である

 

 

ビジネスは
お客様の問題解決であることを
忘れない、ということ。

 

 

起業家の相談にのっていると、
よくこう言われることがあります。

 

 

『「私はこう言うことができますよ。」
 なんて言うのは、
 なんだか差し出がましい気が・・・。』

 

 

実を言うと、
起業したての私も
そう言って提案することに
躊躇していました(笑)

 

 

もし、
「私の提案なんて・・・」
もしそんなふうに思うことがあれば
以下を思い出してください。

 

 

以下は私が活用した
「提案を拒否されたらどうしよう?!」
という恐怖を乗り越えるための戦略です。

 

 

1.提案は愛であると言うこと
お客様の問題解決ができるワケですから
お客様が喜びこそすれ、
迷惑なはずはありません。

 

 

 

2.起こりうる
最悪のケースを想定する
「いりません」と言われるだけ、
ですね?

 

提案しなかった場合と比べ、
何を失うモノがあるのでしょう?

 

 

3.お客様に提案をする前に
まず聞いて、聞いて、同意しよう。
お客様の状況を理解せずに、

 

「あなたの問題はコレです!」

 

なんてやるから、
お客様が拒否するのです。

 

大事なことは、
まずお客様の状況や問題を
シッカリと把握、認識すること。

 

その上で、
お客様が現在の不安や問題に
同意してあげること。

 

それができて初めて、
お客様はあなたの提案を
受け入れることができます。

 

 

 

提案はです。

 

ビジネスはお客様の問題解決です。

 

 

ぜひ、チャレンジしてみてください(^_−)−☆

 

 

最後にあなたに質問です。
あなたは
いつ自信をもって
「提案」を始めますか?

\ SNSでシェアしよう! /

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • どんなに立派な商品があってもコレがなければご契約はいただけません!

  • クロージング・営業は説得ではなく・・・○ーディション!

  • 「お客様がお金がない」クロージングが苦手な起業家の言い訳ナンバー1

  • 「買わせて下さい!」と言われたい!お客様からお願いされる技術

  • 営業が苦手、デキナイ理由 知っていますか?

  • 売上頭打ちの9割の起業家がハマる罠!顧客の全要望に応えるから、お客様から選ばれない!