あなたの強みを5つのステップで創出する『The USP II』小冊子ダウンロード

■なぜ「USP」を活用するとビジネスが加速するのか?

マーケティングについて少し勉強をすると
USPという言葉を聞いたことがあるでしょう。

USPは一般的に「独自のウリ」と訳されるため、
「今自分ができることってなんだろう?」
と考えはじめ、
見よう見まねで創ってみたものの、

  • 思うように集客できない
  • たくさんできることがあって、結局絞れない
  • 「強み」は見つかっても有効活用できない
  • ウリを1つに絞るのがくてできない

という問題に陥り、
せっかくUSPを創っても、
何でも屋さんに逆戻り。

その問題は、USP=独自のウリ
と教えられ、「自分にできること探し」を
してしまうことにあります!

実は、あなたの才能をビジネスに
活かすために、最初にすることは、
「なぜ、そのビジネスをするのか?」という
質問に答えることから始めます!

USPの創り方はコチラから

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

 

はじめまして!
The USP II を発行しております、
3秒で顧客の心を掴みとれ!
選ばれる起業家のための
USPプロデューサー
鉾立由紀です。

スクリーンショット 2016-03-30 19.24.33

私は、USPを
「お客様への究極のコミットメント」
定義しています。

USPって何?
お客様への究極のコミットメントって何?
と感じている方は、
ぜひ以下をお読みいただき、
参考にしていただければと思います。

 

■USPとは一体何なのか?

USPとは
UNIQUE SELLING PROPOSITIONの略で、
「あなた独自のウリ」として
一般的には知られています。

これは、
1940年代に
ロッサー・リーブスという
伝説の広告マンが提唱した
究極のマーケティングの
概念なのです。

リーブス氏が定義した
良いUSPの条件はというと・・・。

1.あなたの 商品、サービスなどの
顧客メリットが明確であること。

2.あなたの商品、サービスを
購入する顧客メリットは、
他社が提供できない
または提供しないものであること。

3.あなたの商品、サービスを
購入する顧客メリットが、思わず
顧客の注意を惹き付けるような
魅力的なモノであること。

もっと簡単に言うなら、

 

1.あなたの商品、サービスは
何の役に立つのか?

2.ライバルがしない、
またはできないことなのか?

3.お客を振り向かせる
カタヤブリな魅力があるか?

ということ。

誤解を怖れず言ってしまえば、

「で、あんたを使うと、
一体私に何のトクがあるの?」

と、お客様は思っているのです。

ビジネス書においては
USPは「独自のウリ」と
書いているモノが多い。

だからか
「私の売りは『笑顔』です!」
「ホノルルマラソン10回完走!」など
全くシゴトとは関係のないことを
「自分独自のウリ」として
定義してしまう起業家が多い!!!!

何度も言いますが、
お客様はあなたの商品、
サービスが彼らにどう役に立つのか?
それしか考えていないんです。

だからこそ、
私はあえてUSPを、こう定義します。

USPとは
「お客様への究極のコミットメント(お約束)」
である、
と!!

そんな、
「お客様への究極のコミットメント」の
作り方がこの The USP IIで
すべて公開されています

 

USPの創り方はコチラから

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

 

■USPがなくても結果は出るのではないですか?

「いや、がんばれば結果は出る!!」

本当にそうお思いですか?
ここ数年、SNSやスマートフォンの普及により、
世界は情報爆発時代に直面しています。

 

あなたも無意識のうちに、
興味のある事柄だけを選択していることに
気がついていることでしょう。

ここに大きなヒントが隠されています。
なぜ、
自分のシゴト × 集客数 = 売上
この方程式で捉えても売上が上がらないのか?

それは、この方程式では、
USPが現す「あなたが選ばれる理由」が
反映されていないからです。

ピーター・ドラッカーはこう言っています。
「マーケティングの理想は、
セリング(営業)を不要にすること」

「あなたが選ばれる理由」を考えず、
売上や集客数を追求する起業家と言うのは、
ビジネスが「お客様の問題解決」のために
あるという事実を 見失っています。

そして、売上と言う結果を出すためには、
売上を追いかけるのではなく、
まず最初にUSPを明確にする必要がある
ということを理解していません。

結果を求めて売上や利益を追いかけること。
それは、例えて言うなら
焼畑農業を続けるようなもの。

最初はそれでいいでしょう。

短期的にはごまかしも効きます。
しかしそれは、
決して持続可能なものではありませんし、
またほとんどの起業家には
実行し続けることさえ
難しいと言わざるをえません!

 

USPの創り方はコチラから

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

 

■小冊子は、USPをわかりやすく学んで頂き、USPを創りだすために、5つの段階にわけて説明しています。

 

ステップ1:
あなたはなぜ、そのビジネスを行うのか?

ステップ2:
あなたは誰のための自分なのか?

ステップ3:
お客様の「痛み」は何か?

ステップ4:
業界の常識を疑え!

ステップ5:
「お客様への究極のコミットメント」いよいよ誕生!!

 

それぞれワークがついています。
ワークに則って
作っていただければUSPが完成します!

 

USPの創り方はコチラから

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

 

■ダウンロードしていただける小冊子「The USP II」のサンプルページ

 

※画像クリックで拡大されます


■「The USP II」をダウンロードされた方の感想

鉾立さんのPDFレポートで学んだことを実践すると
おもしろいほど成果つながります。

むしろ、成果のない内容は無いのではと思うくらいです。

実践できのは、3割ほどですが

もっと実践の割合を増やして
望む成果を獲得していきます!!

大阪
ネイルサロンオーナー
かじ案奈
ーーー

個人起業家に集客して稼ぐコーチをしております。

2015年にコーチの資格を取り、

2016年からコーチとして対価を頂き続けております。

私は、見込み客やクライアント様から、
私の自信は伝わってるそうですが、
実績は、これからのあげていく私にとって自分に疑問がありました。

しかし、The USP IIを読んで、スッと腑に落ちました。
勇気を頂きました。ありがとうございました。

自信を持ってクライアント様に接していきたいと思います。

USPⅡのワークに乗っていた書籍も購入しました。

何故、そのビジネスをするのか?について、
直ぐに答えられないといけない重要性に改めて気付きました。

本当にありがとうございました。

大久保 ちよみ

USPの創り方はコチラから

ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。

 

受講生の声 〜一部公開〜

起業1年で「業界の寵児」となった元学習塾経営者の実例

BEFORE

お受験対策の学習塾を経営していた小室尚子さんの当初の悩み。それは、お受験を何としてでも成功させたいご父兄のクレーム対策。

本来、小室さんが受けるべきではない相談までもが山ほどマイコミ、20時以降は形態の電源を切るようになっていたそうです。

そんな中でも、経営状態はトントン

どうすれば、好きなお客様とだけお仕事をすることができるのか?そのように悩んでいらっしゃいました。

 

AFTER

個別相談にて、私からの提案を受け、お母様たちは自分のために絶対にお金は出さない!!

そう言って抵抗されていらっしゃいました。

ですが、小室さんの教育ビジネスの提供対象をお受験を希望されているご父兄のお客様から、自分自身で子どもたちへ「遊ぶように勉強する学習方法」を伝えたいと想うお母様へ変更した途端、

月商660万円をいただけるようになりました。

成功ポイント:理想のお客様を変更しただけ!

 

大手とケンカしない、大手を味方につける新・和装ビジネスを創りあげた元OLの実例

BEFORE

出会った当時の上杉さんは、まだ会社員として働いて、人脈、実績、資金すべてにおいてゼロから起業スタートでした。

当初、彼女にあったものといえば、「きものの素晴らしさを本当の意味で伝えたい!」そんな強い想いだけでした。

そんな上杉さんに私は個別相談で、「多くの和装学院になくて、上杉さんにあるものは?」と投げかけました。

私が上杉さんに提案したことは、まずきもの好きなお客様の抱える問題を書き出してみること!!

その提案をもとに、きものの雑誌を読み、自ら和装学院の説明会に出向き、きもの好きのお客様で「きものを着たいけれど着てない女性」にその理由を聞き、抱える問題を書き出していきました。

 

AFTER

そこから、上杉さんの理想のお客様の抱える問題を見つけ出し、「コスバが悪く、着こなせない」を解決する、大手とケンカしない、全く新しいビジネスプランを提案しました。

結果、彼女は見事、自分のお客様に思う存分、自分の「きもの愛」をお伝えできる和装のイメージコンサルティングビジネスをスタートすることができたのです。

東京オリンピックの開催に向けて海外が日本に注目を集めていく中で、日本女性最強の勝負服である「きもの」の文化をテーマとしたビジネスを世界に広めるべく更なるステージに向けて動き出しています。

成功ポイント:商品を変更しただけ!

 

USPの創り方はコチラから

※ezwebのメールアドレスは文字化けしやすく
なっております。
他のアドレスでご登録をお願いいたします。
Gmail Yahooのアドレスでも可能です。
※メールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダの確認も合わせて
お願いいたします。