鉾立由紀独立6周年感謝企画

Sky is the Limit!
今こそ、「自由」について考えよう

※ Sky is the Limit!は、「可能性は無限大!」という意味です。

頭とスマホとパソコンがあれば、個人が世界を変えられる。

6年前、そんな使命と共に、USPプロデューサー鉾立由紀(ほこたて ゆき)は誕生しました。

私が起業を通して手に入れたかったもの。それは、本当の意味での「自由」でした。

私の心と体が共に、「私らしく、私のまま」であり続けることができ、さらには本当の意味での経済的自立を手にいれている。

そんな真の「自由」を享受するすばらしさを関わる大切な人々に伝え続けていきたい。

私にとって「自由」とは、人間としてこの時代に、日本に生まれた私たちに与えられた当然の権利、でした。

私はその私達が持っている「自由」を本当の意味で享受しよう!

そう伝えたくて、起業したといっても過言ではありません。

・・・ですが、そんな私の「当たり前」に大きな風穴を開けた人物がいます。

 

それが認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者理事の鬼丸昌也さんです。

鬼丸昌也さん

『私たちは、微力ではあるが、無力ではない』
『すべての人に未来をつくる力がある』

こう言って、2008年、まだサラリーマンだった私に、本当に目指すべき「自由」について教えてくれたのが鬼丸昌也さんです。

彼の創設した認定NPO法人テラ・ルッサンスは、ウガンダやコンゴでの内戦によって心身共に傷ついた元・子ども兵の職業訓練・識字教育などの社会復帰支援や、カンボジア・ラオスでの地雷・不発弾の撤去支援などを行っています。

▶認定NPO法人テラ・ルネッサンス / 2016年度年次報告書

 

鬼丸さんがすごいのは16年前、全くお金のない大学4年生の時から、英語も話せないのに、この活動をスタートしているところ。

あるキッカケから、世界の地雷被害の現状を知り、

「まずはこの現状を日本の人々に伝えたい!!!」

そう強く想い、テラ・ルネッサンスの活動をはじめられたのです。

彼と出会い、友人としての付き合いを始めるようになって約9年になりますが、この鬼丸さんのお話をはじめてお伺いした時の衝撃を、私は今でも忘れることができません。

今回の鉾立由紀独立6周年記念講演は、私が日頃からお世話になっている私にとって大切な人々全員に、私達には未来をつくる力がある、そう知って行動に変えてほしいと願い、鬼丸昌也さんにご提案して実現したものです。

特に、ご一緒に講演してくださる認定NPO法人テラ・ルネッサンスの小川真吾さん、トシャ・マギーさんが一時帰国されているというベストタイミングでお話いただけるということで、私自身も10月25日が楽しみでたまりません。

プロフィール:認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事長 小川真吾さん

プロフィール:認定NPO法人テラ・ルネッサンス(アフリカ事業担当) トシャ・マギーさん

 

テラ・ルネッサンスの挑戦

ここから私の心を動かした鬼丸さんのお話を紹介してまいります。

恥ずかしい話ですが、鬼丸さんとお会いするまで、私にとってウガンダもコンゴも遠いアフリカの国の話で私には全く関係のないことだと思っていました。

ですが、鬼丸さんから直接、ウガンダやコンゴの内戦の状況などを聞き、私たち先進国の人間も、これらの内戦や、彼らの国に生じた混乱の一因となっていることを知るようになりました。

具体的にお話ししましょう。

初めて「子ども兵」という言葉を聞いたとき、恥ずかしながら、私は全くピンと来ていませんでした。

「働くところがないから、傭兵として働いているのかな?」

そんなふうに思っていたのです。

ですが、鬼丸さんの話は違いました。

ウガンダやコンゴなどのアフリカの国々では、長引く内戦により、子どもたちがゲリラ軍に拉致され、真っ先に前線に立たされます。

前線ですから、死傷する確率が高いのも子ども兵たちです。

傷つき、傷物となった子ども兵たちはそのまま手当もされずに・・・てられる。

そんな状況の子どもたちや、近い将来そうなるかもしれない子ども兵たちが、世界中に最低でも25万人はいると言われています。

豊かな国が作る小型武器のせいで、子どもが武器を持ってえるようになったため、貧しい国の子どもたちは、大人たちの争いに巻き込まれ、ますますひどい不幸の連鎖となってアフリカ諸国で渦を巻いているのです。

 

今すぐ申し込む

私達も内戦の原因になっていると・・・知っていますか?

ではどうして、そんな内戦が起こってしまうのか?

原因の1つには、彼らの国から産出される豊かな資源にあります。

 

例えば、レア・メタル。

 

これは、私達の生活にすっかり溶け込んでいるスマートフォンに使われています。

私達、先進国の人間が使うそれらの便利なツールが、それらを使わない国の人々の内戦の原因の1つであることは紛れもない事実なのです。

鬼丸さんが創設した認定NPO法人テラ・ルネッサンスはそんな内戦を通して、前線にて傷つき捨てられた元子ども兵たちの傷ついた心を癒し社会復帰し働くことができるよう彼らのためのリハビリ訓練などの活動を行っています。

 

鬼丸さんに教えてもらった2つのこと

鬼丸さんと出会い、私は鬼丸さんから2つのことを気付かされました。

1つ目は、私達は、微力ではあるかもしれないが無力ではないということ。

2つ目は、すべての人に未来をつくる力がある、ということ。

鬼丸さんと出会った2008年当時、私はまだサラリーマンでしたが、この鬼丸さんからいただいた言葉は、私の中で大きく大きく育ち、今の私を創り上げてくれたと言っても過言ではありません。

鬼丸さんは先日も私に、そして私の大切な門下生たちを前にこう言ってくれました。

「もっともっと稼いで下さい。そして、みなさんのように豊かになれる力のある人たちに、格差を埋めることを考えて行動してもらいたいのです。」

今のままの現状が続くなら、世界は、めるものは富み続け、しいものはますます貧しくなる。

そしてそれは先進国と発展途上国の格差となって開いていきます。

日本に住む私達には世の中を変える力があります。

私達がどのような豊かな世界の創造を思い描き、どのように社会に貢献すると決断するかで、私達のこれからの世界と、私達人類の本当の豊かさと自由が決まります。

私達が生まれた国、日本ではすべての自由を行使する力があります。今、私達個人は、両親たちの時代とは違い、インターネットという大きな力を持つことができるようになりました。

昔のように大企業を中心とした経済構造に組み込まれる必要も、大企業の作り出す弱者を喰い物にしかねないトレンドに乗り続ける必要もありません。(すべての大企業が悪という訳ではありません。)

微力かもしれませんが、私達、1人ひとりが立ち上がり、

『私たちは、微力ではあるが、無力ではない』
『すべての人に未来をつくる力がある』

そう覚悟めてくれることで、

世界の人々が本当の意味で

平和に生きる「自由」を、
家族と共に過ごせる「自由」を、
好きな仕事を選べる「自由」を、

手にすることが可能となるのです。

2017年10月25日。

日本人として、平和な国に生まれた人間として、私達が世界のために真の自由のために何ができるのか?
誰よりも頭を使うことで、誰よりも大切にしたい人と共に幸せを享受し、もっともっと堂々と豊かさと自由を手にすることができる。

そんな本当の意味での「自由」について、そして、今日これから私達ができることについて共に考えていきましょう!

 

今すぐ申し込む

講演内容/講師紹介※順番、内容は変更する場合がございます。

鉾立由紀 基調講演 
「Sky is the Limit!〜今こそ、自由について考えよう〜」

なぜ、今、私達が自由について考えるべきなのか?これからの日本社会で、私達が自由になるために知っておくべきこととは?

私はUSPプロデューサーとして起業するまで、外資系IT業界のヘッドハンターとして活動していました。

IT企業が作り出す社会は便利な物ではありますが、今はまだ、ほとんどの人たちがこのIT企業が作り出す社会の本当のメリットとデメリットに気がついていません。

今回の基調講演では、世界のこれからの未来を見通し、今、私達が本当に「人間としての自由」を手にするために何ができるのか?についてお話させていただきます。

 

講師プロフィール:Rising Sword株式会社 代表取締役 USPプロデューサー 鉾立由紀

2009年2月、リーマンショックのあおりを受けて勤務先が倒産。

2010年10月、ビジネスの師との出会いをキッカケに、起業を決意する。

その当時、ビジネスのためにUSPを持つのは企業であり、また、個人がUSPを持つ場合、単なる『自分の強み』を発掘することに過ぎないと言うことに着目。

個人起業家のためのUSP創造という今までの視点とは180度違う独自の視点で新しいUSPビジネス論を展開。

今まで、USPを「自分の中から発掘するモノ」、そう思い込んでいた起業家に一石を投じ、一挙に業界のトップに躍り出る。

2012年2月から、起業家育成プログラム『The SUMMIT』をスタートさせ、
すでに384名以上の個人起業家に『選ばれる起業家』となるためのUSPプロデュースを実施。

関わるすべての起業家に「自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組み」の下支えとなるべく、日々活動中。

 

認定NPO法人テラ・ルネッサンス講演
すべての人に自由を手渡す世の中へ 〜テラ・ルネッサンスの挑戦〜

鬼丸さん、小川さん、トシャさんが登壇し活動の報告や、支援への思いをお伝えします。

現地ウガンダスタッフであるトシャー・マギーさんの過去と共に、認定NPO法人テラ・ルネッサンスの活動についてお話しします。

トシャさんは7歳のとき、ブルンジ内戦の虐殺で、父親が殺害され、兄弟も行方不明となります。

難民となった後、彼女はスワヒリ語が話せたので、なんとかある一家のメイドになりました。

英語をしゃべれたらもっと世界がかわるかもしれないと、その家の英語をしゃべる子どもたちに英語を教えてくださいとお願いしました。

子どもたちの「いいよ、殴らせてくれたらね」という条件を呑み、トシャさんは、毎日子どもたちに暴力を振るわれて、英語を1つ1つ学んだそうです。

だって、『生きるために学ぶ』んでしょ。

「自分の幸せを決めるのは、物ではない。お金でもない。他人でもなく、自分自身の心が決めること。だから私の人生は幸せに溢れています。」

そんなトシャさんの言葉と共に、鬼丸さん、小川さんからも、今、私達が自由を手渡すためにできるこを、考えていきましょう。

私たちは微力かもしれませんが、無力ではないのですから。

 

講師プロフィール:認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者理事 鬼丸昌也さん

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。
1979年、福岡県生まれ。
立命館大学法学部卒。

高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。

2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。

同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす
「テラ・ルネッサンス」設立。

地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。

遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

プロフィール

講師プロフィール:認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事長 小川真吾さん

1975年和歌山県生まれ。

学生時代、インドでマザー・テレサのご臨終に遭遇したことをきっかけに、国際協力の道を志し、青年海外協力隊員としてハンガリーに赴任。

2005年より、テラ・ルネッサンス、ウガンダ駐在代表として、ウガンダ及びコンゴ民主共和国における元子ども兵士社会復帰事業などに取り組む。

2011年、6年間のウガンダ駐在を終え、テラ・ルネッサンス理事長に就任。

主な著書『ぼくは13歳、職業、兵士』(2005年、合同出版)、『ぼくらのアフリカで戦争がなくならないのはなぜ』(2011年、合同出版)、など。

プロフィール

講師プロフィール:認定NPO法人テラ・ルネッサンス(アフリカ事業担当) トシャ・マギーさん

1980年ブルンジ共和国生まれ。

幼い頃に母親を亡くし、父親に育てられる。

7歳のとき、ブルンジ内戦の虐殺で、父親が殺害され、兄弟も行方不明となる。

難民として、コンゴ民主共和国、タンザニア、ケニアと渡り歩き、13歳の時にウガンダへ。

2005年にテラ・ルネッサンスと出会い、「ひとり一人に未来をつくる力がある」という理念に共鳴し、
テラ・ルネッサンス ウガンダ事務所の職員となる。

現在、アフリカでの3か国での事業(ウガンダ、コンゴ、ブルンジ)のコーディネーターとして、ブルンジを拠点に活動を行っている。

 

真の「自由」とは、そして、今、日本において「自由」を享受する立場の私達が
今すぐできることとはなにか?

私達の当たり前を「ぶち壊す」、新しい視点をみなさんにお届けしてまいります。

 

今すぐ申し込む

 

鬼丸さんの講演を聞いたお客様の声

売れるセールスツールの専門家 岡田絵梨香さん

「僕自身はシャイだし1人になると色々考えてしまう人間」
「この活動は偽善なのではないか」

そう不安に感じ、常に自分に対して自問自答しているとおっしゃっていました。

NPOを立ち上げ、一人で活動を開始されるような勇気のある方でも、そんな風に感じているものなのか。

いや、だからこそ前に進んでこられたのかのかと考えさせられたのと同時に、とにかく、「覚悟を決めて」やっている。そんなエネルギーがビシバシ伝わってきました。

 

女性力研究家 杉本織恵さん

知らないことだらけで、とても衝撃を受けましたし、考えさせられました。また、鬼丸さんの強い想いを感じました。

日常、平和で何不自由なく日本で生活していると、紛争地域のことを考えることは少なく、正直いままであまり意識せず生きてきました。

ですが、私たちが日常使っているものの中に、戦争の原因となるものがあったり、子供たちが搾取される要因となるものがあったりするのかと知り、大げさでなく、わたしの選択が世界に影響を及ぼすのだと知りました。

今までの活動を通して鬼丸さんが知ったこと、学ばれたこと、衝撃を受けたこと、などなどをこのようにシェアしていただけるということは、

鬼丸さんの命の時間を分けて頂いたということに他ならないんだと気付き、

お話し下さる一分一分に鬼丸さんの時間と経験と想いが詰まっていることを感じ、この時間のありがたさを感じました。

そして、同じように時間を与えられながら、とても苦しく辛い時間を過ごしている人々が、

この地球上にはたくさん、本当にたくさん居るということ。知識として知っては居ましたが、本当に何も知らなかった、何もわかっていなかった、と知りました。

では、わたしは今日から何をするのか、今の私ができることは何なのか。

まず、自分のお金を何にどう使うのか意識し始めること、自分の内省を続けること、金融機関を選ぶこと、自分のビジネスの先にいる人に想いを馳せること、

どんな世界に住みたいかどんな人と生きていきたいかのビジョンを持つこと、関わる全ての人が幸せになるビジネスを創ること、今の自分に何ができるか考え続けること。

微力は無力ではない。この鬼丸さんの、経験に裏打ちされた言葉を胸に置いて、進んでいきたいと思います。

この度は、お忙しい中貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。今後、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 

ステージ力アップアカデミー主宰 一ノ瀬裕子さん

自分で決めて行動すること、それがささやかでも私たちは無力ではない。

ささやかな変化を生み出すことができると行動のきっかけを頂きました。

自分の行動が誰かの笑顔につながることを実感できる仕組みを作っていただいたことに
感謝しております。

そしてカンボジア、コンゴ、ウガンダでの活動で東日本大震災の時は多くの人々が手を差し伸べて下さった。

この地球規模の助け合いの循環を作って下さったことにも感謝です。

 

USPデザイナー 畠山勇一さん

あまりにも自分が無知だったことを知り、衝撃とともに頭が真っ白になりました。

何が正義で、何が悪なのか、わからなくなりました。

逆に「正しいことをしているんだ!!」と思い込むことがこんなにも怖いことなんだと実感しました。

ですが、大きな活動をしている鬼丸さんでも自分がやっていることが「偽善」だと悩むことがある。

その話を聞いた時に、私の中でもやることが明確になりました。

「事実」を知らなければならない。

レアメタルのことも私達が普段から使っている便利用品が、残酷な争い、傷つけられた人がいて得られているものが混ざっているという事実。

兵器という、人を傷つけることを商売としている近隣の国の事実。
それらに加担しているメガバンクの事実。

そういう事実を正しく知り、判断していくことが大切なのだとわかりました。

悲観するのではなく、お役に立つことで誰よりも稼げる人にならなければならない。そう「覚悟」しました。

 

和装イメージコンサルタント 上杉 惠理子さん

なんで世界にはこんな悲惨なことが起こるのだろう…と昔は信じられない思いでしたが

人は、善い人・悪い人になど分けることなどできないのですよね。

誰でも何か人生の歯車が狂うと暴力や犯罪を犯しかねない。

元子ども兵の方の苦しみは到底、想像しきれませんが、胸がぎゅっと締め付けられました。

その向かい合いきれない心の弱さも私の中の事実。

自分の中にある弱いところ、心の中にある地雷を少しの勇気を持って見つめるところから
新しい一歩は始まるのだと希望をいただきました。

 

推薦の声

中井隆栄経営塾 塾長・経営コンサルタント

こんにちは!中井隆栄経営塾(中井塾)主催、そして認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事 中井隆栄です。

鉾立由紀さん、USPプロデューサーとしての独立6周年、本当におめでとうございます!

鉾立由紀さんとは、彼女が2008年、私の中井塾の第2期生で参加されたことをご縁に、当時から、応援させていただいております。 同じく中井塾第2期生である鬼丸昌也さんの活動を、鉾立さんがその当時から、「まずできることから!」とサラリーマンながら支援していたことがとても印象に残っています。

鬼丸さんは資金ゼロ、人脈ゼロ、英語力ゼロの状態から、学生時代にテラ・ルネッサンスを始められ、16年をかけて、テラ・ルネッサンスを国内有数のNPO法人にまで育てられました。

このように一言で表現すると、いとも簡単に鬼丸さんが多くのことを成し遂げてきたように聞こえるかもしれません。 ですが、もちろん、そんなことはありません。

多くの紆余曲折、そして鬼丸さんたちも多くの悩み、痛み、困難を乗り越えてきています。 今回の講演では、現在のウガンダやコンゴの状況についてだけではなく、テラ・ルネッサンスという、たった1人の青年の志から始まったNPO法人の成長を通して、この講演をお聞きになられる方々に 「自分の可能性が無限大である!」ということを感じてもらえること、私も確信しております。

開催日時

2017年10月25日(水)
16時30分ー20時30分(開場 15時45分)

※ お早めに来られて、ぜひ講師との歓談をお楽しみ下さい。

 

定員

200名(先着順)

 

参加費

15,000円(税込)

※ 今回、みなさんからいただく大切な参加費から、会場費を除いた収益のすべてを、認定NPO法人テラ・ルネッサンスに寄付させていただきます。

※ ご入金は、お申込み頂いた後、PayPalもしくはお振込にてお手続きいただけます。必ずお申込み頂いたお名前と同じ名前でご入金をお願い致します。万一異なる場合にはメールにてその旨お知らせ下さい。

※ 当日はテラ・ルネッサンスさんにて販売されておりますグッズの購買も可能です。

 

開催場所

ベルサール新宿グランド
東京都新宿区西新宿8−17−1
住友不動産新宿グランドタワー

※地図は以下の通りです

以下の申し込みフォームからお申し込み下さい

※ezwebのアドレスは文字化けしやすくなっております。その他アドレスをご利用下さい。