1. TOP
  2. 自分の背中を見せるということの本当の意味がわかりました。

自分の背中を見せるということの本当の意味がわかりました。

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

突然ですが、

私の主宰する『The SUMMIT』の受講生から

ステキなメッセージが届きました。

 

 

早速、シェアさせていただきますね!

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

こんにちは。

今、鉾立さんのメルマガを迷惑メールから探し出しました。

(やはり何故か迷惑メールに入っていました。)

4月からのメルマガを全部読む事ができました。

何度も読みました。

鉾立さんの思いが伝わってきて、何故か涙がでました。

真剣に考え、結果を出し、人の人生をも引っ張って行こうとしている・・

自分の背中を見せるということの本当の意味がわかりました。

まずは全て自分でやってみせてくれている。

考え方、生き方、口から出てくる言葉、

全てがこれまで真剣に手を抜く事なく

実践してやってきた結果なのだということを物語っている。

私が、毎日送る報連相の、なんと薄っぺらい事か・・・

反省と同時に悲しくなりました。

それで、考えてるつもり?

やってるつもり?

顧客目線で考えてる?

私を必要としてくれている人がいるとしたら、

何が出来るのか真剣に考えてる?

自分で自分に沢山の質問を浴びせました。

明日は1日全てをシャットダウンして、

初心に返って全てを見直します。

〜中略〜

しつこいようですが・・・鉾立さんに会えてよかった!

私の人生がまさに変わりそうです!

M.Y.さん

※許可を取っていないのでイニシャルです!すみません!

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

考えてるつもり?

やってるつもり?

顧客目線で考えてるつもり?

この「つもり」って言うヤツは

実際にお客様に対峙して

「お客様の問題を解決する!」

そう決めなければ

絶対に取り除けない。

そして、私の起業家プロデューサー養成講座

『The SUMMIT』で求められているのは、

実際に「売上をあげること!」

※    「売上をあげるための行動」をしていただけないなら、

真剣に辞めていただきます。

私自身がそうでしたが、

ほんの1年半前

私が起業すると決めた時、

私には

「金」、「コネ」、「実績」

これらすべてがありませんでした。

ですが今の世の中、

きちんと考え、

きちんとやり、

きちんと顧客目線で考え、

諦めずにやり続ければ、

絶対に!!!

結果が出るのです。

そして、『The SUMMIT』では

私が実際にやり遂げ、

完全独立後

たった4ヶ月で単月売上430万を達成するに至った、

「ビジネスの本質のすべてをお届けしています。

M.Y.さん、

あなたはまだビジネスの世界に足を踏み入れたばかりです。

一刻も早く、

きちんと考え、

きちんとやり、

きちんと顧客目線で考える。

そのステップを

最高の仲間と共に

完全マスターしてくださいね!

 

 

げる起業家になるために、

あなたの今後の成長をメール講座を通して、

365日応援させていただきます!!

The SUMMITの空気・空間が体験できる

1Dayセミナーや個別相談の最新情報も

こちらのメルマガでご案内しています。

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 【The SUMMMIT 感想】自分の意思で、コレがやりたい!と想い、宣言をしたことは32年の人生で、初めてのことでした。

  • 新しい世界が広がることに胸が高鳴ります!

  • 【The SUMMIT 感想】鉾立さんの一言で、忘れかけていた「私は、目の前の人を笑顔にしたい!!ハッピーにしたい!!!」という想いを思い出させてもらいました。

  • 鹿児島から鉾立さんのセミナーを受けにきて、 私は傍観者をやめました!

  • ほんの数ヶ月前まで資格だけとっては不安に駆られ、次々と目新しいものへ逃げていた自分ですが、いよいよ起業します。

  • 【感想】「結構な年齢になったけど、私、いつまでこの会社で働けるのかな?」と不安を抱えた元・美容部員が起業を決断した理由とは?