1. TOP
  2. 起業家精神論
  3. お金と時間の有効活用度合いは、「ROI」で分かる!

お金と時間の有効活用度合いは、「ROI」で分かる!

 

こんにちは、3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

あなたはROIというコトバを知っていますか?

 

ROIとはReturn on Investment の略で投資利益率、すなわち「つぎ込んだ資本に対して、得られる利益の割合。」のこと。

※投資利益率(ROI)=利益÷資本×100

 

「私が資産を持ってる訳ないでしょ?」

 

いやいや、そんなことはありません。

 

一個人であっても、以下のように定義できるのです。

 

「資産 = 仕事につぎ込む経費時間

 

ROIの意味はわかりましたね。

 

「あなたが仕事につぎ込んだ経費や時間 < 利益」であるか

「あなたが仕事につぎ込んだ経費や時間 > 利益」であるかを

 

測る指標なワケです。

 

さてココで質問です。

 

あなたの仕事のROIは

「あなたが仕事につぎ込んだ経費や時間 < 利益」ですか?

「あなたが仕事につぎ込んだ経費や時間 > 利益」ですか?

 

 

私も仕事柄多くの起業家にお会いします。

 

そして結構な数の方達が、自分のビジネスをよりよくしようと、お金や時間を投資しています。

 

 

ですが驚くべきことに、かけたお金や時間以上の戻りがあるかのメドをつけていない人が圧倒的多数!

 

その割には「売上が伸びない。」と悩んでいるんですね。

 

ここで私からの提案です。

 

例えどんなに安かろうと、「あなたが仕事につぎ込んだ時間 > 利益」、または確実な戻りが計算できないのであれば、お金を出すのをやめましょう。

 

時間も同じ。

 

 

「私が長く働けばすむだけだし・・・。」

 

 

そういって自分の時間を湯水のように、仕事だけに注ぎ込む人がいます。

 

ですが、そんな方達の盲点は、「あなたが仕事につぎ込んだ時間 > 利益」の場合、仕事が大きくなればなるほど、あなたのがんばりは効かなくなると言うこと。

 

ビジネスの最初の段階から「仕事につぎ込んだ経費や時間 < 利益」になるように、創意工夫ができるのか?

 

 

それが起業の醍醐味でもあり、楽しみでもあったりするのです。

 

 

ビジネスはお金をかけたから、儲かるワケではありません。

(ハリウッドの超大作でもコケますよね?)

 

ビジネスは時間をかけたから、儲かるワケでもありません。

(もしそうなら、サービス残業させられる会社員が一番お金持ちです。)

 

 

常に、自分の仕事に対するお金と時間の使い方にROI(投資利益率)を意識するようにしてください。

 

 

最低限のお金と時間で、最高限の利益が出せる。

 

これが起業するモノの最高の姿ではないでしょうか?

 



\起業に必要な軸を網羅しました!/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 凡人がアイデアマンになる方法は、音楽が教えてくれた。

  • 資格があるけど起業できない!売上が上がらない資格ジプシーの特徴

  • 繁栄するビジネスの鍵は、他の人もデキルこと

  • 国や社会や会社に左右されないシゴトを創るチャンス

  • 1万時間の法則〜凡人が天才になるために必要なたった1つの方法

  • 「想いではシゴトになりませんか?」そんな相談を受けました!