1. TOP
  2. PR・キャンペーン戦略
  3. 3秒で共感し15秒でシゴトが取れるセルフプロモーション!

3秒で共感し15秒でシゴトが取れるセルフプロモーション!

秒で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

突然ですが、年末には様々イベントが続きます。

クリスマス、

忘年会、

新年会、etc。

 

 

そう!言っちゃうならば、

今まで疎遠だった友人、知人にもご挨拶しやすい時期ですし、

 

また、いろいろなイベントに顔出しすることで

新しい人々と友人関係を創ることも、

いくらだって可能な時期なのです!!

 

 

ですが、起業家である私たちは、

当然、ただご縁を繋げば言い訳ではなく、

しっかりと自分自身が

「何者」で

「誰に」、

「どのように」

お役に立てるのか、

それを改めて

今までの友人、知人に

これからの友人、知人に

お伝えしなければなりません。

 

あなたのサービスや製品を

あなた以上にうまく伝えられる人はいないのです!!

 

 

わかりますね??

 

 

あなたのことを再度、「認知」してもらうために

必要なこと、

 

それは

 

3秒で共感し15秒で仕事が取れるセルフプロモーション!!

 

 

私たちの頭は、Google検索と同じ。

Google検索では正しい検索結果を出したければ、

正しい検索ワードを入力しなければなりませんよね?!

 

お客様の頭の中でも、

インターネットのように、

常日頃からお客さまが抱えてる

 

「悩み」

「不安」

「欲」

 

が渦巻いています!

 

 

そうです!

それらの「問題」にヒットする、

まさにビンゴ!な検索ワードを投げかければ

お客さまはすぐにあなたに気がつくのです。

 

 

が、しかし。

あなたがお客さまの不安、不満、欲に

ぐさりとささる検索ワードを

なげかけなければ・・・・

残念ながら、お客さまがあなたに気がつくことはありません。

 

 

あなたの友人、知人の中にも

あなたのサービスや製品を必要としている方は大勢います。

 

 

クリスマス・カードや年賀状(年賀カード)で

既存のお客様にご挨拶をするでしょう。

 

 

年末年始にはあなたも忘年会や新年会に、

きっと顔を出されることと思います。

 

 

ぜひ、お客さまの不安、不満、欲に突き刺さる

3秒で共感し、15秒でシゴトができるセルフプロモーション

用意しましょう。

 

APAホテル元谷拓氏が語る!3秒で覚えてもらい、選ばれる一流の自己紹介

以前、APA ホテルの代表取締役専務 元谷拓氏の講演を聞きに行ったときのこと。

「僕は3秒自己紹介を心掛けているんですよ。」

元谷さんは、最大限に頭を使い、新しく出会う方々に覚えてもらう工夫をされていたのです。

元谷さんによると自己紹介をして、「なんなんだ、この人?」と思われる人が「勝ち」であり、元谷さんご自身も、「なんなんだ、この人」と思われることを意識しているそう。

普通の社会人であれば、名刺交換する機会って、結構ある。

でも、自己紹介をして、いただいた名刺を後で確認しても、「これって誰だっけ?」と思い出せない場合も、多い、ですよね?

だからこそ元谷さんは、自己紹介の際に、自分をきちんと現すキャッチコピーをつけるなどして、『なんなんだ、この人?』と思われるよう演出をされるワケです。

あのAPA ホテルの代表取締役専務の元谷さんが、それくらいの努力をしている。

元谷さんは本来ならば、自己紹介などで『なんなんだ、この人は?』と演出しなくても覚えてもらえる方。

そして恐らくは、元谷さんと名刺交換をしたい参加者に取り囲まれる立場でしょう。

でも。

元谷さんを取り囲む側の人たちは自己紹介においての工夫がないのです。

ただでさえ、1人 対 大勢の場合、1人の方は名前を覚えづらい。

新しい場所で自分だけが、周りの人の名前を知らない。

そんなとき、名前を覚えるのに苦労するということ、あなたにも分かりますよね?!

なのに、「自分が知り合いたい!」と思う人に、ほとんどの方は自分を覚えてもらう努力をしない、のです。

元谷さんのように日々いろいろな方と名刺交換をされる方からすれば、名刺交換をする星の数ほどの人々を全部覚えていることなど、到底無理!!

言ってしまえば、講演会のように不特定多数の人と会う場合なんて、な・お・さ・ら!!

 

普通に有名な方が自己紹介の工夫をし、その他大勢になってしまいがちな方が覚えてもらえる工夫をしない。

さて、あなたの自己紹介はどうですか?

3秒で覚えてもらえる自信、ありますか?

<まとめ>

「覚えてもらわにゃ、選択肢にも入れない!」

 

 

 

 

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 【起業家PR法】普通の会社員が、起業初月から月商150万円をいただけるようになった「お客様の買いたい気持ちをかきたてろ!」予約獲得仕込み戦略