1. TOP
  2. 売る物を作る
  3. どうしてあなたが出版できるの?

どうしてあなたが出版できるの?

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

先日、いつもお世話になっている学研の遠藤励起編集長とお会いしてきました。

 

遠藤編集長とお会いしたのは2009年。

 

 

某出版セミナーにて、

講師としていらっしゃっていて、

私の「35歳までに天職を探す『転職』の教科書」

手がけてくれたのが遠藤編集長なのです。

 

 

それ以来、遠藤編集長にはよくしてもらっていて

今回も久しぶりに打ち合わせを兼ねて

お会いして来たのです。

 

 

遠藤編集長の話は

変なビジネスセミナーの講師よりもずっとずっと面白く

ためになるのですが、

今回、遠藤編集長の話の中で、私が驚愕したエピソードがありました。

 

 

遠藤編集長がこうおっしゃるのです。

 

「この前、とある出版セミナーに呼ばれて行ったんだけど、

 受講生がとんでもないこと言うんだよ〜。」

 

さて、みなさん、答えはなんだと思います?

 

 

A. 僕は何を書いたらいいんですか?

B. 書くことがありません。

C. 書く内容を教えてください。

 

 

はい。

 

正解はすべて、です。

 

 

 

超ビックリじゃないですか?

 

 

「なんでこの人達、

 お金払って出版セミナーに来てるワケ?」

 

 

正直、そう思われたそうです。

 

 

いや、確かに私もそう思います。

 

 

だってこれって、

やりたいこともないのに

起業するって言うのと全く同じことですよね?!

 

 

ですが、こういう話って

結構よく聞く話なのです。

 

 

誤解を恐れず言うならば、

こう言うお客様、

(すなわち、

お金を払えばなんとかしてもらえるのだろうと思う方

本当に増えています。

 

 

だから私は本当に思うのです。

 

 

日本は不景気じゃないって。

※ 皮肉です。

 

 

もしかして、みなさん、この話を読んで怒っています?!

 

 

「ぼったくり」?

 

 

そう思う人もいるかもしれませんね。

※ ちなみに私のところはお金を払うと言われても、

私が無理と判断した方は参加できません。

 

 

ですが、私は参加者側も悪いと思うのです。

 

 

理由ですか?

 

 

だって、やらないんですから。

 

 

私自身、今までさまざまなセミナーに参加してきましたが、

全く役に立たないセミナーってあまりナイ。

(質の低いセミナーはありますよ、モチロン。)

 

 

どちらかと言うと、

多いのは参加しているだけで安心している参加者の方。

 

 

いいですか、みなさん。

 

 

なにがどうあろうと、

あなたが行動に移さない限り、

あなたは傍観者でしかありません。

 

 

そして傍観者でいる限り、

あなたが得ることのできるものは

 

 

はっきり言って

 

 

 

 

ありません

 

のであしからず。

傍観者をやめた!という方の生の声がコチラにありますs

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 出版は成功への道と思ったら大間違い!?

  • アラフォー女性のための新市場創造に見るロート製薬のポジショニング戦略とは?

  • あなたのビジネスの価値を再構築するキュレーションという考え方

  • あなたのお客様は誰?起業家はお客様に成りきれた人が勝ち!

  • 「とと姉ちゃん」直伝!最高のお客様が泣いて喜ぶ商品とは?

  • 頑張っているのに、売上が思うように上がらないのは集客の問題ではない。