起業相談のタブー!聞いてはいけない「相談相手」とは

私のところへ相談に来る方は、「起業する」また「ビジネスの内容をガラリと変える」など、現状を変えるために必然的に「大きな決断」を迫られることになります。

 

あなたも、もしそんな大きな決断をしなければいけなくなったら、「これでいいのだろうか?」「簡単に決めていいのだろうか?」そんな不安にかられるかもしれませんね。そんなとき、あなただったら、誰に相談しますか?

 

今回の内容では、
1、相談をしてはいけない相手
2、身内の反対を受けたらどうする?
この2点について解説していきましょう。

 

こんにちは、1秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

相談をしてはいけない相手

私は起業以前、ヘッドハンティングのシゴトをしていました。(鉾立のプロフィールはコチラ)

 

私のヘッドハンティング時代の7不思議の一つに「なぜ、素人の意見を聞くのか?」というのがありました。

 

具体的に言うならば、「キャリアアップをする!!」そう心に決めた方が、奥さまや(ご主人や)先輩、後輩や友達の話を聞いて、「やっぱり転職辞めます……」と言うケースがとても多いのです。

 

そんな場合、外国人のヘッドハンターはいつもこう言っていたものです。

 

「ニホンジンハ ナゼ プロデハナイ ヒト ノ アドバイス ヲ キク?」=(翻訳)「日本人はなぜ、素人の意見を聞くのか?」

 

私個人の意見としては、コレは別に日本人に限ったことではないと思っています。なぜなら……。

 

本当は変わりたくない人は、絶対に!!反対してくれるだろう人にアドバイスを求めるから!!!!!

 

例えば、転職するとき。相談するのは転職市場について、絶対まともに知らない人(親、配偶者、友人)に相談します。

 

例えば、起業するとき。同じく、相談するのは、起業についてまともに知らない人、または起業していても成功していない人。

 

更に言うなら、「絶対にコレをやる!」そう決心している人は、特に人のアドバイスなど必要としていないものです。(というか、自分に必要なモノくらい、自分で判断できるでしょう?)

 

そしてもし、アドバイスを求めるのなら……自分の行きたい道で成功している専門家にアドバイスを聞く。

 

 

そう言う理由で、ヘッドハンティングをやっている時から、私は、「誰かに相談して決めたい」そんな方たちの成功確率を0%として、見積もるようになりました。

 

あなたが前に進む時、相談するのは誰ですか?

 

「アドバイスが必要ならプロに聞け!!」

 

説得するにはまずは条件を整えよう!

あまり知られていないと思いますが、ヘッドハンターが転職希望者に確認する質問の一つに「奥さんは転職に賛成されていますか?」と言うのがあります。もし、その転職候補者の答えが「妻にはまだ話していません」だったら、まず転職活動をする前に奥さんときちんと話をしてから出直して来てもらいます。

 

人材業界の人間からすると笑い話にもならないのですが、転職辞退が起こる一番の理由は「奥さんの反対」これが一番多いのです。一生懸命、転職先を紹介して面接を通過し、採用通知をもらっても、奥さんの反対ですべてがパーになる。だからこそ、転職候補者には一番最初に奥さんを説得するようお話しするのです。

 

でも、これって冷静に考えれば当然のプロセスだと思いませんか? さて、今日、これと全く同じ様なケースに遭遇しました。

 

「会社に勤務しているので、顔も名前も表に出せない」
→ 何者か全くワカラナイのに、お客様はきませんよ~!

 

「ご主人は起業に賛成はしてるけれど、子育てをサポートしてくれる訳ではない」
→ お子さんはまだ4歳と6歳です。

 

「(子供の面倒を見てくれる)祖父母は起業に反対してる」
→ 起業したら激怒されるのでは?

 

まだまだありました。そしてこれは一人の女性のケースです。彼女は、これだけ問題があっても、「やりたいと言う気持ちがあれば、いいのではないでしょうか?」そう言ってきました。

 

そんな彼女に私はひと言。「起業について私と話し合うのは、これらの問題をすべて片付けてからにしましょう」

 

確かに、「やりたい!」そういう想いは大事。でも、「やりたい!」からと言って誰もがアイドルになれるワケでも誰もがプロのサッカー選手になれるワケでもありません。

 

まず自分自身がすべてをやり遂げる「覚悟」と自分の周りの人達を説得する「パワー」!それらが絶対に必要だと私は思います。(それでもアイドルになれるかはわかりませんが……。)

 

なぜなら、あなたの前にお客様が現れ出したら、「子供が病気なので今日の講座は休みです」、「主人が出張で家を空けることができなくて……」、「おばあちゃんたちが子供の面倒を見てくれなくて……」、などと言い訳をすることはできないのです。

 

まず起業しようと思ったらまずあなたの周りの反対勢力のサポートをとりつけましょう。時がたてばわかってくれる。シゴトがうまく行ったら、協力してくれる。そんなことは期待したって起こりません。

 

まず大事なことは、あなた自身が彼らにしっかりと向き合い、説得、できたら納得してもらえるよう全力を尽くすこと。ぜひ頭に叩き込んでください!!

 

反対する人が現れたら「吉」

今の師匠と巡り会う前、私が自己啓発やビジネスセミナーに、約1,500万円ほど費やして来た「セミナージプシー」でした。師匠と会う前、私ははっきり言って悩んでいました。

 

どうしたら起業できるのか、どうしたら自分でシゴトを取れるようになるのか、全くわからなかったからです。そして、そうやって悩んでいる間にも、いくつか「ビジネスセミナー」と銘打っているトコロには顔を出していました。

 

そして実際、それらのセミナーの先生たちにも悩みを相談していたのですが、起業の第一歩への答えをもらえることは一切ありませんでした。

 

「本を出しても、プレゼンができてもシゴトは取れない!一体どうすれば……?」

 

そんな時に出会ったのが、今の師匠だったのです。2010年10月に師匠と出会ってからと言うもの、起業するための具体案をしっかりと学び、実践し、結果があがるようになり、起業初月で150万円の売上を上げた!

 

ですが、面白いことはここから起こり始めました。今までの先生たちが師匠のやり方に猛反対してきたのです。

 

「そんなやり方ではうまく行かない!」「すぐダメになるから辞めなさい!」「そんなモノが売れるはずがない!!」などなど。

 

「今まで、私が相談した時には、答えてくれなかったのに……」

 

そう思った瞬間でした。

 

私はセミナージプシーだったとはいえ、起業できなかっただけで、すべて払った金額以上の基は取っている。そう自負しています。そして何より、今の私があるのは、それらの先生が育ててくださったからと言うことも、シッカリと認識していました。だから今までの先生たちにもとても感謝していましたし、仲良くさせてもらいたかった。ですが、師匠と私のやり方を全否定する……。(自分たちは私の質問には答えてくれなかったのにね?!)

 

そんなワケで。私はそれらの先生たちに相談することを一切止め、結果、今、月収850万円を稼ぐことができるようになった、というワケ。(ちなみに、以前の先生たちが私に言って来た様な問題は一切起きませんでした(苦笑))

 

もしあなたがまっすぐに目標を見据え、本当の起業家となるべく努力を重ねる人だったならば……。今のうちから。この身内の反対は覚悟しておきましょう。

 

あなたに芽が出だした瞬間に多くの人、特に、あなたが応援してくれると思っている人々が、あなたに猛反対攻撃を仕掛けてきます。ツライかもしれません。動揺するかもしれません。

 

でも安心してください。こういう状況になると言うことは、確実にあなたは正しい道を歩んでいると言うこと。そしてこれは、「あなたにとって本当に大切な人は誰なのか?」を選り分けるテストでもありますし、

 

 

これらの方々は、そう言う形で、あなたの覚悟が強固になるように応援してくれているのです!!

 

例えて言うならこうです。ロケットは大気圏突破まで、ロケットそのものより大きなエンジンと共に進みますね。でも、一旦、大気圏を超えてしまえば、エンジンは切り離される。そんなイメージです。あなたが前に進めるように、もっと加速できるように、彼らはあなたのエンジンになってくれているのです。

 

だから、これから「自らが豊かとなり、且つ多くの関わる起業家を豊かにできる」そんな起業家になるという志あるアナタだからこそ、知っていてほしい。

 

あなたが加速すればするほど、多くの障害が現れます。でも、それらはすべてあなたを応援するためのモノ!時期が来れば、離れなければならないロケットのエンジンなのです

 

あなたの起業家としての「意地」と「覚悟」を強固にしていくために、彼らは心を鬼にしてあなたを「応援」しているだけのこと。ぜひそれを心に留めて、精一杯ガンバッテ下さい!!

 

「今までの友人や大切な人からの反対」

 

それが成長のサインです(^_-)-☆

 

「例え世界中が反対してもやりたいこと。それが本当の『やりたいこと』」なのです!

 

 

もし、家族の反対にあったときは。

私の受講生のUさんからとても嬉しい感想をもらいました。(息子さんの話なので、イニシャルにしています。)プライバシーのこともあるので、詳しくは書きませんが、Uさんのご主人と息子さんは、息子さんの進路のことで対立しているそうで、息子さんはお父さんからの反対に悔しがっているとのこと。

 

そんなとき私のメルマガが、Uさんと息子さんのサポートになることができたようです。Uさんからの感想をぜひお読み下さい。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お父さんに何か言われて「カッ」として喧嘩するのと、その専門学校に行くことを天秤にかけたらどちらが大切なのか? お父さんに何を言われても挑発に乗らずに我慢するくらい、大したことないんじゃないの?

 

この先の「壁」のための予行練習だよと言い、お母さんの尊敬している先生が書いてくれたメルマガだからと言って、先生のメルマガを(息子さんに)読んで聞かせました。泣きながら聞いていました。

 

その後「ちょっと考える」と言い、やっぱり絶対に行きたいから(お父さんに)何を言われても、我慢できると言いに来ました。まだまだもめそうですが、先生のメルマガ、とても本人に響いたようです。「携帯メールに転送してくれ」と言われたくらいです。どうもありがとうございました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
進路については、私も両親とひどくケンカしました。だからこそ、思うのです。絶対に反対する相手から、自分の欲しいモノを勝ち取るために必要なこと。

 

それは、第一に「覚悟」を見せること。相手の挑発に乗らない。相手にどんなに無理難題を突きつけられても、やり遂げる。言い訳せずに、自分の欲しいモノに向かって歩き始める。

 

あなたが何をされても自分の道を貫き通したとき、あなたの敵はきっと一番の味方に変わります。あんなに反対してたのに!!そうあなたが驚くほどに、敵の態度が変わります。だからこそ、Uさんの息子さんにはエールを送りたいと思います。

 

お父さんは、最大の応援団だからこそ、今、あなたにチャレンジしてる。父を乗り越えても、また次のカベが出てくる。だから今、わざわざ難関を創ってくれてる。そう信じて、まずは人生と言う大きな海に乗り出してもらいたいな、と思います。

 

 

Uさんの息子さん、人生は楽しいぞ!

 

家族の「反対」に打ち勝った良い成功例

 

Uさんと息子さんのその後のお話です。「覚悟」が決まると早いらしく、しばらくするとUさんから新たなお礼のメールが届きました。Uさんからのメールはコチラから

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

長男の進路問題無事解決することができました!

先生のメールに励まされ、後押ししていただき、今日、(息子さんが)自分の将来に向けての「覚悟」と「本気」を夫にプレゼンしました!夫と私(Uさん)は密に話していたので、(夫は息子が話に来るのを)知っていましたが、「こうやってきちんと覚悟と本気を見せてくれるのを待っていた」と言ってました。

長男自身も、簡単に賛成されたら、それに甘えてしまい辛いことがあった時に簡単にやめてしまうこともあると思うと言っていました。必死に反対されている理由を、賛成してもらう理由に変えるにはどうしたらいいのか?自分自身の頭で考え、どうやったら父親に並ならぬ覚悟があるから、やらせて欲しいということを伝えられるのか?ここをきちんと整理して、父親に伝えられなければ、どこの世界でも通用しないのは、今の私が一番良くわかっています。

「壁」は、実は自分が勝手に「壁」だと思い込んでいるだけで「壁」ではない

ということに気づいたようです。先生からのメルマガにもありましたから。そして、どんなに大変の状況でも必ず、ひっくり返すチャンスはあるということも学べたようです。私も学びました。簡単ですが、先生のメールのお言葉に親子して救われたことに感謝しています。

どうもありがとうございました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

これって、起業家、またはこれから起業しようとしている人にも、まるまる当てはまると思うのです。

 

私がUSPプロデューサーとして、起業家、そして起業候補者のプロデュースをスタートして、約1年半。この間にやはり、いつも、あるパターンを目撃してきました。それは、起業志望者が活動し始めると、ほぼ100%確実に!周りの反対にあう!!と言うもの。

 

そして、その周りの反応に対して立ち向かう人と「周りが反対するから・・・。」、とすごすごと「起業すること」をあきらめてしまう人と真っ二つに別れるのです。

 

この二者の大きな違い、それは、「どうやったら納得してもらえる?」考えるか否か。前者は一生懸命、納得してもらえるよう考える。そして最後に、納得してもらえなければ、その反対する人達からはなれる「覚悟」すらある。

 

一方で後者は、ただ「わかってくれない相手が悪い」とグチるばかりで、相手にわかってもらう努力もしない。そして更に悪いことに、グチる割には離れる覚悟もないのです。

 

でも、どちらにしても。なににチャレンジするにせよ、新しいことにチャレンジすること、それは周囲との摩擦を伴う、といういい例だと思います。

 

摩擦を嫌って、「人の期待する人生」を歩むのか?

摩擦を乗り越えてでも、「自分の想う人生」歩むのか?

 

あなたはどちらの人生を歩みますか?

 

「自分の想う人生を歩む!」と決められた方は、ぜひ以下からテキストを受け取ってください。必ず役に立つ起業必携テキストをまとめました!▼

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG