1. TOP
  2. お客様の声一覧
  3. 『The SUMMIT』感想
  4. 稼げない子持ちのスタイリストが、独立し、すぐに今まで以上の月収を稼げる具体策を手にすることができた理由とは?

稼げない子持ちのスタイリストが、独立し、すぐに今まで以上の月収を稼げる具体策を手にすることができた理由とは?

「どうしても今年中にビジネスで成果を出したい」

こんにちは!鉾立由紀(ほこたて ゆき)です。

今日ご紹介するのは、イメージブランディングディレクター 谷内瞳さん

実は、谷内さんは1歳のお子さんがいらっしゃるにも関わらず、

「パーソナルスタイリストとしての視点を変えたい」

「稼げるオンリーワンのビジネスを創り上げたい!」

と心の底から溢れ出てくるアツい想いを堰き止めることができずに、私の個別相談にお申し込みされたの方!

今回の記事では、どのように谷内さんが私と出会い、なにを感じ、私の個別相談に申し込みされたのか?そして、個別相談でなにを感じ、私のプロデュースを受けることとなったのかについて、谷内さん自身の言葉で表現してもらっています。

特に小さなお子さんがいらっしゃる方で個別相談を検討されていらっしゃる方、この谷内さんのプロ根性、ぜひ参考にされてください(^^)

 

 

USPプロデューサー 鉾立との出会い

イメージブランディングディレクター
谷内瞳さん

やる気は人一倍ある、あきらめない覚悟もある、でもどうやってビジネスを組み立てていいのか分からない。

毎日収入に繋がらない仕事ばかりで悔しい思いでいっぱいでした。

そんな時フェイスブックに突然現れたのが鉾立さんのFacebook広告でした。

正直、集客やビジネス戦略のコンサルタントが世に溢れすぎていて、最初は「よくあるタイプのやつでしょ」と上から見ていました。

ただ起業塾で少し学んだことがある経験からUSPが大切なことだけは知っていました

だからこそ、「USPプロデューサー」というその肩書きに少し興味をそそられ、私は鉾立さんのことを気にするようになったのです。

「必ず今年中に年商1200万円行く!!」と家族に公言したはいいものの、既にもう3か月が過ぎようとしていていて今何かを踏み出さないと、確実な成果は出せないと焦っていました。時間は有限だからきちんと期限を決めなければ実現はしない・・・。

自分に何かプラスになるかもしれないという安易な理由でまずは鉾立さんのメルマガに登録してみたのです。

ビジネスで成果を上げるための方法であれば何時間でも没頭できる私は、毎日届くメルマガが次第に楽しみの1つになっていました。

「実績やプロデュース事例がすごいある!!」

「自分だけのオリジナルビジネスの提案をしてくれるのか!」など暇さえあれば鉾立さんの実績やプロデュース例を調べるようになっていた。

ただ今まで自己投資をたくさんしてきたし、お金も底をついている。

起業コミュニティにも所属しているし簡単にやめるわけにはいかない。

でも寝る間も惜しんで鉾立さんの記事やメルマガを見る日が続き、どうしてもこのままスルーするわけにはいかないという気持ちが芽生えたのだ。

「私は必ず今年中に成果を出すんだ」

「そのために自分ができることはチャレンジしあきらめないと決めているんだ」

「人生は一度きり、失敗したっていい、私は命を燃やして没頭できる仕事がしたい!!」

「そしてそのためには、鉾立さんに・・・会いたい!!」

・・・と既に気持ちがスタートラインに立っていました。

 

 

鉾立さんの個別相談に申し込むまでにいろいろな葛藤がありました・・・。

今までプロのスタイリストとして独立し、12年間自分なりに一生懸命がんばってきました。

だけれど、今日仕事があっても1週間先が見えないという毎日に不安とプレッシャーを抱えたまま営業を続ける日々。

来る日も来る日も不安ばかり。「ぜひまたご一緒させてください」何度その言葉を言ったことか。

空いている日はアルバイトを入れ、スケジュールをぎゅうぎゅうに詰めることで不安を埋めていました。

「こうやったら必ずうまくいくよ」というビジネスモデルがあれば絶対に成果を出せるのに、と分かっていながらも自分で切り開いていく道を模索していたのです。

今まで幾度となく転職を繰り返し、資格も取り、その都度やりたいビジネスも職種も変わり中途半端で自分を見失っていた時に「私これでプロになりたい!!」と強く強く心が動いた職業がスタイリストでした。

「あきらめない」「やめない」「絶対やる」

スタイリストになると決めた時、私の心は決まりました。

どんなに寝れない日が続いても師匠にクビ宣言されてもあきらめることはありませんでした。

だから大変なアシスタント時代も乗り越え、スタイリストになることができたのです。

・・・そんな経緯もあり、あきらめない精神と熱い想いさえ忘れなければどんな大変な壁だって超えられることだけは知っていました

だから私はやる!必ず今年中に成果を出す!そう決めたのです。

 

 

「早く鉾立さんに会いたい!!」そう決めてからの私の行動

「早く鉾立さんに会いたい」

そう決めてから個別相談までの行動は早かったです。

夫に時間を作ってもらい、私のビジネスに対する今の想いと鉾立さんが主宰する起業家育成プログラム「The SUMMIT」にチャレンジしたいことを告げると、「全力で応援する」「その想いを聞いて俺も嬉しくなった」と最高の言葉をくれなぜか夫婦で泣いたのを覚えています。

今入っている起業家コミュニティも辞める決断をし、既存の仕事をすべて失ってもいいという気持ちになり確実に優先順位が1位になり魂が震えた感覚を覚えました。

 

 

鉾立さんとの個別相談での印象

鉾立さんの第一印象は「強く芯がしっかり持っている女性」でした。

きちんとこちらの緊張も読み取り、自然にフォローしてくれる心配りができる人だなと。

色々な覚悟を決めてきた私はそのことを伝えると、鉾立さんは私のオリジナルの企画骨子なるものを作って見せてくれました。

そのオリジナルの企画骨子を見せてもらい、私は感動したのと同時に、これでやっと私のビジネスが成功につながるんだと思ったのです。そして、その安堵感から自然と涙が溢れたことを今でもはっきりと覚えいています。

自分だけのオリジナルのビジネスの提案など他人にしてもらうなんて考えてもいなかったから本当に感動でした。

鉾立さんは惜しみなく自分のビジネスをきちんと提示してくれる。

どうやったらいいのかの土台を作ってくれる。

そしてきっとその人が最も喜ぶであろうビジネス提案をしてくれる。

既に成功しているからこそ相手の立場を考え新しい未来を導いてあげると、使命感を持って生きていて素敵だなと思いました。

もちろん、鉾立さんのプロデュースを受ければ成功するということでは決してありません。

成果をあげるために、どれだけ自分が本気で向き合えるのか、そして実践するのかが一番重要だということは十分承知の上で言います。

ですが、私は鉾立さんの個別相談を通して、私の新しい未来をはっきりと見ることができました。

そんな希望の光をくれた鉾立さんに、

「私は8ヶ月間、本気中の本気でついていこう!」

そう決断し、鉾立さんの主宰する起業家育成プログラム「The SUMMIT」参加を決意したのです。

これからどんな課題の山が押し寄せてくるのか、変な話ですがワクワクして仕方がありません!!

この出会いを無駄にしないよう全力でチャレンジしていきます!!

見ていてください(^^)

▲▲ 谷内さんの感想はここまで ▲▲

個別相談に来られた時の谷内さんは、やる気でみなぎっていました。

仕事をやりたい、もっともっと大きな収入をこの手で得たい!!

でも、スタイリストとして長年やってきているにも関わらず、大きな収入につなげることができず、もがき苦しんでいたのです。

そのため、なぜ日本のスタイリストがなかなか仕事にありつけないのか?そして、仕事にありつけたとしても、労働集約型のビジネスになってしまうのか?それらの説明をさせていただきました。

そういう時というのは、個別相談に来られている方々全てにとって、最高に耳の痛い瞬間だと思うのです。

なぜなら、今まで自分が一生懸命やってきたことを、ほぼまるっと全否定されるわけですから。

・・・ですが、谷内さんはしっかりと耳を傾け、自分の起業家人生を変えると心に決めて、向かい合ってくれました。

私は、個別相談を、私がみなさんに「ああしろ、こうしろ」と伝える場所だとは思っていません。

なんらかの強い想いがある。

だけど、それを具現化する方法がワカラナイ・・・。

そんな1人起業家の方々に、カタヤブリなUSPを創り上げ、唯一無二のポジションにおいて、圧倒的な勝利を手にすることができるビジネスを、共に創り上げる場所。

それが私の個別相談です。

谷内さんは、そのことを理解した上で、私が提案したオリジナルビジネスの企画骨子を「形にする!」と決断されたのです!

今、谷内さんは、すでに最初の売上もあげて、さらなる加速に向けてアクセルを踏み込んでいます!

これからの谷内さんの活躍、ぜひぜひ楽しみにしていてください!



\モノガタリ✕ワークの起業家必読書/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 1人のショコラティエが日本のお菓子業界を変えた、スイーツプロフェッサー川路さとみさん

  • ビジネスとはお客様の問題解決のためであって、あなたのやりたいことでも、できることでもない。マインドブロックバスター勝亦裕美さん

  • 薬剤師から脱却し、自分だけのオリジナル漢方ビジネスを創造すると決断した30代OLの事例

  • 「固定費がかさんで、自転車操業になってる?」そう気がついた幼児教育の専門家が手にした差別化戦略とは?

  • 参加費の10倍以上の価値はありました スマホ集客コンサルタント 田中祐一さん

  • ただのボイストレーナーから月商7桁を達成した事例。ただのボイスレッスンではない、講座を創り上げました