1. TOP
  2. お客様の声一覧
  3. 「起業志望の私でも、新らしい着物ビジネスをスタートできる!」それくらい鉾立さんの個別相談はわかりやすく、シンプルでした!【着物販売員の方の感想】

「起業志望の私でも、新らしい着物ビジネスをスタートできる!」それくらい鉾立さんの個別相談はわかりやすく、シンプルでした!【着物販売員の方の感想】

こんにちは!鉾立由紀(ほこたて ゆき)です。

今日のブログでは、和装美人プロデューサー 菊地友香さんをご紹介します。

菊地さんは、私の個別相談に申し込まれた時、普通に着物の販売員として働いていました。そしてパソコンも持っていない。そんな平凡な女性でした。

ですが、心の底に、大きな野望を持っている。

そんな目をして、私の個別相談を受けられたのです。

今日のブログで紹介する菊地さんの感想は、今、自分のこれからのことを悩んでいらっしゃる起業志望者の方の参考になると確信しています。

ぜひ参考にされてください!

 

 

USPプロデューサー 鉾立さんとの出会い

和装美人プロデューサー
菊地友香さん

私が鉾立さんをはじめて知ったのは、スマートフォンでネットサーフィンをしていた時に、着物に関することで起業した方のことが載っているブログ記事を見たのがきっかけでした。

現在私はある呉服店にて着物の販売員として働いています。日々、着物を販売して行く中でお客様と接しているうちに、

「どんな場所にどんな着物のコーディネートをしたらいいのか分からない

「着付けや、着物を着るときの補正の仕方がわからない

「着物を着ているときのヘアスタイルをどうしたらいいのかわからない

「着物を着ていく機会がない

など、着物を楽しみたいのに、どうしていいのかわからない、そんな様々なお悩みをお持ちのお客様がたくさんいらっしゃることに気づきました。

そもそも私が着物の販売という職業に就いた理由は、着付け教室で学んだ着付けを忘れないように毎日着物を着る仕事をしたいという若干不純な動機と、大好きな着物のことを詳しく知ることができる!という考えからでした。

実際に働いてみて分かったことは、私のように普段から着物を着ている方は一般的には少ない上、着物を購入されてもなかなか着る機会がなくいわゆるタンスの肥やしになってしまうこと。

当然、販売員の私としては、お客様のライフスタイルに合う着物をご提案し気に入ってもらえたら購入していただく、というのが仕事になります。

ですが、たとえ気に入って購入していただいたとしても着ていただけなければ意味は無く、着物を着ることによって感じる非日常感や感動などをちゃんと知ってもらえたら、という想いが数年前から自分の中で育っていたのです。

着物を着て出かけると、いつもとは違う経験を味わうことができたり、まわりの景色が違って見えたりと良いことがたくさんあります。

もっと着物を着る人を増やして、その方達の悩みを解決できるような仕事で起業をしたい!と思っているときに鉾立さんのPDFレポートの存在を知りました。

 

 

鉾立さんのPDFレポート「The USP II」で学んだこと

漠然と個人で起業したいと思っていたド素人の私が読んでも、本当にシンプルでわかりやすい内容でしかも無駄がない。

「The USP II」を読んで一番興味を引かれたのは「マーケティングの理想は営業を不要にすること」という言葉です。

まさに今の仕事が販売という名の営業のようなものなので、この営業を不要にするという言葉にまず魅力を感じました。

着物の催事などがあるたびにお客様に電話でお誘いし、なんとか来場していただけるように魅力をお伝えするのはかなりの時間と労力がかかりますし、何度もお電話をかけてしまうのでお客様へのストレスにもなります。

そんな営業がなくなり、お客様の方から来ていただくようになるというのは本当に理想的だと思いました。

また、自分が組み込まれなくても売り上げをあげるための「継承」という仕組みにも興味があったので、これは実際に鉾立さんのお話を聞いた方が早いと思い、無料の個別相談の申し込みをすることにしました。

でも正直この時はまだ、営業を不要にするという仕組みと継承の仕組みを聞いてみて、起業するためのビジネスプランを自分で組み立てて見ようかな~くらいの気持ちだったのです

(後々、自分の浅はかさを後悔することになるのですが・・・。)。

 

 

個別相談でお会いした鉾立さんは『小さな巨人』でした!

PDFレポート「The USP II」には鉾立さんの写真も載っていましたし、これをこうすればうまくいくとはっきり言い切ったりする口調から、スラッとして大柄な方を想像してましたが、実際にお会いした鉾立さんは想像よりも小柄な方でした。

ですが、お話を聞いているうちにすぐに、『小さな巨人』(すみません。。)だと思い知らされることになりました。

勢いで無料の個別相談申し込みはしたものの、パソコンも持っておらず、スマートフォンも満足に使いこなせない、またセミナーなどにも参加したことのない私は、初めてのことに緊張していたので、鉾立さんからしたら変なチンチクリンが来たなと思われたかも知れません。

そんな私にも優しく、わかりやすく説明してくださって、しかも話す内容全て一貫してブレていないので、この人は信用できる!と思いました。

さらに、ここまで教えてくれて大丈夫なのかなというくらいビジネス内容の提案をしてくださったりと期待以上のことをしていただけるので、無料で相談に来ているのが申し訳なく感じるほどでした。

 

 

個別相談で印象に残ったエピソード

特に、個別相談でのお話のなかで、

「今私がTシャツにジーンズのラフな格好でエベレスト行って来ます!と言ったらどうします?全力で止めますよね?それと同じで起業するにも準備が絶対的に必要です」

というような内容がありました。

確かに!!何も準備していなければすぐに命を落とす危険大です。

しかもこれから起業しようとしている方にとって、起業は初めての経験なので、より一層、しっかりと準備する必要があるということもおっしゃっていました。

やはり一人起業家として、長くやっていくことは簡単ではなく、準備と覚悟が必要なのはお話の中で知ることができました。

営業を不要にし、最高のお客様に圧倒的に選んでいただけるためには、私の苦手なSNSを使いこなさなければならず、なおかつダブルワークでやっていかなければならないので、きっとラクではありません。

ですが、鉾立さんの仕事への考え方や情報を集める行動を聞いているうちに無意識に心の中で「楽しそう。。」とつぶやいている自分に気がついてしまったのです。

この状況で楽しそう、とつぶやいてしまった自分に驚きましたが、今思えばこの時が鉾立さんの主宰する8ヶ月間の起業家育成プログラム「The SUMMIT」に参加することを決めた瞬間でした。

すぐに申し込んだものの、やはり、怖さもあります。ですが、鉾立さんと出会い、今後の人生を変えるには今しかない!そう思い、絶対にやり抜くと決め、現在、ワークに取り組んでます。

自分のまわりにいるお客様が、早く安心して着物を着ることができ、この着物で良かったと、

幸せな気持ちになっていただけるように、ひとつひとつ慎重に確認しながら準備していきます!

▲▲ 菊地さんの感想はここまで ▲▲

個別相談に来られた時の菊地さんは、着物姿で凛とした姿勢の佇まいが美しい女性でした。

呉服店で販売をしていて、多くの女性の着物の悩みを聞くに連れ、それらの悩みをなんとかしたいと思うけれど、実際問題、何からはじめていいのかワカラナイ・・・。

それが菊地さんの状況だったのです。

ですが、私から菊地さんに提案した企画案をベースに、USP、ポジショニング、そしてシンプルな戦略についてお話していくと・・・、みるみる顔が明るくなっていく!

「それならできそうです!」

そう言って自信を深めてくださいました。

個別相談には、この菊地さんのように、「鉾立にできるなら、私にもできる!」と思い、申し込まれる方が大勢いらっしゃいます。

そして、私も、私にできるのなら、みなさんにもできる。そう力強く思っています。

「鉾立にできるなら、私にもできる!」

「自分にだって、なにかできるはず!!」

そう考える1人起業家の方々に、カタヤブリなUSPを創り上げ、唯一無二のポジションにおいて、圧倒的な勝利を手にすることができるビジネスを、共に創り上げる場所。

それが私の個別相談です。

菊地さんは、そのことを理解した上で、私が提案したオリジナルビジネスの企画骨子を「形にする!」と決断されたのです!

今、菊地さんは、早速、私が提案した新たな一手について勉強中です。

これからの菊地さんの活躍、ぜひぜひ楽しみにしていてください!

モノガタリ✕ワークの無料PDFバイブル「ポジショニングUSP2.0」

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 「考えているだけで先に進まない」、そんな状況を脱却した理学療法士が、個別相談で得た答えとは?

  • 【個人経営の鍼灸師の場合】「お客様は神様です」の呪縛から逃れ、自ら価格競争に飛び込まないための3つの原則

  • ビジネスの基本がいかにシンプルか、よくわかりました!

  • 日本の働き方改革に物申す!自分の足で仕事を創る方法がここにあります!【キャリアカウンセラーの感想】

  • 良い写真が撮れて、ホームページさえ作れば「自動的に」お客様から予約が入ると本気で思っていました。

  • 自分の考えていたことは、きっとお客様の役に立てると勝手に思い込んで自己満足をしていたんだなと。考えの甘さを痛感しました。