1. TOP
  2. 起業家精神論
  3. やりきるからこそたどり着く、『点』と『点』が『線』になるときに見える新しいステージ

やりきるからこそたどり着く、『点』と『点』が『線』になるときに見える新しいステージ

こんにちは!鉾立由紀(ほこたて ゆき)です。

先日、起業家の友人と語っていたところ、彼女がこんなふうに言いました。

「最近さ、過去の『点』が一つひとつ繋がって、一本の『線』になってるんだよね〜。

今までやってきたこと全てが、今のシゴトのためにやって来たんだ、と実感すると言うか・・・。」

この意見に私も激しく同感!!

実のところ、私は今までインターンなどもあわせると9回の転職をしています。

その中には会社の倒産による不可抗力なモノもありますが、私のシゴトのパフォーマンスが低くて、リストラになった経験だってあります(笑)(海外でクビになったときは、本当にキツかったですよ!)

確かにサラリーマン時代、私は働くということをかなりナメていました。

ぶっちゃけ、「私が働いてやっている!」くらいに思ってましたから(瀑)!!

ですが、私はいろいろなタイプの会社に所属し、いろいろなタイプの人々と働き、

最後にはヘッドハンターとして、エリートとして結果を出す人たちのリアルな姿を、まざまざと観察させていただく機会に恵まれました。

大学を卒業し、社会人となってはやウン十年。

今まで、

うまく行ったこと、

行かなかったこと、

嬉しかったこと、

悲しかったこと、

様々なことがありましたが、

結果として、真剣に向き合ったものは、すべて今の私のシゴトの役に立っています。

MBA(経営学修士号)を取った経験が、私にダンドリをすることやり遂げるための心の強さをくれました。(そうそう簡単には私の心は折れませんよ!)

海外で5年間暮らした経験が自分の意見をきちんと発信すると言う強みをくれました。

日系/外資系両方の大企業で働いたことで、会社のメカニズムを学び、大企業の存在意義を考えるようになりました。(日系と外資で全く働く人のカラーが違いますしね。)

2000名以上の外資系エリートサラリーマンと500名以上の起業家とお会いしてコンサルティングをする上で、

どんな人が成功し、

どんな人が失敗するのか、

判断することができるようになりました。

まだまだ他にも私ができることはたくさんあります。

自画自賛ではないですが、私の本当の強みは

「やると決めたことをやり抜くこと。」

だからこそ、私の過去にはやりきってから、いらないものとして判断したコト/モノがたくさんある。

やりきっているから、私が「できる」と言うことはかなりの腕前だったりします(笑)

これを自慢だと取る方もいるでしょう。

ですが、私が言いたいのは、「今まで私がやりきった『すべての点』今、『線』となって浮かび上がって来ている」ということ。

私が今まで何もやりきってこなかったら・・・

中途半端で投げ出していたら・・・

おそらく、私が今の様な成果を出すのは無理だったでしょう。

ですが、私は「目標を必達する」

そう捉え、自分自身を鍛える訓練を自分自身の意志でし続けて来た。

欲しいモノを手に入れる努力を惜しまなかった。

その点については、私は自分自身をこれ以上にないほどに誇りに思っていますし、また、自分を『最高限』の自分にするため、これからも努力を続けて行くでしょう。

一つひとつ、自分がなりたい自分になるために。

できることは全部やる。

欲しいモノは手に入れる。

そんな自分だからこそ、今、私の一つひとつの『点』が『線』として繋がって来た。

私はそう確信しています。

あなたは自分の欲しいモノを手に入れるために、真剣に努力していますか?

もししてるなら、たとえ、それで挫折しても大丈夫。

その挫折の経験すらきっとあなたの役に立ちます。

真剣に努力した結果、たとえ、「コレ違うな?!」と思ったとしても、

その努力した経験も、きっとあなたの役に立ちます。

そうです。

結局、自分のやりたいことを手に入れるために、真剣に努力すること。

真剣に楽しむこと。

そのように毎日を過ごすからこそ、『点』と『点』が結びつき、一本の『線』となり、それが『大きな幹』となる。

自分の欲しいモノを手に入れる努力。

あなどれない、ですよ!!

<まとめ>

「点と点を紡ぎ出せ!」

▼ 自分の『線』を見つけたら、自分だけのオリジナル・ビジネスに変えてみましょう!そのためのワークの全てがここにあります!今すぐ無料PDFレポートをダウンロードしてみてくださいね!

▼1人起業で成長する人だけが知っている最強戦略の「物語」を受け取る。▼

 

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 私の夢は、「私の故郷、鹿児島に高校生や大学生がビジネスを学び、実践できる。そんな学校を創る!」こと。

  • 2014年、アナタの変革を実現させる一手とは?

  • ムダな努力はしなくていい!

  • 起業家に必要なのは青写真と勝てるダンドリ戦略です

  • 「勝者と敗者」の近みち VS「傍観者」の行き止まり

  • 繁栄するビジネスの鍵は、他の人もデキルこと