月商100万円稼ぐ起業の仕方5ステップ|事業計画書よりも大切なこと

「起業したいけど、なにからはじめていいのかわかりません……」

この記事を読まれるあなたは、こんなふうに起業の仕方に悩んでいるのではありませんか?

私も今でこそUSPプロデューサーとして、個人起業家の方々のオリジナル・ビジネスをプロデュースしていますが、2011年に起業するまで「起業したいけれど、なにから手をつけていいのかわからない」と露頭に迷う典型的な起業志望者でした。実際、私は起業を考え、様々な起業塾や経営者育成セミナー、ビジネス教材に累計1500万円を自己投資してきたのですが、結果、起業できたかと言うと……全然ダメ。売上など一銭もあがりません。

 

しかし、2010年、私はビジネスの師と出会い、最低限の労力で最大限の成果をあげることが可能となる個人起業の仕組みを知り、年商1億円という大きな売上をあげることができるようになりました。もちろん、その仕組みを使い、私だけでなく、私がプロデュースする起業初心者の方々も、短期間の準備で月商7桁の成果をあげることができています。

 

「起業しよう!」と思って、いざ調べてみると

・開業届の提出
・助成金の手続き
・会社設立
・事業計画書の作成

などの情報が飛び込んできますが、起業する上で「本当に大切なこと」は、これら”型通りの要件”ではありません。

私も会社員だったときは、これらの情報と「努力・根性」があればなんとかなると本気で思っていたのです。しかし、現在のビジネスの師と出会い、私はそれが完全に間違いだったと気がつきました。

まず起業に最も大切なこと、それは、圧倒的な成果をあげている個人起業家(経験者)から、「ビジネス・モデルの選び方」、「結果の出し方」、「失敗した時の立ち直り方」も含めて、生き残るための起業準備の仕方を、事前にまるっと確認することなのです。

 

そのことを知った私は、ビジネスの師の行動を徹底的に観察し、仮説を立て、相談を重ねることで、個人の起業においても、最低限の労力で、お客様の方から「あなたの商品を買いたい!」と圧倒的に選ばれる仕組みを体得しました。そしてその仕組み構築の結果として、個人起業で、スタッフがいない状態であったとしても、月商7桁、8桁を達成することが可能となったのです。

 

この記事では、どうすれば起業初心者が、圧倒的な成果を生み出す選ばれる起業家になることができるのか? その巷の起業の方法論とは一風変わった「圧倒的に成果を出す個人起業家だけが知っている起業の仕方5ステップ」を説明していきます。

圧倒的に成果を出す個人起業家だけが知っている起業の仕方5ステップ

ステップ1. 成果をあげる個人起業家だけが知っている「生き残る起業準備」を学ぶ

ステップ2. 最高のお客様だけを惹き寄せるビジネス構築3つの軸を学ぼう

ステップ3. ビジネスを広めるための戦略を学ぼう

ステップ4. マーケティングの定義を学ぼう

ステップ5. 迷わず、悩まず、考えず、あなたの所にお客様がやってくる、そんな仕組みと仕掛けを学ぼう

早速、これらの5つのステップを見ていきます。

ステップ1. 成果をあげる個人起業家だけが知っている「生き残る起業準備」を学ぼう

早速ですが質問です。

あなたの大切な友人がいきなり「ちょっとエベレストに登ってくる! がんばればなんとかなるでしょ(^^)」と、なんの準備もせずに向かおうとしたら、あなたはどう思いますか?

 

……きっと「止めとけ!」と制止すると思います。

起業志望者や起業初心者の多くは、このいきなり「エベレストに登ってくる!」と主張される方と同じで、何の準備もせずに「がんばればなんとかなる」と考える傾向にあります。この登る山が、あなたの地元の子供や老人も登れるような山であるならば、周到な準備をせずとも、登頂し、降りてくることは可能かもしれません。しかし、それがエベレストなどの場合、準備をせずに登るなど無理ということは誰が考えても明らか、ですね?

 

起業もこれと同じで、大きなスケールで成果を出したいのなら、まず考えておくべきなのは“準備”なのですが、起業初心者は起業の仕方にすら“準備”があるということに気がついていません。

 

もっと単刀直入に言いましょう。

失敗する可能性の高い起業初心者の方は、“登山をする準備”はするのかもしれませんが(時にその準備もせずに飛び込む方もいますが)、“生きて帰ってくるための登山準備”は考えていないということなのです。

 

起業の型通りの準備は誰にでもできます。しかし、「個人起業で成果を出し、安定的に継続するビジネスを作りあげるための準備」が、特に個人でビジネスを行う私達には絶対に必要なのです。

では起業家として成果を出すための、生き残る起業準備を説明していきましょう。準備する物は以下の通りです。

<自分の側の準備>

✓自分の目標の明確化(売上、期日)

✓目標達成の期日の設定

✓あなたの目標(または類似の目標)を達成したことがある方をリサーチ。

あなたと同じ目標を達成したことがある経験者(専門家)に以下を確認します。

<経験者(専門家)との準備>

✓目標を達成のために準備する物

✓期日までの行動スケジュール

✓ボトルネックになる箇所とその避け方
(※ボトルネックとは「目標達成の妨げとなる要因」のこと)

これらを具体的に説明していきます。

例えば、私が1週間後の夜8時までにカレー1000人分を作るとしましょう(目標明確化と期日の設定)。カレー4人分くらいなら、普通に作ることができても、料理人ではない私にはカレー1000人分などという量をどうやって作ればいいのか皆目検討がつきません。それでは、私はどうするのか?

カレー1000人分を作ることができる人、または作ったことがある人を探し、その方にカレー1000人分の作り方のアドバイスを受けます(経験者、専門家をリサーチの上、確認)

その上で、カレー1000人分を1週間後の夜8時までに作るための「準備する物を確認」します。人参、じゃがいも、玉ねぎ、お肉、お米などの食材に始まって、寸胴の数、炊飯器のサイズに大きさ、果ては1000人分のカレーの準備ができる場所(普通の家では1000人分のカレーなんて作れませんからね)、これらをすべて専門家、または経験者からアドバイスをもらい「スケジュール(作り方の手順)を確認」します。なんと言っても、カレーの食材をきちんと準備しても、好き勝手な手順でやっていては、カレーにはなりえませんし、期限内にカレーを完成させることができません。特に今回は、大量のカレーを作るのですから、大量のカレーを作る手順をプロに確認することは必須事項です。

その上で、カレーを作る上での「ボトルネックになる箇所とその避け方」を確認します。この例で言うなら、カレー1000人分を1週間後の夜8時までに配膳まで終わらせるために、絶対に失敗できない箇所はどこなのかを確認(夜8時までに配膳したかったら、ご飯は絶対に夜7時までには炊けているべき、など)、そして、そんな失敗を犯さないために何をすべきかを、専門家、経験者に確認し、それらのボトルネックで失敗しないように二重、三重の準備を重ねる。

それが成果を出す起業家の生き残る準備なのです。

 

起業する準備をして、起業をするのは誰にでもできます。しかし、私があなたに目指してもらいたいのは、起業して、売上を安定的にあげられる事業を作るための準備なのです。

単なる起業するための準備では、結果を運任せにしてはいけません。生き残るための準備を行い、その上での懸命な努力が必要。それを頭に入れておいてください。

ステップ2. 最高のお客様だけを惹き寄せるビジネス構築3つの考える軸を学ぼう

次は最高のお客様だけを惹き寄せ、ビジネスを実施するためのビジネス構築の3つの考える軸を学びます。実は多くの成果の出ない個人起業家、個人事業主、フリーランスの方は、お客様のお役に立とうという想いから、一生懸命、お客様の「言うことをきいて」しまっています。そしてそうすることで、お客様の「小間使い」的な役割に陥ってしまい、安い価格で長時間働き、やっと生計が立てられるかどうか……、という状態になっているのです。そして、これから起業するあなたには、絶対にこの状態に陥るのを避けるべき……なのはわかりますね?

 

ここで「小間使い」化を避けるために、まずすべての個人起業家が考えるべきなのは「どうすればお客様の方から自分を探してきてくださるか?」、この1点のみ。そして、そんなビジネスを構築するために必要なのが、以下の3つの考える軸。

1「売るモノを創ること」
2「売る場所を創ること」
3「お客様を創ること」

これらがお客様から選ばれるビジネス構築の3つの考える軸となります。

 

私は先程、『多くの成果の出ない個人起業家、個人事業主、フリーランスの方は、お客様のお役に立とうという想いから、一生懸命、お客様の「言うことをきいて」しまっています』と言いました。

このやり方と、「お客様から圧倒的に選ばれるビジネスモデル」の決定的な違い。

 

それは、型破りなUSP(選ばれる理由)を元に、自分の「売るモノを創ること」から始めることなのです。まず自分が圧倒的に誇れ、且つ、お客様から絶対に喜ばれるだろうと自分が自信を持てる商品を作り上げた後、「売る場所を創り(お客様が購入したい時、次にどうすればいいのかがはっきりとわかるように動線を貼っておくということ。ステップ5参照)」、そして「お客様を創って」いきます。

 

これらの2つのビジネスモデルの違いを具体的に見ていきます。

例えば、私が、現在主宰している起業家育成プログラム「The SUMMIT」を創らずに、起業志望者や、自身の事業を改善したいという方々を探していたとしましょう(要するに、誰の何の役に立つ自分なのか、商品なのかを考えずに、ビジネスをはじめるということです)。

このやり方だと「起業したい人、自分の事業を改善したい人なら誰でもいい」というビジネスの仕方になってしまいます。なぜなら、自分で「自分が何屋で、誰の、何の問題を解決するのか?」を決めていないためです。

 

「起業志望者や自分の事業を改善したい人」では曖昧なため、お客様も、具体的に私になにを依頼できるのか? また、なぜ私を選ぶべきなのかがわかりませんから、値切ってくるでしょうし、また私を「小間使い」扱いしてくるでしょう。

 

しかし一方で、今現在私が行っているように、起業家育成プログラム「The SUMMIT」という商品を創って提供していたらどうでしょう? 起業家育成プログラム「The SUMMIT」は、「自分が選ぶ最高のお客様のために、唯一無二のオリジナル商品を作り、圧倒的な成果(月商7桁、8桁)の成果を創る」と決断される起業志望者、起業家の方々のための商品です。

そのように明確な「売るモノを創る」ことで、私自身も、私のプログラム「The SUMMIT」がどなたのお役に立ち、どなたのお役に立てないのかについても、すぐに判断することができます。さらにはその最高のお客様の特性を理解した上で、Facebook、ブログ、メルマガ、PDFレポートを執筆するため、私がお役に立てるお客様は、迷わず、悩まず、考えずに私のところに来てくれますし(売る場所を創ること)、また、それらの情報を配信することで、的確な見込みのお客様に私のことを知っていただくことも可能となります(お客様を創ること)。

 

「誰でもいいから私の商品を買って!」というお客様を追うビジネスモデルから、お客様の方から「その商品を買いたいです!」と言ってきてくださるビジネスモデルへ。

これがお客様から選ばれ、成果を出している起業家の持つビジネス構築の3つの考える軸なのです。

ステップ3. ビジネスを広めるための戦略を学ぼう

ビジネス構築の3つの考える軸を知り、商品創造をベースにお客様にあなたのところに戻ってきてもらうことの大切さを学んだら(これはぜひ私の無料PDFレポート「ポジショニングUSP」で学んでください)、次は効率的に自分の商品を知っていただくための戦略を学びます。

基本的に、私達個人起業家が自分のビジネスを知ってもらうために活用できる戦略は、営業とマーケティングの2つしかありません。しかし、多くの個人起業家の方々が、営業とマーケティングをどこでどのように使ったらいいのかを正しく理解していない……。そして正しく理解していなければ、正しく使いこなせないため、成果につなげることができない……。

 

実は営業もマーケティングも「お客様に価値を提供し、販売する」という意味では、同じ目的を持っています。しかし、これら2つを的確に使い分けることで、得られる成果が圧倒的に違ってくるのです。

ここでは、ビジネスを効率的に広めていくために営業とマーケティングをどう使い分けていけばいいのかについて学んでいきます。

 

まずこれら営業とマーケティングを考える上で、これらをどのような状況で活用すべきかの「考える軸」からお話します。自分の商品をお客様に知ってもらうための戦略選びの基本軸、それは①お客様の数②お客様からいただける売上の額、この2つです。

 

例えば私が、1個1億円ほどもするようなダイヤモンド・ジュエリーを販売するビジネスを個人で行っていたとします。この場合、私がお客様に自分を知っていただくために実施すべき戦略は「営業」です。理由は、その1個1億円ほどもするようなダイヤモンド・ジュエリーを購入するお客様の数は限られており(①お客様の数が少ない)、且つ、お客様からの購買額が圧倒的に高いため(②お客様からいただける売上の額)です。

私がこのダイヤモンドのビジネスを行うのならば、私の商品を喜んで買える世帯を割り出し、どうしたら、直接その方々にお会いでき、且つ、それこそ家族ぐるみの永続する関係を築けるかを徹底的に考えます。奥様やお嬢様からも誕生日や記念日に「鉾立さんのジュエリーがほしい!」と思ってもらえるように、その“限られた数”のお客様との関係構築に命をかけて挑む(笑)でしょう。また人力で1世帯1世帯とお付き合いをしても回りきることができ、且つ、ご成約時に圧倒的な購買額になるからこそ、このタイプのビジネスでは営業を行うことが割にあう、と判断します。

 

一方で、私は今、起業家育成プログラム「The SUMMIT」と言う商品を100万円(税抜)で、お客様に提供しています。しかし、この「The SUMMIT」の受講料100万円は高額に思えるかも知れませんが、年に1回だけ「The SUMMIT」のご成約が決まっても、私の生活は成り立ちませんね?! また、ダイヤモンド・ジュエリーの場合と違い、私の商品がお役に立てる個人起業家、またはこれから起業を考える可能性のある方々などを考えた時、見込みのお客様の数はウン百万人にも及びます。すなわち、①お客様の数は、人力では回りきれないレベルで圧倒的に多く、且つ、②お客様からいただける売上の額は、少ない。そのため、人力以上の拡散力を持つSNS、ブログ、メルマガなどを徹底活用して、多くの起業家、起業志望者の方に知っていただくべくマーケティングを実施するのです。

 

私が起業すると決断した2010年、主婦やシニアの方々は、まだまだガラパゴス携帯を活用していて、パソコンは見ていない状態でした。そのため、私がアメブロやメルマガを通して情報を発信しても、見てくれているのはビジネスマンなど、日常的にパソコンでインターネットを活用し、情報を集めている人々だけだったのです。

しかし、2011年以降、老若男女、本当に多くの方がスマートフォンを手にするようになり、誰もが個人起業家の発信する情報を受け取ることができるようになりました。

以前、SNS、ブログ、メルマガのない時代、私達個人は、自分のビジネスを広めていく方法は、営業するしかありませんでした(以前、化粧品、本、などの訪問販売がありましたね? 訪問販売だったのは、それしか方法がなかったからです)。しかし今、SNS、ブログ、メルマガを誰もが活用し、またそれらを誰もが気軽に閲覧することができる時代となりました。だからこそ、私達、個人起業家は「起業して成功するため必要なのは営業」と短絡的に考えるのではなく、まず以下を考えてみてください。

自分がやってみようと考えているビジネスは、

①お客様の数が多いのか、少ないのか?

②お客様からいただける売上の額は圧倒的に多いのか、少ないのか?

それらを検討した上で、営業戦略を駆使するのか、マーケティング戦略を活用するのか、を考えるようにしていきましょう。考えずに突入すると、刀1本で10万人の戦闘部隊に飛び込むような状態になってしまいかねませんから。

 

ちなみに私のブログ「USPファクトリー®」では、一般の個人の方が唯一無二のビジネスを創り、圧倒的な成果をあげられるための戦略をプロデュースしていますので、基本的にマーケティングを活用する戦略を網羅しています。

ステップ4. マーケティングの定義を学ぼう

「ステップ3.ビジネスを広める戦略を知ろう」でもお話しましたが、私のブログを読んで、圧倒的な成果をあげたい個人起業家、起業初心者のみなさんは、まずなにはなくても、マーケティングを習得することがとても大切になります。

しかし、マーケティングを習得と言われても「マーケティングって、そもそもなにを言っているのだろう?」と思われると思います。実はMBA(経営学修士号)を取得し、そこでマーケティングを学んでいたはずの私も、実際に起業するまで、マーケティングが具体的に何を指しているかよくわかっていなかったのです。

なので、ここではまずマーケティングが一体なにを指しているのか、そこを重点的に理解することにフォーカスしてください。

 

まずはマーケティングの定義からご説明します。私はマーケティングを「欲しい時に、欲しい物を、欲しい人の目の前に“ぽんっ”と置いてあげること」と定義しています。

スタッフのいない個人で働く起業家の私達には、そもそも、お客様宅へご挨拶に伺ったり、お電話でくまなくお電話をかけるような営業活動はできません。

 

ここから先は私の具体例で説明しましょう。私の見込みのお客様は、日本全国のウン百万人の個人起業家、または起業を考える個人起業家予備軍の方々です。本当に数限りなく大勢の方が今は起業を目指していらっしゃるのですが、私も個人で働いているため、その方々1人ひとりにお電話をかけたり、ご挨拶に伺うことはできません。

そのため、私は自分を“人力”ベースの営業活動で知ってもらおうと努めるのではなく、SNS、ブログ、メルマガを通して、見込みのお客様との接触頻度を増やし、私のことを知ってもらっているのです。

SNS、ブログ、メルマガを活用して、1人で何千人、何万人という方々と接触頻度を増やし、お客様に自分のことを知っていただく仕組み。この考え方を体得することで、例え人脈のない起業初心者でも、一気に人脈を増やし、圧倒的な成果を出すことができるのだと覚えておいてください。

ステップ5. 迷わず、悩まず、考えず、あなたの所にお客様がやってくる、そんな仕組みと仕掛けを学ぼう

最後は、お客様との接触頻度を増やした結果、あなたに興味を持ったお客様が、迷わず、悩まず、考えずに、あなたの所に訪れてくれる仕組みと仕掛け「顧客動線ファネル」についてお話します。

まず顧客動線ファネルの説明に入る前に、ここで少し想像してみてください。あなたが、ある商品をネットで買おうとしているのに、見つけられなかったり、どこで買えばいいのかわからなかったとしたら、イラッとしませんか? はっきり言って、私はすぐに(悪気なく)その商品の購入を諦めてしまいます(「あれ? 見つけられない……。ま、いっか」、で終わり)そしてこれが一般的なお客様の姿勢です。たくさんの情報、商品にまみれている現在のお客様は1つの商品に執着しないのです。

しかしせっかく、あなたに興味を持たれたお客様が、こんなに簡単に別のところに行ってしまったら、悔しいですし、また、毎日のマーケティング活動の意味がありません!

そういう訳で、マーケティングのおかげでお客様が自分のビジネスに興味を持ってくれたなら、お客様がそのまま、まっすぐに自分のところに来てくれるように動線を構築することが、とても大切ということなのです。

 

ではここで、「顧客動線ファネル」の解説に入りましょう。

まず言葉の意味から説明します。顧客動線というのは、お客様があなたを知り(露出)、そこからあなたのバックエンド商品(あなたが最終的に購入してもらいたい商品)にたどり着くまでの「順路」のことです。そしてファネルは、日本語で「漏斗(じょうご)」を意味します。

↑ これが「漏斗」です。

要するに、この顧客動線ファネルの一番上「露出」の部分で、広範囲の方々に知られるようにマーケティングを実践。そしてあなたに興味を持ってくださったお客様から、この顧客動線ファネルを、上から下へ

露出(メディア) → 認知(メディア) → 共感(メルマガ) → 信頼(フロントエンド商品) → 教育・契約(個別相談)

の順番で、あなたへの信頼を深めながら、お客様自ら進んできてもらう順路の仕組み、それが顧客動線ファネルです。

しかし、「お客様自ら進んできてもらう順路の仕組み」と言われても、なかなかリアルにイメージができないかもしれません。

なので、ここで、私が実践している顧客動線ファネルの例を見てみましょう。

 

顧客動線ファネルは上から下へお客様が動いてくださる仕組みなので、上位の「露出」から見ていきます。まず、私は私のことをたくさんの方に知ってもらうため、主にFacebook、Facebook広告、YouTube、ブログを活用しています(露出・認知)。そしてそれらの媒体を通じて私と出会った個人起業家、個人起業志望者の方々で、私のコンテンツに興味を持ってくれた方が、PDFレポートに登録し、メルマガを購読されます(共感)。

その上で私のPDFレポート、メルマガを読まれている方対象で、外部の方向けのセミナーを告知し、実施します。セミナーにて参加者の方達がより深く、私の人柄、そしてコンテンツを理解してくれるため、さらにお客様の私への信頼度は高まります。またメルマガを購読している方を中心に外部セミナーを告知することで、メルマガ読者を「えこひいき」でき、さらに信頼が深まるという流れとなるのです。

最後に、私の外部セミナーにご参加の方々へ特別個別相談を案内し(教育)、その上で、その個別相談の内容にお客様に満足していただき、バックエンド商品にご契約。

このように、私が提供する商品に興味を持たれる方々が、悩まず、迷わず、考えずに私の個別相談まで来てくださる順路を、私はしっかりと整えています(私のコンテンツに興味を持ってくださる方に茨の道を歩ませる訳にはいきませんよね?!)

圧倒的な成果を出す個人起業家の方々は、私と同じように、自分の商品に興味を持ったお客様が、真っ直ぐに自分のところに来てくださる仕組みと仕掛けを整えているのです。

まとめ

圧倒的に成果を出す個人起業家だけが知っている起業の仕方5ステップ、最後にもう一度まとめます。

ステップ1. 成果をあげる個人起業家だけが知っている「生き残る起業準備」を学ぶ

ステップ2. 最高のお客様だけを惹き寄せるビジネス構築3つの軸を学ぼう

ステップ3. ビジネスを広めるための戦略を学ぼう

ステップ4. マーケティングの定義を学ぼう

ステップ5. 迷わず、悩まず、考えず、あなたの所にお客様がやってくる、そんな仕組みと仕掛けを学ぼう

圧倒的な成果をあげる個人起業家の方々は、起業の準備をして、起業に挑むのではありません。起業して、売上を安定的にあげられるための“生き残りの起業準備”をしっかりと行っています。

 

もしあなたが1度売上をあげればいいという“一発屋”起業家でいいのであれば、単なる起業準備で全く問題ありません。

しかし、お客様に長く愛される個人起業家として立つと決断するのなら、できるだけ無駄な労力をかけず、安定的に売上をあげたい、ですね?! だからこそ、この記事でご紹介する5つのステップをぜひしっかり学び取り、圧倒的に成果をあげる個人起業家の方々が行っている“生き残るための起業準備”をしっかり体得してください。

 

個人起業家の成功に、才能はまったく必要ありません。必要なのは、周到な準備、ただそれだけなのですから。

 

「圧倒的に成果を出す個人起業家だけが知っている起業の仕方5ステップ」に従って、なにを準備すべきか理解したら、いよいよ、次はあなただけの唯一無二の空白の市場を創っていきます。ただ今、その市場創造のための「お客様から圧倒的に選ばれる最強戦略」を無料でプレゼントしています! ぜひPDFレポート(3冊シリーズ)、ダウンロードしてみてください▼

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

 

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG