起業は学ぶモノだった!38歳、月収20万円の私が月商7桁を稼げるようになったワケ

この記事を読んでくださるあなたは、もしかすると次のようなことで悩みを抱えているのではないでしょうか?

✓ 会社を独立してがんばっているのに、いつまで経っても下請け状態……。
✓ 長時間働いても、売上は思うようにあがらない……。
✓ 今のまま、いつまで下請けフリーランスとして働き続けられるかわからず不安……。

これらのうちどれか1つ、または、すべてについて悩みなら、ぜひ、以下の物語を最後まで読んでみてください。

この物語では、38歳、月収20万円のフリーランスだった女性が、どのようにして下請けの状態から脱却し、月商7桁を達成しできるビジネスコンサルタントになったのか。そのすべての軌跡をまとめています。

<注釈>
以下にご紹介する物語は事実を元にして書いていますが、個人名等は仮名とさせていただいています。ご了承ください。

起業は学ぶモノだった!38歳、月収20万円の下請けフリーランサーが月商7桁を稼げるようになった物語

私、大島恵子は昨年まで、下請けのグラフィックデザイナーをしていました。

しかし今、グラフィックデザイナーとしての実績、経験を活用しながら、下請けフリーランスを脱却し、月商7桁を達成できるようになりました。もちろん今は、お客様から値下げ交渉をされることもありません。

こんな成果を出すことに成功した私ですが、昨年まではあなたと同じように、働けど働けど、大きな売上につなげることはできず、「いつまでこのような働き方をすればいいのか?」と悩み続けてきました。

当時の私は、ただひたすらがんばれば、いつか報われると懸命に努力を続けてきましたが、何をやっても会社員時代の給料を越えず(いや、むしろ下がり始め)、心身ともに消耗しきっていたのです。

38歳、月収20万円のフリーランスで、八方塞がりの状態だった私が、どのようにして下請けの状態から脱却し、月商7桁を達成するビジネスコンサルタントとなることができたのか?

これからお話する私の物語が、あなたのお役に立つことができれば幸いです。

「独立すれば、どんどん仕事が舞い込んでくる」それは大きな間違いでした。

「また今日も、案件獲得はなし……」

もう何度こう思いながら眠りにつくのだろう……。私がデザイナーとして独立して、もうかれこれ5年になる。

独立前、いくつかの会社で、デザイナーとして経験、実績を積んできた。そしてそれらの会社の中での私のデザイナーとしての評価はピカイチだった。そんな経緯で、天狗になった私は、これなら独立できると思ったのだ。

「デザイナー経験も実績も文句なし! よし、私にはできる!!」

起業したら、仕事が次々と舞い込み、嬉しい悲鳴を上げている……。

私はそんな自分を思い描いていた。確かに、仕事は舞い込んできた。だが、それは起業して1人でやっていくと決めた私に対しての前職からの“ご祝儀”のようなものだった。そんな訳で、起業してしばらくしたら、舞い込んで来ていたはずの仕事は激減。そして当然、前職の会社にだってデザイナーはいるのだ。私に頼み続ける理由はない。

起業して1年もした頃、私は起業に対して、大きな誤算をしていたと気がついた。会社に勤めている間はデザインだけしていればいい。だけれど、1人でビジネスをやるとなると、デザインをするのはもちろんのこと、当然、営業もしなくてはならない。

いくら低価格で無理な納期の依頼を受けていると言っても、納期は納期。納期に間に合わせるために、たった1人ですべてを行うため、徹夜が続く。

そうやって締切に追われて制作物を創っている間にも、新しい案件を見つけなければ、収入を得ることができなくなる。だから、隙間時間を使って、仕事発注サイトのラ○サーズなどに応募も続ける。

しかし、応募はしても、依頼主から選んでもらえる確率は2割ほど。

デザイナーとして、制作物を創れども創れども、眠る時間を削って忙しくなるばかりで、豊かになっていく気配は微塵もない。

私はそんな下請けフリーランスの落とし穴にずっぽりとはまり込んでしまっていたのです。

会社勤務の時は、本当に大変な時は、アシスタントもいたし、最悪、会社の下請けにだって依頼もできた。だけど、今はそんなことはまかり通らない。依頼を受けることができるかどうかわからない案件に対して、たくさんのラフを作り、クライアントの依頼に従って、何度も修正を繰り返しても……、それでもさらに安く引き受ける他社に最後に取られてしまうのが現状だった。

「そりゃそうだ。会社だって、できるだけ安いところの方がいいに決まっているもの。あ~、私、ずっとこのまま低価格で働き詰めなの?」

どれだけ営業をかけても、成約につながらない。そしてそんな日は気が滅入った。

ただただ、「自分は雇われデザイナーだっただけ。本当に力があったわけじゃない……。本当は、自分は世の中の誰からも求められていないのではないか?」と、焦りを感じずにはいられない。これがここ最近の私の日常だ。

そう、私、大島恵子は焦っていた。いくら私ががんばると決めたからと言って、このままでいいはずは絶対にない。今の世の中、パソコンやiPadを使えば、素人だって、素敵なチラシも名刺も、広告だって簡単に作れるのだ。このまま同じことを続けていたら、私のようなフリーランスのデザイナーなんて、すぐに淘汰されてしまう……。

「そう言えば、同じフリーランスのデザイナーだった、田中さん、結婚して、もうフリーランスは辞めたっていってたな……。」

そんな1人取り残された気分の中、Facebookを何気なく見ていると、あるFacebookの記事に目が留まった。

下請けフリーランスから脱却できる方法があると知る!

その記事には、「1回の施術3,500円の整体師が、価格を100倍にし、成約率100%で月商7桁を達成!」というプロデュース事例が書かれていたのだ。 

「え?この人、どうしてそんなことができるの?」

驚いてそのFacebookの記事に目を通すと、「鉾立由紀」とある。

「この人、一体誰?」

そう思い、むさぼるように鉾立さんのFacebookから、一気にブログまで読み始めた。

「へ~、すごい資格を持っているのに、起業はできなかったんだ……。なんでだろう?」

会社設立3年で年商1億円、そして、数多くのプロデュース実績……。

そして、それよりも何よりも、

「なにこのお客様の声の数??」

鉾立さんのブログにはおびただしい数のお客様の声とプロデュース事例が掲載されていたのだ。

……この成果を出している人たち……、羨ましい。

鉾立さんのブログを読み進めれば読み進めるほど、私はもう止まらなかった。なぜなら、そこには私が知りたくて、知りたくてたまらなかった、「どうすればフリーランスの請負仕事を脱却できるのか?」の情報のすべてが書かれていたのだから。

そしてその日、普段の私なら、絶対にやらないことを決行した。

それは、……鉾立さんへの個別相談への申込み! 今、かなり崖っぷちの私が、そもそも会ったことのない鉾立さんの個別相談に申し込むなんて、青天の霹靂以外の何者でもない行動だった。

私は鉾立さんのブログに掲載されているお客様の声やプロデュース事例を読んで、一体、鉾立さんがなにを教えているのか気になって、気になって、仕方がなかった。

「だって、私、今まで、デザイナーとして真剣に働いてきたんだよ?! なのにどうして? 鉾立さんのプロデュースしている人たちには、主婦の人だっている!! どうしてその人達が成果を出すことができて、私にはできなかったの?」

その想いが私を、鉾立さんの個別相談への申込みへと駆り立てたのだ。

だけれど、私みたいに稼げていない人間が、鉾立さんのプロデュースの話を聞く資格なんてあるのだろうか? いわんや、私の資金も底をついてきている……。

不安だらけで胸の鼓動がはやくなる。しかし一方で、鉾立さんのブログを見てると、「なぜこんな圧倒的な成果が出るのか?」確かめずにはいられない衝動にかられたのだ。

転機となった、USPプロデューサー 鉾立由紀さんとの出会い

そんな不安を抱きながら、個別相談当日、私は指定された品川オフィスで鉾立さんを待った。まだ5月だと言うのに、私の体全体から変な汗が吹き出している。心なしか、オフィスの受付の方々全員が私のことを嘲笑っているように見えなくもない。

「ああ、どうしよう、私、はやまったかも?」

そう焦る私の前に、鉾立さんが不意に私の前に現れた。

「大島さん……、ですね? お待たせしました!」

私が受付で鉾立さんを待っていたのはほんの10分ほど。なのに、その間、私は極度の緊張状態に陥っていて、か、顔が固まっている……。

「ああ、どうしよう!!」

そんな私の不安をかき消すように、鉾立さんは満面の笑みで「緊張しなくても大丈夫ですよ。こちらにどうぞ」と、鉾立さんのオフィスに案内してくれた。

「大丈夫、私はただ話を聞きに来ただけ。これから自分の未来の選択肢の1つをヒアリングさせてもらうだけ! 鉾立さんに馬鹿にされたらどうしようとか、そんなこと気にしないっ!!」

鉾立さんのオフィスで席についた瞬間、挨拶もそこそこに、私の口から思いがけない言葉が飛び出した。

「き、起業って学べるんですか?」

私にとっての起業とは、“会社に属さず、依頼された仕事を安い価格で引き受けて収入を得ること”だった。

だから私はデザインができるという理由から、いろいろな会社のデザインを下請けとして頼まれて行い、月20万円ほどを受け取っていたのだ。そしてその仕事のやり方が、私の知っているたった1つの1人で起業をするための方法だった。

だけれど、鉾立さんの情報をブログで見ていると、どう見ても、どう読んでも、パソコンをひっくり返しても、違う。私が知っているどの起業とも、全然違う……。

鉾立さんのブログを読んで、私は、自分が起業について何も知らないということを知った。私は、何も勉強していなかった。例えるなら、室内犬のポメラニアンである私が、サバンナの野生の動物達(生き残る術を知る起業家)と肩を並べようとしているのに、餌のとり方も、身の守り方も何も知らない。そんな状態だったのだ!

私の心の中で溜まりに溜まった質問が、鉾立さんを前にして、一挙に吹き出しはじめた。そして、驚くべきことに、鉾立さんは、私の質問のすべてに、1つひとつ、丁寧に答えてくれたのだ!!

なぜ私は鉾立さんが私の質問に答えられることに驚いたのか?

それは私も今まで、曲がりなりにも、営業や交渉のためのセミナーや勉強会は(ほんの少しだけれど)受けてきていた。

だけれど、それらのセミナーや勉強会で話されるどんな内容よりも、鉾立さんの説明はわかりやすく、私が理解できるところまでとことん落とし込まれていて、具体的だったからだ。これまでの講師の先生たちは、誰一人、私が知りたいことを、私が納得できるレベルまで落とし込んで伝えてくれなかった。ただただ、「やってみてください!」と繰り返されるばかり……。だけれど、鉾立さんは違った。

本当のことを言うと、今回の個別相談でも、また今までの講師の方と同じようなことが起こってほしいと密かに期待していた私がいた。そうであれば、私は鉾立さんの起業家育成プログラムをうっかり購入することはない。

だけれど、鉾立さんとの個別相談で得られた情報は、私にとってまさに「ビンゴ!」な情報だった!!

「どうして3,500円が100倍の値段になっても売れるのか?」、

「どうして鉾立さんは営業をしない方がいいと言うのか?」、

「なぜ鉾立さんは個人起業こそマーケティングが必要だと言うのか?」、

「そもそもマーケティングとは具体的になんなのか?」、

「営業をやったことのない人が、なぜ成約率100%でクロージングができるのか?」、

極めつけは「どうしてノーコストのビジネスで月商7桁、8桁のビジネスが作れてしまうのか?」

これらの質問に対して、鉾立さんは、すべて“当たり前のこと”として、再現できることの大切さと共にきちんと答えてくれる……。

そして、2時間におよぶディスカッションの結果、私は明確に納得してしまったのだ! どうして鉾立さんのやり方なら成果が出てしまうのかを!!

低価格、長時間労働のフリーランスから脱却したい。だけれど、これ以上お金を使っていいの? 私は……、本当にできるの?

私のそんな心の葛藤を知ってか知らずか、鉾立さんはこう断言した。

「悩むのもわかる。だけれど、あなたが『諦めない』、そう決断できるなら、私もあなたが成果を出すまで諦めない、そう約束するわ」

鉾立さんの起業家育成プログラムを受けて、私の人生は激変しました!

あれから1年の月日が過ぎた。

私は今、USPコンサルタントを名乗っている。デザインを使って、お客様のビジネスのUSPをさらに強固なモノとして視覚的視点からプロデュースする仕事だ。順調に収入も増え、今では月商7桁をいただくのが常態となった。以前、鉾立さんが私の質問に答えてくれたように、私も周りの起業家のみなさんの質問、疑問に、当たり前のように答えることができる。

実は、やっと広めのマンションにも引っ越しすることができた。以前よりもずっと収入があがったおかげで(年収1000万円はとっくに越えることができました^^)、1DKのマンション暮らしから、2LDKのマンションで、自分の理想とするライフスタイルの創造に向けて前進し始めたのだ。

さらに私にとって大きな成長と言えることがある。

以前の私は、何も自分で行動をしていないのに、「なにかいいことが起こらないか?」と願っていただけだった。人の成功をうがった目でみて、それを「単なるまぐれ」として片付けて、自分は失敗しないところで身を隠す。そんな人だったのだ。

だけど、今ならわかる。

以前の私が、ダメダメだったのは、私が力をつけようとしなかったからだ。力とは、すなわち、お金であり、知識であり、スキルであり、そして経験だ。

1年前、私は、鉾立さんの個別相談を受けた。鉾立さんの個別相談で、私は自分が何も知らなかったことに気がつかされた。でも、同時に、鉾立さんは私に大きなビジョンもくれたのだ。

「下請けのデザイナーにもっともっと立ち上がってもらいたいのね!? 大島さん、それなら私がこれから教えること、全部、吸収していってください。一緒に、日本中の、いや世界中の個人起業家の価値を最大化させていきましょう! あなたならできるわ!!」

以前の私が知りたくて、知りたくてたまらなかったこと。個人起業の成功に向けた原理原則を学び尽くせるまたとない機会!!

私にとっては、本当に1からのスタートだった。デザイナーの仕事を続けながら、新たにコンサルティングを学んだのだから、決して楽ではなかった。だけれど、私にとっては、自分のこの手で、お客様のビジネスのUSPを創り出せるということが、奇跡だと思えた。鉾立さんと一緒に新しいビジネスアイデアを完成させるのが、面白くてしかたがなかった。私は最初、“モノづくり”に固執していたけれど、世の中には、まだまだ私の知らない新しいビジネスチャンスがあると知り、私を取り巻く世界がますます眩しいものとなっていった。

そこには見栄も矜持も承認欲求すらも、ほとんどなかった。まずは売上をあげて、自らを食べさせていく。そして、自分も含めて、日本の、いや世界の個人起業家の方々の下支えになるべく、私はただ、ひたすら懸命に働いた。

すると、不思議なことが起きた。

ある日、月商7桁を達成し、鉾立さんのオフィスと同じ場所で仕事をすることができるようになった。

鉾立さんの側で、実際のその仕事ぶりに関わることで、私は、より多く、個人起業のビジネスの可能性とその改善可能な点にふれることができた。

鉾立さんと新しいコンテンツ創造のディスカッションをする度に、私の頭は、今までの自分の頭とはまったく違う脳の動き方をし始めるようになってきた。起業家としての脳が、インストールされ始めてきたのだ。

今、私は、断言できる。鉾立さんのプロデュースはキツイ。だけれど、鉾立さんほどに、私を変化させるために、日々、付き合ってくれるプロデューサーを私は知らない。できないことだらけの38歳の私が、ここまで進化成長できたのは、鉾立さんがずっと信じて応援してくれていたからだ。私はそう確信している。

低価格、長時間労働でがんばるすべての個人事業主、自営業、個人起業家の方々へ

私が鉾立さんの個別相談を受けて1年が経つ。私は今回、鉾立さんにほんの少し、無理を言った。

「昔の私のような、本気でやる意思はある。そのために必要な準備を整える覚悟もある。だけれど、個人起業家として成果を出すために、なにからはじめていいのかわからない……。そんな個人起業家のみなさんのためのオンライン説明会をやってもらえませんか?」

1年前の私のような方の圧倒的な救いとなる、そんな個人起業のお役に立つオンライン説明会をスタートするのだ。もちろん、説明会を行うのは鉾立さんだが、このオンライン説明会のネタ元は私だ。

私は、以前の私のように1人で、それも低価格、長時間労働でがんばっているすべての起業家のみなさんに伝えたい。

「このオンライン説明会を受けてみて! きっとあなたの起業の疑問をすべて解決できるから!」と。

手前味噌かもしれない。 だけど、私は今回の説明会が、絶対にあなたの未来を開く扉になると信じている。

本日より、正式に私のように、「起業の仕方があるんだったら教えてほしい!」と切に願うあなたのためのオンライン説明会の受付を開始いたします。

私のような遠回りをしないためにも、ぜひ、鉾立さんのオンライン説明会を受講してみてください。

 

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG