個人起業家も活用したい! マーケティングの基本「SWOT分析」とは?

「SWOT(スウォット)分析ってよく聞くけれど、これ、私達、個人起業家にも活用できるものなのですか?」

この記事を読まれるあなたは、このようにSWOT分析について理解を深め、活用したいと思っているのではないでしょうか?

この記事では、個人起業家のあなたがSWOT分析について理解し、活用できるようまとめてみました。

SWOT分析とは

SWOT分析は、経営やマーケティングの戦略立案において、最も良く使われるフレームワークの1つで、Strengths(強み)・Weaknesses(弱み)・Opportunity(機会)・Thread(脅威)の4つの項目から、自社や自社商品を取り囲む内部要因や外部要因について分析を行い、方向性や改善策を洗い出し、戦略を創り出す手法です。

SWOT分析のフレームワークは以下のようになります。

SWOT分析では内部要因を強み、弱み、外部要因を機会、脅威と、それぞれ4つの要素に分けることで、自分のビジネスを取り巻く状況を客観的に捉え、今後の打ち手創造を可能にします。

これら4つの要素の定義は以下のようになります。

Strengths(強み)

内部要因。自社の強みのことを指します。自社努力によってコントロールできる要因、例えば技術力、サービス、信頼度、などがあります。

Weaknesses(弱み)

内部要因。自社の弱みや苦手のことを指します。自社努力によってコントロールできる要因、例えば技術力、サービス、信頼度、などがあります。

Opportunity(機会)

外部要因。自社にとってビジネスの好機となる環境変化、他社の動きなどを指します。自社の影響の及ぶものではない外部要因。

Thread(脅威)

外部要因。自社を脅かすリスクのある環境変化、他社の動きなどを指します。自社の影響の及ぶものではない外部要因。

SWOT分析の具体例

SWOT分析のフレームワーク活用のイメージを深めるために、ここでSWOT分析の活用例を紹介していきましょう。

ここでは地方の個人で営む整体院を例に説明してきます。

4つすべての要因を埋めていくと、フレームワークは下記のようになります。

以下から、具体的に実際にこの結果を導くプロセスを説明していきます。

SWOT分析の方法

先程の例で活用した地方の個人で営む整体院の分析結果に導くための分析ステップを紹介していきます。

ステップ1 SWOT分析を行う目的をはっきりさせる。

SWOT分析を行う際は、その分析結果から、なにを導き出すつもりなのかの目的を設定します。

この地方の個人で営む整体院の場合、今後の外的要因の変化に伴い、エステなどの異業種にお客様を奪われてしまう前に、その対策を打っておきたいと言ったところでしょうか。

ステップ2 外部要因(機会・脅威)の分析

外部要因(機会・脅威)の分析を行います。内部要因は外部要因に左右されることがありますので、最初に外部要因の分析を行うことをオススメします。

Opportunity(機会)

  • 駅から近い・立地がよい
  • 最近、美容鍼に興味を持つ女性が増えてきた
  • 高層マンションが立ち、富裕層が増えてきた

Threat(脅威)

  • 近くにエステなどが増えてきた
  • 整体院の増加
  • 治療院の家賃が上る可能性有り
  • ホームページへのお客様の声の掲載が難しい

ただ、この外的要因を分析する際は、できるだけ客観性を保ち、視野を広くして、できるだけ公平に状況を書き出す必要があります。

もし1人で客観的な分析が難しそうであれば、あなたの状況をしっかりとした厳しい目で観察してくれる起業家仲間や友人と共に書き出すことをオススメします。

ステップ3 内部要因(強み・弱み)の分析

外部要因を書き出したら、今度は内部要因(強み・弱み)の分析を行います。

この内部要因の分析も、外部要因の分析と同じで、自分自身の強み、弱みを過小評価することもなく、過大評価することもなく、客観的、且つ公正な視点で書き出していく必要があります。

Strengths(強み)

  • 13年の実績
・地元密着型
  • 女性客が多い
  • 整体と鍼を併用できる

Weaknesses(弱み)

  • 価格が他の治療院より安い
・専門分野がない
  • リピーターが少ない
  • ホームページがわかりにくい
  • 予約が取りにくい

単に「自分の問題は自分ではわからないよね〜!」などという視点で、投げ出してしまうのではなく、しっかりと自分自身で、自分のビジネスの強み、弱みに向き合うようにしてみてください。

ステップ4 SWOT分析のフレームワークに出てきた内容を挿入

書き出した各項目を、以下のフレームワークに沿って挿入していきます。

ここまでで、SWOT分析に必要な情報の洗い出しを完成しました。

ここから洗い出した4項目からの情報をベースに、これからの打ち手を創造していきます。

SWOT分析のポイント — クロス分析の実施

上記で洗い出した情報を元に、ここから、整体院の次の打ち手を考えるための材料として活かしていきます。そしてそのための分析をクロス分析と言います。

クロス分析とは、SWOT分析を通して導き出した4項目の2つをそれぞれ掛け合わせ、次の戦略を生み出す分析方法です。

上記のSWOT分析の結果を元に、以下のようにクロス分析を行っていきます。

Strength(強み)× Opportunity(機会)

「外部要因の機会を、自社の強みに変えられないか?」と考え、自社の優位性を高める一手の創造に役立ちます。

地方の個人で営む整体院の例の場合、

Strengths(強み)

  • 13年の実績
・地元密着型
  • 女性客が多い
  • 整体と鍼を併用できる

Opportunity(機会)

  • 駅から近い・立地がよい
  • 最近、美容鍼に興味を持つ女性が増えてきた
  • 高層マンションが立ち、富裕層が増えてきた

上記をベースに、

富裕層の女性客の美容の悩みにフォーカスした、整体と鍼を組み合わせたスキンケアプログラムを提供

という一手を考えてみてもいいかもしれません。

Strength(強み)× Threat(脅威)

「外部要因の脅威に負けない自社の強みは何か?」と考え、ピンチに負けない自社の差別化戦略の創造に役立ちます。

地方の個人で営む整体院の例の場合、

Strengths(強み)

  • 13年の実績
・地元密着型
  • 女性客が多い
  • 整体と鍼を併用できる

Threat(脅威)

  • 近くにエステなどが増えてきた
  • 整体院の増加
  • 治療院の家賃が上る可能性有り
  • ホームページへのお客様の声の掲載が難しい
エステ、または他の整体院では対応できない、体の内側からの美容対策を提供できる1年間パスポートプログラム(1年間予約し放題)の提案

という一手の提案は面白いかもしれません。

 Weakness(弱み)× Opportunity(機会)

「弱みを補強し、機会を掴むためにできることとは?」と考え、機会の創出を狙います。

地方の個人で営む整体院の例の場合、

Weaknesses(弱み)

  • 価格が他の治療院より安い
・専門分野がない
  • リピーターが少ない
  • ホームページがわかりにくい
  • 予約が取りにくい

Opportunity(機会)

  • 駅から近い・立地がよい
  • 最近、美容鍼に興味を持つ女性が増えてきた
  • 高層マンションが立ち、富裕層が増えてきた
富裕層の女性たちが予約しやすく、わかりやすいホームページを創り、且つ、富裕層の女性客の増加に併せた美容プログラムから、高額のプログラムの提供を開始

を検討してもいいかもしれません。

Weakness(弱み)× Threat(脅威)

「自社の弱みを克服し、脅威に対抗できるには?」と考え、自社の弱みに足を引っ張られないための対策を考える方法です。

地方の個人で営む整体院の例の場合、

Weaknesses(弱み)

  • 価格が他の治療院より安い
・専門分野がない
  • リピーターが少ない
  • ホームページがわかりにくい
  • 予約が取りにくい

Threat(脅威)

  • 近くにエステなどが増えてきた
  • 整体院の増加
  • 治療院の家賃が上る可能性有り
  • ホームページへのお客様の声の掲載が難しい
専門分野を創り、商品の高額化とホームページのリニューアル

は、取り急ぎ取り掛かった方がいいと可視化することができますね。

出てきた戦略に優先順位をつけて、実行に移す

クロス分析で出てきた戦略案を元に、優先順位をつけ、今後の具体的な戦略、戦術に落として、実行に移していきます。

まとめ

SWOT分析では内部要因を強み、弱み、外部要因を機会、脅威と、それぞれ4つの要素に分けることで、自分のビジネスを取り巻く状況を客観的に捉え、今後の打ち手創造を可能にします。

起業家人生において、たくさんの環境の変化が訪れます。

しかし、このSWOT分析の4つの項目において、状況を俯瞰し書き出すことで、これから自社が取るべき戦略の案を出すことが可能となります。

これからの時代、予期せぬ内部要因、外部要因の波が次々に押し寄せてきます。しかしその度に、単なる思いつきで対処していては、あなたの素晴らしい商品が“あっ”という間に時代の波にかき消されてしまうのは必定。

しかし、そんな事態を「仕方がない」とただ諦めてしまってはいけません。私達個人起業家も、SWOT分析を活用し、次々と現れる新しい機会、脅威を、私達の“追い風”に変えられるようにしていきましょう。

SWOT分析を通して、あなたのビジネスが日本中、世界中の人々から応援される商品になるように、私も応援しています!

「もっともっとマーケティングを学びたい!」そんな意欲が湧いてきたあなたのために、個人起業家のためのマーケティングの仕組みがわかる「ポジショニングUSP」の3冊シリーズを、以下にご用意しました。ただ今、以下のフォームにご登録いただいた方全員に、もれなく無料でプレゼントしています! ぜひこの機会にダウンロードしてください▼

 

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG