1. TOP
  2. ポジショニング
  3. 気になるUSP商品事例
  4. 【ポジショニング事例】江戸でどじょうと言えば「駒形どぜう」

【ポジショニング事例】江戸でどじょうと言えば「駒形どぜう」

こんにちは、3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

<注意>

今日の記事は「ゲテモノ」嫌いな方はご注意ください!!

 

歴史と伝統のある「駒形どぜう」どじょうくじらをいただきに行って参りました!!

 

どじょう鍋ってこんな感じ↓

駒形どぜう

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、USPについて語っているはずのココの記事で「どじょう」について語っているのかって?

 

 

それは、「駒形どぜう」さんが、お江戸でどじょうと言えば、「駒形どぜう」と言わしめるカタヤブリなUSPを持っていらっしゃるから!!

 

まずこのお店の伝統と歴史がすごい!!

 

創業1801年!

もう200年以上も続いているお店なのです!!

 

徳川11代将軍の時代から続く、由緒正しい(?)どじょう料理のお店。

 

お店の中には、きちんと初代のころからの年表があったりして!

写真のをしている部分ですね!!

駒形どぜう

 

そしてお店のお座敷は、お江戸のころの風情をただよわせたまま、なのです!!

(これは行って見てのお楽しみ!お江戸にタイムスリップできますよ〜!!)

 

でも伝統や歴史に負けず劣らず、

食材一つひとつへのコダワリもあったりして。

 

 

「お江戸の庶民の料理を味わいたい」と思われる

外国人の方が写真を取りまくっておりました(笑)

(でも私も同じかな?!)

 

 

お客様に

「お江戸のどじょう料理を楽しんでいただく!」

そんな気遣い、心遣いが満載な店内でしたよ(^_−)−☆

 

 

どじょう料理と言えば、駒形どぜう!!

 

 

それを先祖代々、全身全霊で体現することが

彼らのカタヤブリなUSPの秘訣となってるワケ!!

 

最後に質問です。

あなたのUSP、末代まで続けることができますか?

 

 

PS:ちなみにどじょう料理はコラーゲンいっぱいということで、お肌つるつるです(^_−)−☆

 



\モノガタリ✕ワークの起業家必読書/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • AKB総選挙から学ぶ!感動と売れる仕組みの方程式

  • もう二度とパンツを買わなくてもいいかもしれない・・・。

  • アイスクリーム市場を独占する「ハーゲンダッツ」が店舗販売を終了した理由

  • 「キリンファイアネオ」が独自のポジショニングを獲得したUSPとは?

  • USPを変えただけで売上急上昇!白鳥の宿 ますがた荘の選ばれる事例!

  • 一芸家電メーカーから学ぶ!自分だけがお客様から選ばれるすごい商品の作り方