1. TOP
  2. 起業家精神論
  3. 歌姫シャリースの誕生から学ぶ起業家の幸運の掴み方

歌姫シャリースの誕生から学ぶ起業家の幸運の掴み方

◆ チャンスは準備万端の人のところにやってくる ◆

こんにちは、3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

突然ですが、あなたはシャリースという歌手をご存知ですか?
シャリースはフィリピン人の女性シンガーで現在21歳。
私は彼女の歌が好きで、シゴトをしながら彼女の歌をよく聴いています。
私はあるテレビ番組がきっかけで彼女のことを知りました。
(確か、「ベストハウス123」だったと思います。)
シャリースは、貧しいフィリピンの家庭で生まれ育ったこと。
お母さんが離婚して、水道代も払えない状態だったため、
歌を歌い、コンテストに出場して家計を助けていたこと。
数々のコンテストで優勝するも
フィリピンでの歌手デビューを目指し、出場した大会で優勝を確信するも、
3位に終わったこと。
その退会で誰よりもうまかったはずなのに、
3位に終わったのはルックスがよくない」からだったこと!
審査員から
「シャリースがかわいくないから、フィリピンでのデビューは難しい」
そう聞かされたシャリースは、ショックのあまり歌を辞める決意をします。
ですが、すでにそのとき、アメリカの番組で歌う約束が残っていました。
「これで歌を最後にしよう!」
そう決めてシャリースは、アメリカに出発しました。
彼女が出演した番組はオプラ・ウィンフリー・ショー。
日本ではあまり知られていませんが、
オプラ・ウィンフリーはアメリカで最も影響力のある黒人女性で、
一説によるとオバマ大統領が選挙で勝ったのは、
オプラの応援があったから、というほどの女性。
(英語圏での影響力はものすごく、彼女のことを知らない人はいません。)
彼女のテレビ番組で、世界の天才キッズを紹介する特集番組を組んでいて、
シャリースもそこで彼女の天才的な歌を披露したのです。
ステージで全力で歌い上げ、シャリースはフィリピンへの飛行機に搭乗。
ですが、離陸直前に飛行機から降ろされることになりました!それもほぼ強制的に!!
理由を聞かされないまま連れて行かれたのは、
オプラ・ウィンフリーのオフィスだったのです。
「シャリースが歌をあきらめかけている。」
そう知ったオプラが、電話一本で飛行機を止め(!!)、
シャリースを自分のオフィスに呼び戻したのです。
「シャリース、あなたの今後の人生は、私が責任を持つわ。」
シャリースの歌手としての人生はここから始まったのです——。
さて、今日、誕生日に私がこの話をした理由はたったひとつ。
オプラのひと言を伝えたかったからです。
「準備万端の人にチャンスが訪れることを幸運と呼ぶの。」
オプラはそう言います。
シャリースは3歳の頃から
自分とセリーヌ・ディオンが一緒に謳っている姿を絵に描いてイメージしていました
そのイメージに見合うだけの練習をし、コンテストも出まくっていました。
シャリースにこんなにステキなシンデレラストーリーが起こったのは、
彼女自身が準備万端だったから。
シャリースが準備万端でなかったら、
ただ歌のうまい子供というだけで、
オプラの目に留まる様なことは絶対になかったでしょう。
シャリースがオプラの番組で謳うシーンYouTubeにあります
一流が一流と出逢う瞬間、そしてそのスパークをぜひあなたも見てみてください。
日本語の字幕はありませんが、
それでもシャリースの歌のスゴさは伝わるはずです。
さて、最後にあなたに質問です。
あなたが幸運になるために準備万端にすることはなんですか?
<まとめ>

「準備万端の人にチャンスが訪れることを幸運と呼ぶの。」

 



\起業に必要な軸を網羅しました!/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 成功している起業家が教えない!安定的に売上を上げる仕事の「仕組み化」のヒント

  • 成功の最大の敵は熟考である。

  • 起業すると親や親友に必ず反対される?!逆風はあなたの本気度を試す最高のテスト

  • 個人起業家なら自らが組み込まれなくても売上が上がる仕組みをいち早く作りなさい!【ビジネスモデル】

  • やりたいことが分からない!ネガティブサイクルから抜け出す方法

  • 「女の子だから」と過保護に育てられた過去の経験が、私をUSPプロデューサーへと駆り立てた