【警告】当てはまったら倒産!?個人起業家・経営者が絶対に避けるべき8つのポイント

2011年11月、私はダブルワークを辞め、USPプロデューサーとして独立を果たしました。それから約1年で月商850万円を売り上げるようになったのですが。私が結果を出せた秘密のひとつに以下の「個人で起業する際に避けるべき8つのポイント」知っていたことがあります。  今回は、そんな秘密を公開していきます!

 

こんにちは、1秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

<個人で起業する際に避けるべき8つのポイント>

 

1. 他で買えるモノ・サービスを創らない。

2. 再現性のないモデルは創らない。

3. 利益の低いモノは創らない。

4. 在庫を抱えるモノは創らない。

5. 月額報酬に繋がらないモノは創らない。

6. 資本を必要以上に要するモノは創らない。

7. 労力よりも生産力の低いモノは創らない。

8. 自分が組み込まれなくては、まわらないビジネスは創らない。 

 

この8つのポイントを、自ら自己投資し、学び、実践し、記録に残してきました。そして、その記録を人に教え、パートナーを募り、共に豊かに成る。というビジネススタイルを確立し、月商7ケタを超える起業家の育成に日々、勤しんでいます。

 

ここでのポイントは、すべてがゼロの段階から魅力的な「青写真」を描き、まだ何もなさないうちから逆算思考を通して、そこに向かって進んでいたこと。これはどのようなことでも同じで、料理を創る時でも何を作るか決めてから料理に入ります。 パズルを組み立てる時も完成図から逆算しながら組み立てます。

 

門下生のアドバイスも「いつまでにどこにたどり着きたいのか?」を明確にした上で、アドバイスします。 理想のビジネス、理想の結果を想い描くこと。 そして、その結果に最短距離で辿り着くために、今何をすべきか? 

 

そして、何を避けるべきか? それらを理解した上で、ビジネスを進めたから、私はすぐに結果を出すことができたのです。ここから、1つずつ解説していきましょう。

1.すでに買えるモノは作らない。すでに買えるサービスは作らない。

 

多くの起業家が、すでに多くの方が売っている商品、サービスを売ろうとがんばっておりますが……、実は、これは特に力のない起業家には、とても難しい戦略。言ってしまえば、二番煎じなので、選ばれないワケです。

 

残念なことに、お客様が、「あ、それ?!もう知ってる」この状態になったが最後、あなたの話を聞いてはくれない。だからこそ、決して簡単とは言いませんが、まだ売られていない商品、サービスを創造し、それを売った方が成功する確率は高くなるワケです。

 

「でも、どうやって、そんな商品を創れるの?」そう思うかもしれませんね。そんな時こそ、ビジネスの基本前提に戻りましょう。

 

「ビジネスは、お客様の問題解決のため」にあります。だからこそ、今、売っている商品、サービスに問題点はないか? もっとよくするには、どうしたらいいか? 自分事として考えてみるのです。

 

例をあげて考えてみましょう。男性のみなさんには申し訳ありませんが(笑)、世の中には「胸を小さくみせるブラ」があるのをご存知ですか? 多くの女性が胸を大きく見せたいと思っている。それが一般常識かもしれません。ですが、20~40代の女性の約10%は「バストをコンパクトに見せたい」そう悩んでるのです。

 

これを聞いて、「たった1割?!」と思う人も、「1割もの人が、胸を小さく見せたくて悩んでる!!」と思う人もいるでしょう。ですが、ここで、確実に言えるのは、ワコールは後者だったと言うこと。今までにない斬新なアイデアとして、「胸を小さく見せるブラ」を開発したのです。
※ これがまたヒットしてるのだそう!

 

単に一消費者として「ブラは、胸を大きくみせるモノだから……」と思うのではなく、なにか改善できる点はないのか? 不満を持っている人はいないのか? どうしたら、より満足していただけるのか?

 

そう思うからこそ出てくるアイデア、「それが、すでに買えるモノは作らない。すでに買えるサービスは作らない」すなわち、こんな商品、サービス、あったらいいな、のアイデアの源泉となるワケ。

 

まずは、「今はまだないけど、私がまず真っ先に買うっ!!」「今はまだないから、私が創らにゃ誰が創るの!!」そう思える商品を創ること。

 

すでに買えるモノは作らない。すでに買えるサービスは作らない。

 

ぜひ、頭に刻み込んでくださいね(^_−)−☆

 

2.一度しかできないビジネスは作らない。

 

「一度しかできないビジネスは作らない」

 

口で言うのは簡単ですが、これができない起業家が多い。

 

再現できないビジネス。これには2種類あります。

 

ひとつには、自分自身が同じ「質」でシゴトを再現することがデキナイ。そして、もうひとつは、「自分以外の人はデキナイ」そんな他者には、再現できないビジネス。この2種類。

 

早速、最初の例から、説明していきましょう。「自分自身が同じ『質』でシゴトを再現することがデキナイ」これはこんな感じ。例えば、歌手なのに、昨日は歌えたけど、今日は歌えない。起業家やコンサルタントなのに、今日はなんとかコンサルできたけど、明日はできるかどうかワカラナイ。これは、シゴトとしては問題外なので、あまり深くは説明しません。

 

ですが、もうひとつの方が問題。「他者には再現できないビジネス」こちらの起業家が本当に多い!

 

「俺がいないとウチの会社、ダメなんだよね〜!」そう言う社長、経営者がいますが、これを言っている社長、経営者がいたら、その方の会社には、すでに「倒産信号」が点滅していると考えましょう。

 

理由ですか? 社長以外の人が再現できないと言うことは、その会社のシゴトのやり方は、再現できない程、複雑。または、全く伝承のための努力がされていない。よって、社長に何かあったら、会社はたちまち立ち行かない。そんな図式が成り立つ訳です。

 

逆に言うなら、永続するビジネスを創るなら、最初から、「自分以外の人も再現可能なビジネスを創る」それを念頭に入れて、ビジネスモデルを創ること。

 

これ、個人起業家がビジネスを永続させるための鉄則です(^_−)−☆

 

3、利益の低いモノは作らない!!

 

「利益の低いモノは作らないなんて、当たり前でしょう?」

 

そう言う方もいるかもしれませんが、実は、言うは易し。多くの起業家が、薄利多売なビジネスをしています。そして、「時間いっぱい働いているから、後継者を育てられない!」という方も多く相談にいらっしゃいます。

 

私達が資生堂などのように、何百万人もの人々に商品を購入いただけるのであれば、薄利多売もアリ、でしょう。ですが、私達個人起業家は、少ない人数の方に、できるだけ高額の商品を買っていただく。それも、できるだけ利益の高いモノを、お客様に喜んで買っていただくのが正解です。

 

「お客様にはできるだけ安く提供しなくては、買ってもらえない」多くの起業家がそう思い込んでいますが、お客様の期待を上回る感動を提供できる限り、お客様は喜んでお金を支払ってくださいます。

 

まず、「値段を安くするために、自分の利益を削らなきゃ!」そんな思い込みを捨てて、徹底的にお客様の痒いところに手が届く。そんな商品をお届けするのが、私達個人起業家のシゴトなのです!

 

利益を減らすのではなく、お客様を喜ばす。

 

ぜひ、誠心誠意、チャレンジしてみてください(^_−)−☆

 

4、在庫は持たない。在庫のでるビジネスは持たない。

 

これは、冷静に考えることのできるあなたなら、きっと理解できると思うのですが……、やはり多いのですよ、営業を経験したこともないのに「すでに50万円分の在庫、仕入れてしまいました……(涙)」そんな新人起業家のみなさん。

 

私がコンサルさせていただく方全員にお話しするのですが、絶対に、在庫は持たない。在庫のでるビジネスは持たない! これ、個人起業家の鉄則なのです。

 

なぜ、在庫を抱えてはダメなのか?

 

理由は、売れる保障がないから。先ほど、ちらっと言いました。「営業を経験したこともないのに」と。ほとんどの方は在庫を仕入れてしまえば、なんとかなるんじゃないか? そう思い、在庫をたんまり仕入れていまいます。

 

ですが、在庫を仕入れてしまうことで、あなたは以下のリスクを抱えることになります。

 

✓ 在庫が売れないときのリスク

✓ 在庫の賞味期限(有効期限)が切れるリスク

✓ 自分の部屋(オフィス)が占領されるリスク

✓ 在庫に使ってしまったお金を他のもっと有益なことに使えたかもしれない”機会損失”のリスク、etc。

 

では、どうすれば? どうしても売りたいモノがある場合、在庫を抱える前に、お客様を創りましょう。もっと簡単に言うならば、在庫を仕入れる前に、購入してくれるお客様を集うのです。

 

そして、さらに言うならば!! 事前に入金してもらった上で、在庫を購入し、お客様に商品をお届けするのであれば、OK!!

 

個人起業者は経営者です。なにかやるのなら、ローリスク・ハイリターンを心がけてくださいね!!

 

5、月額収入のないビジネスは作らない。

 

このワナにはまってしまう起業家が本当に多い。どういうことかと言うと、自分のセミナーなどのプログラムを3ヶ月コースや6ヶ月コースなど、ある一定期間に一度しか入れない、そんなプログラムにしてしまう訳です。

 

私達が有名大学ならいざ知らず、「今、参加したい!」というお客様の立場からするとどうでしょう?

 

今、入りたいのに、入れない。それじゃあ、別を探します。そう思うのが、普通のお客様心ではありませんか?

 

そしてもっと困ったことに!! 私達起業家に売上が入るチャンスが、3ヶ月に1回や6ヶ月に1回などの限られた時期に1回だけだということ。そこでうまく売上があがればいいのですが、もし、それがうまく行かなければ? そう。最悪、売上ナシの状態で、3ヶ月、6ヶ月過ごさなければならなくなるのです!!

 

じゃあ、どうすればいいのか? 答えは簡単。毎月、どのタイミングでも、お客様が参加できるようなプログラムにすればいいのです。

 

そうすれば、お客様も参加を待たされることはありませんし、また、あなたもコンスタントに売上を上げることが可能になる、と言うワケ。

 

世間がそうしているから、私も6ヶ月コースを創ろう。そう考えるのではなく、「みんながやっていることが自分に不利にならないのか?」考える習慣を身につけましょう。

 

そうすることで、初めて、今の問題を乗り越えることができるのですから!

 

「人の不利見て、我が不利治せ!」

 

6、多くの資本を必要とするビジネスは作らない。

 

これを理解するのは、難しくないですね。

 

起業を考える方の多くが「起業をするのって、お金がかかりますよね……」そう言いますが、私から言わせてもらうと、お金をかけて起業するから、成功しない!
※ 特に起業初心者は!!

 

信じられないかもしれませんが、お金をかけずに起業して、成功する方法はたくさんあるのです。(実際、私はお金をほとんどかけていませんし^^;)

 

起業はできるだけお金をかけずに売上を上げる。これが鉄則です!!

 

ですが、ここで私が「多くの資本を必要とするビジネスは作らない」と言う真の理由は、将来的にあなたのビジネスを伝承するということも
視野に入れているため。

 

例えば、たまたまあなたにはお金があって、ビジネスをスタート時の資本金がたんまりあったとしましょう。ですが、「あなたのシゴトを伝承したい!」そう言ってくれる伝承者候補が多くの資本金をあなたと同じように出せるかは、ワカラナイのです。

 

あなたが、「自分のビジネスを同じ志を持つビジネスパートナーに継承してもらいたい!!」そう願うなら……、「多くの資本金を用意できる」という条件はない方がいい!

 

そしてさらに、ホントのホントのことを言うと……。起業において、最も難しいポイントは、ゼロから1を創ること。だからこそ、伝承者のためにも、お金に頼らず、頭と労力で乗り越え、伝承者のために記録に残す!! そんな姿勢をぜひ魅せてくださいね!

 

7、労力よりも生産力が高まらないビジネスは作らない。

 

「労力よりも生産力が高まらない?」

 

どういう意味かワカラナイと言う方もいらっしゃるのでは? これには2つの意味があります。

 

1つ目は、がんばってもがんばっても、それほど売上があがらない。そんなビジネスからの脱却。

 

例えば、あなたが1時間1万円のエステサロンを1人で運営しているとしましょう。もしあなたが月商100万円を売上げたければ、どれだけのお客様に施術をする必要がありますか? ……そうですね。100人の方への施術が必要です。

 

ですが、私が提供しているグループコンサルティング『The SUMMIT』は、消費税込みで54万円。(2016年当時の価格です)この『The SUMMIT』で、月商100万円をいただくには? そう、2人にご購入いただけばいいのです!

 

高額商品を扱ったことのない場合、想像することが難しいかもしれません。ですが、実は、安い商品を売るのも、高い商品を売るのも、労力はそれほど変わらないのです。
※ どちらかと言うと、高額商品の方が売りやすい!!

 

だから、安ければ売れるだろうという安易な考えは、今すぐ止めて、お客様が感動してやまない「最高の商品」をお客様に提供しましょう(^_−)−☆

 

では、2つ目。数と管理の徹底!

 

多くの起業家が、ただやみくもに走り回ってる。ですが、もしあなたがどんなお客様がどこからいらっしゃっているか、きちんとチェックしていたら、どうなると思いますか?

 

例えば私の例ですが、私は最初のセミナーを実施した際から、アメブロから何人の方が来て、Facebookから何人の方が来て、紹介が何名で……、などすべての記録をつけていました。
※ 今でもつけていますよ(^_−)−☆

 

これをしばらく続けていると、何がわかるのか? 私のところには、Facebookから一番お客様が来る! そう言った情報がわかるようになる。

 

ということは、お客様を集める際に、あれやこれややらなくても、一番優先順位を高めるのは、Facebookだときちんと判断できるのです。あなたは遊びで起業を始めた訳ではありませんね!

 

できれば絶対に、起業を失敗させたくない!!

 

だったら、小さい労力で生産力をあげる。このシゴトのやり方を徹底的に体にしみ込ませてください! そうでなければ、あなたの起業家人生は、ずっとあなたががんばり続けることになってしまいますよ(^_−)−☆

 

8、自らが組み込まれなくては、動かないビジネスは創らない。

 

多くの起業家・経営者が短い期間で消えていってしまうのは、どうしてでしょうか?

 

理由の1つは、経営のルールとルートを知らず、サラリーマン・マインドのまま突入するから。ですが、もっと大きな理由は、自分が組み込まれなくてはシゴトがまわらない仕組みを創ってしまっているからなのです。

 

もっと具体的に言うと。自分のシゴトがうまくいっている間に、人材を育てない。自分以外の人でもシゴトができるように、マニュアルを用意していない。間違いが起きないように、シゴトをシンプルにしていない。自分がシゴトをしなくても、売上があがる仕組みを創らない、etc。

 

経営と言うのは、究極のマクドナルド化。すなわち、誰がやっても同じ味が出せて、世界中どこの加盟店からも、アメリカ本社にお金が入ってくる。それと同じことを、私達起業家は考えなければなりません!

 

「え?私達、大企業でもないのに?」

 

大企業ではないからこそ! です。私達は、起業家である前に、人間です。病気にもなるし、休みも取りたい。もしあなたのシゴトが順調なウチに、自らが組み込まれなくても、きちんと動くビジネスを創らないならば! あなたは365日24時間、シゴトを休めない「1人だけ忙しビジネス」に邁進することになるのです。

 

自らが組み込まれなくては、動かないビジネスは創らない。

 

ぜひ、頭に刻み付けてくださいね(^_−)−☆

以上の8つのポイントを押さえたビジネスの作り方は、以下のテキストをご覧ください!▼

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

 

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG