1. TOP
  2. 集客法〜お客様が集まる仕組み〜
  3. 実に面白い!ガリレオに仕込まれたお客様が集まる仕組み

実に面白い!ガリレオに仕込まれたお客様が集まる仕組み

いきなり商品・サービスを出しても、

お客様はやって来ません!

 

 

あなたにファンが集まる仕組みを創れ!

広報を担当しています、
(以前、私のメルマガでご紹介した話をご紹介します) 

 

起業するなら〜と、

自分の商品・サービス作りをやって、

その後商品・サービスをはじめる方が

いらっしゃいます。

例:カフェを突然オープン、突然新サービス提供開始

 

でも、いきなり商品・サービスを出しても

お客様はやってきません。

逆に、オープンと同時にお客様がやってくる

状態になっていたら、嬉しいですよね^^

 

では、どうすればお客様がやってこれるのか?

お客様の方からやってくる仕組み

お伝えしていきます。

 

歌手で俳優の福山雅治さんが主演した

“月9”ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)の

最終回が先月24日、30分拡大版で放送され、

平均視聴率は19.1%ビデオリサーチ調べ、関東地区)

を記録したそうですが、

あなたは「ガリレオ」を見ていましたか?

 

初回から最終回までの期間平均視聴率は

19.9%、先月22日に放送された

スピンオフドラマ「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄(もてあそ)ぶ」も

平均視聴率15.3%(同)と高視聴率を

記録し、「ガリレオ」作品の人気の高さがあらわれています。

 

ドラマは、福山さん演じる帝都大学理工学部

物理学科の湯川学准教授とその新パートナーとなった

吉高由里子さん演じる警視庁貝塚北署の

新人刑事・岸谷美砂が難解な事件に挑んでいくミステリー。

累計で950万部を発行している東野圭吾さんの

ミステリー小説「ガリレオ」シリーズが

原作で、07年に放送されたドラマの続編でした。

 

この「ガリレオ」は前回までとヒロインが

柴咲コウから吉高由里子に変わっています。

 

柴咲コウ降板の理由はネット上でいろいろ

語られているようですが、その真偽はわかりません。

 

ただ、そこにはお客様を集めるための

一つの仕組みが絡んでいます。

どんな仕組みなのかわかりますか?

 

「ガリレオ」は6/29に「真夏の方程式」

という映画が公開されています。

 

6月29〜30日の国内映画ランキングで

首位デビューに成功しています。

オープニング2日間の成績は、

動員36万3451人、興収4億6499万2250円。

これは、今年公開された実写映画の中では

もっとも良い成績となっています。

 

何故、好スタートできているのでしょう?

 

実はこの映画にとって、

ドラマは「仕込み」になっていたからです。

 

どういうことかというと、

例えば、「真夏の方程式」がいきなり6/29に

公開になったらどうでしょうか?

 

誰も見に行くことがなく、

行ったとしても多くの興行収入が得られるような

状態にはならないことが予想できるでしょう。

 

逆に、公開と同時に観客が殺到し、

最高の興行収入を得られたなら、

この映画は大成功と言えるわけですよね。

(まだ公開途中ですが、興収40億円まで

達する可能性もあると言われております。)

 

だからこそ、そのために公開する前から、

何度も何度もメディアで情報を発信している。

キャンペーンも行われている。

ドラマを放映することによって、

そのドラマを見ていた視聴者をそのまま

映画に動員することを目的としているのです。

 

では、この仕込み、いつからスタートしているかというと・・・

 

2013.1.31
映画『真夏の方程式』公式サイトオープン!
6月29日公開の映画「真夏の方程式」公式
サイトをオープンしました。

 

約半年前から始まっています。

そして、そこから公開が近づくにつれて、

観客となる私たちを盛り上げていくように、

どんどん仕込みまくってるわけです。

 

例えば、第2シーズンのドラマ以外にも、

撮影現場レポート+インタビューを雑誌に

載せたり、

第1シーズンの再放送をしたり、

街頭ビジョンジャック、

テレビCM、1面新聞広告、

ファミリーマートでのキャンペーン、

福山雅治さんのラジオでの番宣告知、

ジャパン・プレミアの告知、

東野圭吾さんのメッセージ公開、

公開前特番放送、キシリッシュタイアップ、

などなどあるのです。

 

これをお客様が集まってくる仕組み

露出→認知→信頼→共感→教育→契約

あてはめてみると、

 

露出 映画製作に関する情報をメディア(ニュース)に流す。(内容、出演者、原作、公開予定等)
   公式サイト設置。ブログ、FB、Twitter等開始。
   映画出演者がテレビに出て宣伝する。自分のメディアでも宣伝する。
   テレビ予告編CM、映画館予告編CM、映画館チラシ、雑誌記事(インタビュー)
   映画出演者の過去出演作のテレビ再放送(映画の前作)、
   映画出演者が出演しているテレビ番組とタイアップ、
   映画のテーマにちなんだモノの販売(作中に出てくる食べ物等)

認知 予告編CMのバージョンをつくる。(時期、対象者別に)
   映画出演者がテレビに出た時に必ず宣伝する。CMを流す。(視聴者が気づきやすくなるように)
   映画の公式サイト等で事前キャンペーン。(試写会募集、応援メッセージ募集、等)

信頼 メディア向け試写会、一般向け試写会で興味を持った人に見てもらう。

共感 試写会を見た人のレポートを雑誌やWebで紹介、試写会を見た人が自分のブログ等で紹介。

教育・契約 前売り券の販売、前売り券購入者への特典

となっているわけです。

他の映画でも、このような流れになっている

ことが多いことがわかるでしょう。

 

これを、「だってフジテレビでしょ?」

と、自分とは関係ないものとするのか、

資金も労力も限られた個人起業家である

私たちが、

どうすればお客様が集まってくるような

仕組みを作っていけるのかと考えるのか、

あなたはどちらでしょうか?

 

もし、後者であるならば、

今月リリース予定の「The USP Chapter2」

手に入れて、ここで紹介した黒字化を

生み出す仕組みを手に入れて下さい^^

 

USPプロデューサー鉾立由紀さんのメルマガにて、リリース情報がいち早く届きます。

1日1分学び実践することで、お客さまを喜ばせげる起業家へと成長していきます。

『USPビジネス進化論〜1日1分365日の起業塾〜』登録フォーム

メールアドレス
名前(姓)

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 通販のフェリシモに見るファンを惹きつけて離さない販売戦略〜500色の色鉛筆が文房具好きを虜にしちゃう!?〜

  • 経営者なら、ローリスク・ハイリターンが当たり前!

  • お客様は追えば逃げる。だから追いかけてもらう戦略を紹介します!

  • お客様がいつまでも待っていると思うなよ!

  • 『ウチの会社は、俺がいなきゃダメなんだ!』に潜む恐怖

  • 91%の成約率を目指せる最強のマーケティング戦略とは?