1. TOP
  2. 型がなくて、お前になにができるって言うんだ?!

型がなくて、お前になにができるって言うんだ?!

3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

突然ですが、私は自分の門下生、そして個別相談などでお会いする方にこう言うことがあります。

 

「ほとんどの起業家が成果を上げていないのは、まず守るべき『 カタ 』がないから」

 

想像してみてください。

数学の問題を解くとき、もし公式も何もなく「ただ解け!」と言われたら・・・。

英語の問題を解くとき、もし文法も何も知らず、ただ問題を解かされたら・・・。

 

途方にくれませんか?

 

少なくとも、私は絶対に途方にくれます!!

私はカオスの中から、共通の項目を見つけるのが苦手なので、先人が私の代りに積み重ねてくれた知識は、そりゃもうガッツリと使わせていただく!!

私はそんな人間です(^_−)−☆

 

 

ですが、最近思うのです。

「 多くの起業家、それも結果を出せない起業家は 『 カタ 』を習得することを嫌がる傾向にある 」と。

 

結果を出している起業家のあなたなら、絶対に賛同してくれると思いますが、ビジネスモデルにもさまざまなスタイルがあります。

いやいや、自分のビジネスモデル創造以前に、考えなければならないことは星の数ほど・・・。

でも恐ろしいことに、ほとんどの結果をだせない起業家は、これらを知らずに「起業」という荒波に乗り出します。

 

これって、スポーツで言うなら、ルールを知らずにプロを目指す様なもんじゃないですか????

 

もしあなたがゴルフがうまくなりたかったら、まず絶対にルールを覚え、基礎をしっかり学ぶはず。

ルールも知らず、フォームも知らず、全く基礎を知らずにゴルフをプレイするならば・・・

 

 

それって完全に遠回り!!!

 

 

ですよね??

 

私たちがエジソンの電球の発明のような世紀の大発見をするのなら、もしかしたら、その方法もアリかもしれません。

 

ですが、私たちは発明家ではなく起業家!

 

大切なのは、ムダに時間を浪費することではなく、早急にお客様の問題を解決する方法を創り出し、お客様にご提案すること!!

 

 

すべてはお客様のため!なのです。

 

 

成果を出す人それ以外の人

 

観察し、比較し、

何が成果となって現れるのか?

考えてみました。

 

自分が成果を出したときと

成果をあげられなかったとき、なども考え併せ、

私の中で出した結論。

 

それは、

成果を出す人は

 

素直に先人をモデリングし、

(一切の我流ナシです)

 

そのモデリングした型を

まるで息を吸って吐くようにデキルようになるまで

徹底的に練習し、自分のモノにする。

(それも集中特訓型で行います)

 

そして、自分のモノにする過程で

わからないところを徹底的に先人に相談する!

(「教えて、教えて」ではなく、自分で考えた考えを相談します)

 

この3点につきる、と。

 

一方で型や結果を出さない人の特徴は、

 

ちょっと学んだ段階で

我流に走り

 

没頭して、型をカラダにしみ込ませることはしません

ちょっとやって、

「難しい」「できない」「や〜めた」という名人です。

 

一切、先人に相談しないので、間違った道を突き進みます。

 

 

あなたにも、身に覚えがありませんか?

 

 

あの天才音楽家モーツァルトでさえ、

多くの楽曲を完コピしたと言います。

 

 

まず徹底的に「師を学ぶ」

 

 

その上で、本当のオリジナルになるのです。

 

 

型を徹底的に学び取り、

その上で、

いや、だからこそ、

オリジナルに昇華できる。

 

 

ぜひそれを忘れないでください。

 

▼1人起業で成長する人だけが知っている最強戦略の「物語」を受け取る。▼


 

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ビジネスに使える、本当の「強み」の見つけ方・作り方

  • 私の夢は、「私の故郷、鹿児島に高校生や大学生がビジネスを学び、実践できる。そんな学校を創る!」こと。

  • これなら障害を乗り切れる!起業家が絶対言われる周りからの反対

  • 間違いだらけ!起業家がはまる、5つのデタラメ

  • 1000万円の売上よりも、はじめの1件目の売上に価値アリ!

  • 唯一無二のビジネスアイディアを次々企画創造できてこそ、一流の起業家!