1. TOP
  2. 紹介したい起業家・著名人
  3. マジシャンから学ぶ究極のコミュニケーション術!〜『達人.TV』第6弾 マジシャンでありコミュニケーションコンサルタント 中辰哉

マジシャンから学ぶ究極のコミュニケーション術!〜『達人.TV』第6弾 マジシャンでありコミュニケーションコンサルタント 中辰哉

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!起業家のためのUSPプロデューサー鉾立由紀です。

 

達人.TV第6弾のゲストはコミュニケーションコンサルタントの中辰哉さん

私自身が中さんのマジックにかかったんじゃないかと思うぐらい、撮影を終えて、中さんのコンサルを受けに行きたくなるぐらい心をぎゅっと掴まれてしまいました(笑)

「人を騙して喜んでもらえるのはマジックしかない。」

そうおっしゃるのは、マジシャンの思考を応用し、コミュニケーションコンサルタントとしてご活躍中の中辰哉さんだからこそ。

マジシャンの思考で物事を捉えると、あらゆることが見えてくるそうです。

マジシャンの思考を応用した、究極の男女間のコミュニケーションについて楽しくそして、熱く語ってくれています。

それでは動画でお楽しみください!

 

1話 マジシャンの思考による究極の男女間コミュニケーションとは?

ビジネス恋愛の法則は似ていると、よく聞きますよね。

もし、その両方をうまくいかせるものがあるとしたら、あなたはそれを手にしてみたいと思いませんか?

 

結果には必ず原因がある、それはマジックのタネや仕掛けのように

動画はいかがでしたか?

中さんとお会いしたのは、達人.TV第3弾に出ていただいた、心理カウンセラーの心屋仁之助さんの講演をきっかけにして撮影時で3回目。

にも関わらず、まるで長年のお友達のようにコミュニケーションできるのは、中さんのトリックに引っかかっているのかと思ったぐらいです^^

何故、マジシャンの思考が、ビジネスや恋愛において、絶大な効果を発揮し、人の心を動かすことができるのでしょうか?

欲しいゴールを描いて、そのゴールを手に入れるために、逆算して、必要なことを段階的に行っていく。

結果には必ず原因があります。

コミュニケーションにおいて、欲しい結果を実現したい時、人の心理を知り尽くしているならば、その原因となるものを作り、欲しい結果を手に辿り着くのは当然ですよね。

このタネと仕掛けがわかったとしても、マジックをすぐに誰でもできるようにならないのは、できるようになるまでトレーニングを行うことが必要だから。

やるのかやらないのかは、本人次第

起業も同じですよね。

ビジネスにおいて、欲しい結果を描き、原因となる必要な行動を起こしていく。できるようになるまで、数稽古を繰り返す。

さて、あなたはいつそれをめますか?

2話 中辰哉さんモテマジックを実演公開!

男女間のコミュニケーションがもっとうまくできたら、あなたの人間関係、恋愛においてもビジネスにおいても大きくわってきませんか?

「マジックは想像したことを必ず実現する

世界チャンピオンを目指すボクシングの世界から、マジックの世界へ飛び込み、コミュニケーションコンサルタントとして ご活躍中の中辰哉さん。

モテるためのマジック応用術を2話目の動画の中で実演公開してくれています。

ビジネスの法則に長けていても、恋愛の法則には疎くってという方も

「あー、マジックやっておけばいいのか?」なんて思ってしまう今回の達人.TV!

 

必見!モテマジックを披露

今回は達人.TVの試み!中さんによるモテマジックを披露していただきました。

中さんがマジックの世界に飛び込んだのは、世界チャンピオンを目指していたボクシングから、交通事故によって夢を閉ざされてしまったことから始まります。

きっかけは中さんのお母さまから渡されたたった一冊の本

その本が今後の中さんの人生を大きく変えるとは、受け取ったときは思ってもみなかったことでしょう。

 

生きる目的でもあったボクシングが怪我によって諦めざるを得なくなったという大きな挫折

 

そこから這い上がってこられたのも、マジックを通して、こんなにも人に勇気と笑顔を与えられると、人と繋がれるということを実感したことがあったから。

中さんをどんどんマジックの世界へそして、自分の使命として突き進めることになったのも、コミュニケーションを通して相手を喜ばせることができるからなのでしょう。

 

恋愛においても、ビジネスにおいても、

どうやったら相手が喜んでくれるんだろう?

どうやったら相手が気持ちよくなるだろう?

どうやったら相手が心を開いてくれるだろう?

相手のために何をするのかが大事な基本になっていますよね。

 

さて、あなたはどんなことでお客様を喜ばせたいですか?

3話 お客様の買いたいを作り出すクロージングの本質とは?

お客様の方から買わせてとお願いされたら嬉しくないですか?

もし、そんな方法があるのならば、知りたいと思いませんか?

「何が欲しいかをこっちから言わせるのがプロ」

そうおっしゃる中さん。

3話では、お客様の買いたいを生み出す究極のコミュニケーションについて語られています。

 

どうしたら通り過ぎるお客様が振り向いてくれるのか?実演販売から見つけた魔法の言葉

今回は中さんがマジックグッズの実演販売をされていた時のお話が語られています。

どうすればお客様がふり向くのか?

実演販売のプロフェッショナルを徹底的に研究し、お客様がふり向く魔法の言葉を実践。

さらにそこからお客様が何をしているのか

お客様とどういう関係を創りあげて、

どんな提案をこちらからすれば、

お客様の買いたいを作り出せるのか、

どんなコミュニケーションをすれば

お客様の心を開くことができるのか、

まさにクロージングの本質が語られています。

 

単なるノウハウではなく、どれだけお客様のことをわかっているのか、どうすれば相手が喜んでくれるのかを徹底して考えているからこそ、お客様が応えてくれる。

おじいちゃんとお孫さんのエピソードに心がほっこりしつつも、あなたのビジネスに置きかえられるポイントが満載の15分です。

さて、あなたはどうやってあの人を振り向かせますか?

4話 社会を良くする究極のコミュニケーションとは

起業しよう!新しくビジネスを始めよう!

そう決めた時、あなたに近い人間が反対する、そんな時どうやって乗り越えますか?

「健全で嘘偽りがなかったら、絶対成功する」

ご自身の経験を通して、これまで乗り越えてきたことを語ってくれている、
中さんの第四話。

パートナーによって多くのことを気付かされ、成長してきた

中さんは今のシゴトをご自身のミッションとして活動されていますが、きっかけとなったのはパートナーである奥さまの存在。

奥さまによって多くのことに気づかされ、成長することができた中さん。

3組に1組が離婚するという世の中。でも、離婚しようと思って結婚する人たちはいないわけです。

離婚が悪いわけではありませんが、離婚してしまうのは、夫婦のコミュニケーションが無いから。

 

夫婦でコミュニケーションをして、お互いの問題を理解して、悲しみを理解し合って、お互いが改善していくことが出来れば、夫婦としてうまくやっていける。

夫婦がうまくいくようになっれば、絶対社会が良くなっていく

夫婦は一番小さな社会の単位です。

「夫婦がうまくいくようになれば、絶対社会が良くなっていく。」

それを確信してミッションとして活動しているのも、パートナーが教えてくれたからだそうです。

マザー・テレサも同じことを言っています。

 

世界平和のために、何をしたらいいのかと聞かれて、マザー・テレサはこう答えたのです。

 

「帰って家族を大切にしてあげて下さい。」

ミッションは、使命。

命懸けでやる!

それが健全で嘘偽りがなければ、絶対に人はわかってくれます。

あなたの命を使って、どんなことを成し遂げたいのですか?

どんな世界を実現したいのですか?

誰のためにその命を使っているのでしょうか?

 

 

もしあなたが家族や大切な人を支えながらも起業を考えているならば、絶対に倒れるわけには行きません。

しっかりと戦略的な起業をしていきましょう!

▼1人起業で成長する人だけが知っている最強戦略の「物語」を受け取る。▼

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

コミュニケーションコンサルタント中辰哉さんが語る究極のコミュニケーションとは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ベストセラー作家に学ぶ、出版でヒット作を生み出すポイント!『達人.TV』第7弾

  • ブラック企業を告発!新田龍さんに聞く、個人起業家に必要な負けない心の秘密 達人.TV第4弾

  • ああ、そういうコトだったのか?!プロマジシャンに学ぶコミュニケーションの極意

  • 心屋仁之助さんからの教え〜「母親に認めてもらうために仕事をしていた私」と心屋仁之助氏の正体をお見せします! 達人.TV第3弾

  • これを見たら絶対「できない言い訳」ができない!マインドブロックバスター創始者:栗山葉湖さんの軌跡 「達人.TV」第5弾

  • 「サービス」とは違う「ホスピタリティ」の真髄 ザ・リッツ・カールトン元日本支社 支社長 人とホスピタリティ研究所 代表高野登氏インタビュー 達人.TV第9弾