1. TOP
  2. クロージングできない多くの起業家が勘違いしている事実とは?

クロージングできない多くの起業家が勘違いしている事実とは?

クロージングできない多くの起業家が勘違いしている事実とは?

 

多くの起業家がカンチガイしている事実。

 

それはクロージングはお客様に自分の商品を買っていただこうと説得することと思っていると言うこと。

 

 

一方で、私にとってのクロージングとは?

 

 

それはある意味、オーディションだったりします。

 

 

私はこの「USPビジネス進化論」の中で、幾度となく理想のお客様にあなたの商品、サービスがどのようにお役に立てるのか?それを明確にするようにとお話ししています。

 

 

当然ですが、私自身も上記の質問に対して、明確な答えを用意しています。

 

 

そしてもっと言うのであれば、私はただ私のサービスをクライアントに売っているとは思っていません。

 

 

私は起業家のUSPを軸としたビジネスプロデュースを行っていますが、全ての希望者のシゴトを受けるワケではありません。

 

 

私にとって大切なこと。

 

 

それは私のクライアントが彼らのお客様のお役に立つためにそれこそ一生懸命、以下の点を理解して成長してくれる人材かどうか?

 

 

「ただ知識を収集するのではなく、自分の専門分野の研究者たること」

 

「ただ教えるのではなく、自身のお客様を勝たせるプロデューサーたること」

 

「ただ販売者となるのではなく、だれよりもカタヤブリな専門家たること」

 

「ただ学ぶのではなく、利益を得ながら学ぶこと」

 

 

そして更に言うのなら・・・

「諦めないと決断し、自燃的に継続し」、

 

「日本を、そして日本の起業家を変える!」

 

そんな起業家としてふさわしいかどうか、常に判断しています。(元ヘッドハンターですし。)

 

 

これらの軸は私が掲げているモノであり、起業家にとって絶対に必要というワケではナイかもしれません。

 

 

ですが、私はこれらの点を理解せず、「ただ自分の利益のためだけにお金儲けをしたい!」

 

そんな起業家のお役に立つことはデキナイ。

 

そう確信しているため、これらの点を私の「理想のお客様」を見分ける判断基準としています。

 

ココで言いたいこと。

 

 

ある意味、自分のクライアントに対するプロデュース方針が決まっているからこそ。

それに合わないお客様は、お断りさせていただく。

 

 

なので、私にとってクロージングはお客様に購入して下さいとお願いする場ではなく、私がお客様を選ばせていただく場となる。

 

 

そして、私の好きな「理想のお客様」ばかりが集まるから、私自身も日々、シゴトが幸せで、クライアントも居心地がいい。

 

 

だからシゴトにやりがいを持ち続けることができるワケです。(たとえ短期的に売上を失うことになったとしても!)

 

 

最後にあなたに質問です。

 

あなたはお客様の判断基準、持っていますか?

 

判断基準

 

判断基準はハッキリと。

 

▼1人起業で成長する人だけが知っている最強戦略の「物語」を受け取る。▼


\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

クロージングについての勘違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • クロージング・営業は説得ではなく・・・○ーディション!

  • クロージングを簡単にする戦略をお伝えします

  • 営業が苦手、デキナイ理由 知っていますか?

  • クロージングは押し売りではありません!お客様へのご提案は愛です

  • クロージングが苦手!それ以前にお客様にクロージングしていますか?

  • 売上頭打ちの9割の起業家がハマる罠!顧客の全要望に応えるから、お客様から選ばれない!