こんな起業家は嫌だ! ”選ばれない起業家”の特徴5選

今回は、私がお会いしてきた起業家・起業準備中の方で、「選ばれない」起業家特徴を5つ紹介していきます

 

こんにちは、1秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

1.大人の社会人としてのマナーがない

USP、USPと毎秒のようにお伝えさせていただく私ですが。私のシゴトは単にUSPを確立することだけではありません。しっかりとしたUSPの上に、ビジネスを黒字化させて立ち上がっていただくためのビジネスモデルの構築もサポートさせていただいています。

 

ですが、最近思うことは、大人の社会人としての本質を理解している人が少ない、ということ。

 

どういうことかと言うと。先日、お会いした方に、とても大人の社会人とは思えない対応をされた方がいました。周りの方に挨拶もしない。なにかされても「ありがとう」も言わない。失礼なことをして、注意されても逆ギレする。私が神経質と言われるのならそれまでですが。

 

単刀直入に聞きます。あなたはそんな方にシゴトを頼みますか?

 

残念ながら、私なら「No!」です!

 

また、ある異業種交流会で、私がお会いしたコンサルタントさんですが、お会いした瞬間に「くさっ!!!」と思うくらいの汗の匂い!! その方とは名刺交換をした直後、瞬間でその場を立ち去ってしまいました(笑)。

 

私のこと「ひどい!」と思いますか?

 

ですが、今まで、2,000人以上のエリートサラリーマンの転職対応と1,000人以上の起業家のUSP個別面談をさせていただいて思うこと。

 

選ばれる人は、大人の社会人として、外も内も気を使ってる!! いや、更にはっきり言うならシゴト以外のところでも、人から好かれるために工夫している、と言うワケ。

 

そりゃ確かに、シゴトと関係のないところで判断されるなんて、ムカつく話だと思います。

 

ですが、あなたがお客様の立場になった時、もし相手がとても汚かったり、またとても不躾だったりしたら?? きっとイヤ、ですよね?! 私たちは自分が顧客の立場でいるときは、相手に対してとってもキビシイ! でも、自分がビジネスをする際には、とっても自分に甘くなるのですよ、コレが。

 

あなたが「プロ」と呼ばれる方に向ける視線。

 

一度、あなた自身に向けてみませんか?

 

きっと自分自身の「自覚の無さ」に、「あっ!」と驚いてしまいますよ!!

 

2.指示がないと動けない

 

USPを教えている私は、「一つのジャンルでカタヤブリな専門性を持つ研究家であり続けなさい」そう教えています。

 

で、最近、思うこと。起業家って自分のビジネスを持っている方々ですよね? でも、「どうやって研究すればいいんですか?」そう聞いてくる人を見かけます。

 

「……あなた自分のビジネスの勉強の仕方、人に聞くんかい?(瀑)」

 

そう思いません? あなただったら、こんな起業家にお金を払いたいと思いますか? 絶対、イヤですよね? 私も、絶対にイヤです。

 

USPを持つと言うことは、その自分のジャンルにおいては、誰にも負けない、突出した専門性を持つと言うこと。だから、誰かに勉強の仕方を学ばないと勉強しないようなジャンルじゃ、ダメなんです。いや、それ以上に。

 

誰かの指示を受けて、1から10まで教えてもらえなきゃ動けない。

 

そんな姿勢なら、そもそも起業するのに無理があるっちゅーの!!

 

「教えてもらえなかったから、わかりません!」

 

 

もしあなたがそんな起業家に会ったなら、ぜひひと言、こう言ってあげてください。

 

「あなたに起業は向いてないよ」と。

 

3.「自信がない」と言ってしまう人

 

個別相談で言われる私にとって一番のミステリーワード。それは……

 

「私、自信がないんです」

 

私の個別相談は起業家(または起業志望者)向けに行っていますので、特に思うのですが、「自信がない!」そう思うくらいなら、やらなければいいのに。

 

冷たいですか? ですが、こうも考えてみてください。

 

「自信がない」「私がこんなことを指導していいのでしょうか?」

 

これらの発想って、思いっきり自分中心的な思考だと思うのです。

 

 

例を挙げますね。私は以前から、ビジネスは「お客様の問題解決」のためにある。そう言っています。だからこそ、起業する際の最初の動機は「お客様の抱える何らかの問題や欲をなんとか解決したい!!」そこから始まるのが普通。

 

なので!「自分に自信がないんです……」ではなく、「どうすれば、お客様の問題を解決できるのだろうか?」と考えるのが基本の思考パターンなワケです。

 

「自信がない」そう考えているとき、あなたの思考の中心はあなたです。「失敗したらどうしよう」と、自分がどう見えるかだけを考えています。

 

本当にお客様のことを考えているなら、自分に自信がないことを心配する前に、まずは「お客様に何をしてあげられるのか?」を真剣に考えます!

 

例えば、熱を出した子供を目の前にして、「看病できる自信がない……」とは言いませんね? その子のために、やれることはすべてやりませんか?

 

だからこそ、「自分のビジネスをうまく行かせたい!」そう願う個別相談の相談者から、「私、自信がないんです……」そう言われるのは本当にミステリー。

 

起業は無理にさせられるモノではありません。もしあなたが、「自信がないからできない」本気でそう悩んでいるのなら……悪いことはいいません。起業するのはあきらめて、とっとと「雇われる人生」を歩み始めることをオススメします。

 

4.「できない理由」探し名人

『「やりたいことが出来ない」なら起業はしない方がいい理由とは』

 

多くのエリート・サラリーマン、起業家(起業志望者)と彼らの強みを「最強の必殺技」化するためのコンサルティングを行ってきました。その際に、よく聞くひと言。それは……

 

「本当はやりたいことがあって……(実はそっちを伸ばして行きたいんです。)」

 

本当にやりたいなら、やればいいのです。それでも「やりたいことが出来ない」なら、起業はしない方がいいと私は断言します。

 

今までの経験もウリにして、新しく必殺技を創りたい。そういう人は本当に多い。(あなたもそういう人と会ったことがあるでしょう?!)そして、実際にそういう想いで、私が主宰するThe SUMMITでご自身の「必殺技」を創り出している方も大勢いらっしゃいます。

 

更に言うなら、私自身が同じ想い(「本当はやりたいことがあって……」)を持ち、さまざまな経験を重ねて来たので、本当は、そんな方たちにぜひ立ち上がってもらいたい!!

 

でも、そのような方達は「できない理由」を探すのも上手いのです。

 

「お金がない」「時間がない」「奥さん(ご主人)が賛成しない」「子供の学費を考えると……」「失敗したらどうすれば……」

 

このような理由で「やりたいことが出来ない」なら、起業はしない方がいい。いえ、起業は向いていないでしょう。そんなとき、私が聞く質問。

 

「その『やりたいこと』をやらないあなたとやっているあなた、どちらがシアワセですか?」

 

あなたが子供のとき、ご両親がダメと言っても隠れてやっていたことはありませんでしたか? 受験勉強があると分かっていても、部活動に専念していたことはありませんでしたか?

 

できるかどうかなんて考えず、まずやってみたいと思い、突き進んだことはありませんか?独身の私から言わせてもらえば、子育てなんていい例だと思いますが、いかがですか?

 

「やりたいこと」それは、やらないでいることがガマンできないくらい「やりたいこと」、なのです。やらない理由を考えて、「やりたいこと」をやらずにいれる内は、あなたはただ、「やりたいこと」がある(と思っている)自分に酔っているだけ。そこまで言われて行動に移さないのなら、その「やりたいこと」はそれほどの「やりたいこと」ではなかったということでしょう。

 

「やりたいことが出来ない」なら起業はしない方がいい理由、それは「やりたいことが出来ない」=「実はそれほどやりたくない」ことも多いからです。

 

「やりたいこと」

 

それは、遠回りかもしれない、失敗するかもしれない、でも、なにかをつかめるかもしれないなら、そのためには何でもする!!そういう「想い」だと思うのです。

 

「やりたいことが出来ない」なら起業はしない方がいい理由、いかがでしたでしょうか?あなたの「やりたいこと」が見つかるお手伝いになれれば幸いです。

 

やりたいことで起業したい!という方はコチラを参考にしてくださいね(^_-)-☆

 

5.ダブルワークで上手くいったら起業したい

以前、個人面談でこんな笑い話がありました。

 

鉾立: 「どうして起業したいのですか?」

相談者:「え?私、起業は考えてないです。」

 

鉾立: 「じゃあ、なぜココ(個人面談)に申し込んだの?」

相談者:「今、会社で働いているので、最初はダブルワークからと思っていて……」

 

鉾立: 「でも、それって起業でしょう?」

相談者:「え?そうなんですか?起業するほどの覚悟はないんですけど……

 

鉾立: 「・・・(絶句)」

 

ダブルワークや副業を考えている人に言いたい! あなたが事業を始めれば、たとえどんなに気軽に始めたダブルワークであろうと、副業だろうと、お客様から見れば、それは立派なビジネスであり、起業なんだと言うこと!!

 

「私は起業したいワケじゃない」

 

そういう人には2つの共通点があります。ひとつは、起業するまでの責任感はナイ! ふたつは、気軽に初めて、なんとなくうまく行ったら独立したい! そう言う相談者にはこう言います。

 

「あなたにとっては、お気軽なダブルワークや副業であったとしても、お客様からしたらそんなの関係ない!!ダブルワークだろうと副業だろうと、そんな姿勢でシゴトされるとお客様の迷惑だから、会社のシゴトで満足しとけっ!!!」
※ でも会社の社長もクビにしたいでしょうね、こんな人。

 

シゴトはお客様の問題解決のためにあるということ。ホンットに忘れないでください!! 私からの一生のお願いです!

 

 

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG