1. TOP
  2. 起業家プロデュース事例
  3. プロフィール写真専門のフリーカメラマン・写真家でも年収1,000万円の事例。集客方法3つのポイントを押さえて成功した、ポジショニング・フォトグラファーRyu Kodamaさん

プロフィール写真専門のフリーカメラマン・写真家でも年収1,000万円の事例。集客方法3つのポイントを押さえて成功した、ポジショニング・フォトグラファーRyu Kodamaさん

「お客様は写真にお金は払いません・・・。」

そんなふうに悩み、写真家なのに、「写真の撮影だけでは生活がままならない・・・。」という写真家がいました。

 

ですが、「お客様は写真にお金を払わない」という、その間違った思い込みを払拭し、お客様が写真にお金を払いたくなる「価値」をたった1ヶ月の準備で創り上げ、いきなり月商150万円を達成しました。

 

今回の記事でご紹介させていただくフォトグラファーは、私のプロデュースを受けて起業家のための1枚でお客様の記憶に残るインプレッションフォトを創り上げた、ポジショニング・フォトグラファー Ryu Kodamaさん。

ポジショニング・フォトグラファー Ryu Kodamaさん

今回の記事では、そんな「お客様はお金がありません・・・。」、「お客様はお金を払いません・・・。」と悩む起業家の方々が、お客様がお金を払わざるを得なくなる、そんな価値の作り方のヒントが盛りだくさんとなっています。

 

自分の思い込みにより、お客様に低価格であなたの誇るべき商品を提供することは一切ありませんし、お客様は価値あるものにならば、お金を払いたがっていらっしゃるのです。

 

ぜひ、この記事を読んで、あなたも脱・低価格販売を果たしてくださいね(^^)

 

こんにちは、1秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

それでは早速、どのようにRyuKodamaさんを私がプロデュースしたのかを見ていきましょう。

写真家・カメラマンが写真だけで食べることができない3つの理由

写真家・カメラマンの方々が、写真だけで食べることができないのには、大きくわけると3つの理由があります。

 

1.撮影する写真にUSP(お客様への究極のコミットメント)がない

2.3秒であなたの作品のUSPを理解していただこうとしていない

3.自分の作品を理想のお客様の目の前に、ほしい時においておく工夫がない

 

これらは一体どういうことなのか?

早速、1つずつ見ていきましょう。

 

1.撮影する写真にUSP(お客様への究極のコミットメント)がない

Ryuさんの写真はとても素敵な写真だったのですが、作品になんの特徴もありませんでした。

「いい写真だね!」
「ステキな写真だね!」

そんな声をいただけても、それ以上でも、それ以下でもなかったのです。

 

その理由はたった一つ。

Ryuさんは

被写体の方が撮りたい写真を撮っていたから。

 

以前、起業する前の私もそうでしたが、ほとんどの人はプロフィール写真をどのように撮るべきか、撮られるべきか

知りませんし、わかりません。

 

なので撮影の際に、依頼してしまうのは、

✓ 写真の素人が考える、何の個性もない、みんなと同じような顔となる没個性写真”か、

✓ 元の本人とはかけ離れた完全に修正された別人写真”か、

✓ 最悪、単なるスナップ写真的なもの済ませてしまうのです。

 

ですが、上記のような写真を撮影したいのなら、わざわざ高い金額を払って、写真家に頼んでまで撮っていただく必要は、ありませんね?

特にRyuさんは、普通の女性の方々に写真撮影依頼を受けていました。

 

これからの世の中、起業家の第一印象は、インターネット上で決まる確率が高い。いや、極端に言うなら、Facebookやブログを通して、今まで知り合えなかった人々に簡単に出会えてしまう今、

第一印象はネットで決まる

と言っても過言ではないのです。

 

なのに、ほとんどの起業家の写真は

没個性・・・。

Facebookのプロフィール写真で「ものすごくキレイ!」と思っても実物とのギャップに驚くばかり・・・。

挙げ句の果てには、ネコやイラスト、スナップ写真ととてもビジネスを頼めない、そんなプロフィール写真だったり。

 

なので、まず最初に私がRyuさんに確認したことが

「被写体の本質を写真におさめることができますか?」

でした。

 

Ryuさんに見せてもらったありきたりな写真がRyuさんの実力なのか?それとも、Ryuさんは被写体の本質の良さを引き出せるのか?そこをRyuさんとの個別相談で確認させてもらったのです。

 

Ryuさんの答えは、それこそ、Ryuさんの得意とする分野!ということでした。

今まで、一般の人以外にアーティストのプロフィールも撮っているし、アメリカでも多くの個性的な写真を撮ってきた!

そこを確認した上で、私が提案したUSP。

 

それは、

========

起業家のための1枚でお客様の記憶に残るインプレッション・フォト

=========

という全く新しいプロフィール写真だったのです。

 

これから益々多くの起業家がデビューする。

それなら、その起業家が何者で、何をしてくれる起業家なのか?お客様が1枚の写真で瞬間的に理解できるなら・・・、

起業家にとって

これ以上にうれしいことはないワケです。

 

芸能人やアーティストであれば、当たり前にやっているのに起業家はやらないのか?

今の未常識を常識に置換える。

まずそこからのスタートでした。

 

Ryuさんは私と会うまでは、普通の女性を彼女達に言われるままに「キレイに」撮ってあげていました。

普通の女性がお客様ならキレイな写真を撮るために高額な金額は払わない。なぜなら、プリクラだって単にキレイな写真なら撮ってくれるから。

 

ですが、Ryuさんが今までアメリカで修行し、数多くのアーティストたちを撮影していく中で培ったコンサル経験があれば、起業家の本質をえぐり出し

その人がいったい何者で、どんなお客様にどうお役に立つのか?

それらが瞬間でわかる、お客様から選ばれるための全く新しい写真。

 

インプレッション・フォトの第一歩は

業界の未常識を常識に置換えるところから始まりました・・・。

 

なぜ、お客様の言うことを聞くと選ばれないのか?(補足)それは正確に言うとこうです。

ただ、お客様の言うことをきくだけでは選ばれない。

 

具体例を言いましょう。一番最初に私がRyuさんの写真を見たのは、私の門下生であるUSPディレクタ— 小藪宗博さんの写真を見た時でした。

小藪さんはRyuさんにプロフィール写真を撮ってもらったのです。小藪さんのプロフィール写真を見て私はひと言。

「小藪さん、なんでこんなつまらない写真を撮っちゃたの?」

その時の写真はコレ↓

USPディレクタ— 小藪宗博さん

もちろん、小藪さんはプロの写真家としての写真の撮られ方など知る由もなく、単に「かっこよく撮ってください」そうお願いしただけそして、Ryuさんもその通りに撮影しただけ、だったのです。

 

いいですか?もう一度言います。このとき、Ryuさんは小藪さんのリクエストに応えただけだったのです。

 

ですが、私が考える起業家にとっての写真は、お客様が「この人にお願いしたい!」そう瞬間で確信してしまう写真!

その人の人間の「本質」、その人の「想い」、その人が「何屋」で、「何を売っているのか」が一瞬でわかる。

そんな写真なのです。

 

お客様が付き合いたいのは単にキレイな人ではない。ただの平凡な人でもない。

その人の「心」「個性」「在り方」がそこに写し出されているかが、一番重要なのです。

========

起業家のための1枚でお客様の記憶に残るインプレッション・フォト

=========

の提案を受けた後、私のコンセプトを理解したRyuさんは再度、小藪さんの写真を撮り直しました。

それを基に創られたFacebookのヘッターはこちら↓

USPプロデューサー 小藪宗博さん

 

前の写真を基に創られたFacebookのヘッダーはこちら↓

USPディレクタ— 小藪宗博さん

どうですか?小藪さんの魅力が瞬間でわかるのはどちらですか?

Ryuさんは私の提案を受け、一瞬でその人のストーリーが伝わる写真について、徹底的に研究しました。

ハリウッドの映画のポスター、選ばれている雑誌の表紙、芸能人のプロフィール、誰とも被ることなくお客様から選ばれずにはいられない、そんな写真や画像を徹底研究したのです。

 

お客様が例え高額でも欲しいと思う。

 

その瞬間と言うのは、お客様の期待を裏切る

「感動」を提供したとき。

 

Ryuさんは今、お客様の言う通りの写真は撮りません。

起業家であるお客様が選ばれるための最高のインプレッション・フォトを撮影します。

お客様からの不自然な修正の依頼も受付ません。

 

なぜなら、その人の「ありのまま」の良さが消されてしまうからです。

今、RyuさんはRyuさんの写真に最も感謝してくれるのは、普通の女性ではなかったと痛感しています。

 

なぜって?

彼女達は、自分の撮りたい写真が撮りたいのであって、誰かに選ばれるために写真を撮っている訳ではありません。別人になってしまうくらい修正してでもキレイに撮られた写真がほしい。※Facebook上の写真はものすごく修正されていますよね?

 

そして、そんな写真を安くで撮る写真家は別にRyuさんでなくてもゴマンといる。だからこそ、私はRyuさんにこう提案したのです。

 

今までのお客様は他の写真家に任せて、Ryuさんは今までにないインプレッション・フォトを磨き上げ

もっともっとお客様に選ばれたい!

そう渇望する起業家のみなさまのお役に立ってください。

 

そのコンセプトを確立した瞬間、「そんな写真が撮りたかった!」そんな起業家から問い合わせが殺到。という、ワケです(^_-)-☆

 

 

2.写真家・カメラマンの問題:お客様が集まらない

徹底的な露出を行い、お客様を惹き寄せます。

Ryuさんの商品は、この戦略において、最強の武器を持っていました。

 

それは・・・写真。

 

私の主宰する選ばれる起業家育成プログラム『The SUMMIT』において、Ryuさんは、USPディレクター小藪宗博さん、恋めしクリエーター青木ユミさん、うるおい漢方の専門家大塚まひささん、食べる筋トレレシピの専門家ギール里映などなど、突出した成果をあげている私の門下生のインプレッション・フォトを徹底的に撮りまくりました!

 

業家として突出した成果をあげているそんな起業家に

========

起業家のための1枚でお客様の記憶に残るインプレッション・フォト

=========

を撮ってあげた結果、彼らがどうなったかあなたは創造できますか?

 

詳しくは各メンバーの実績紹介の際にお話ししますが、お問い合わせを続々といただけるようになり、Facebook、ブログのPVがあがり、各種プロモーションでのお客様のアクセス数が増えるなど、Ryuさんの写真を活用したおかげで彼らの理想のお客様に対し抜群のインパクトを与えることができたのです。

 

では、Ryuさんにとっては?

小藪さん達は、Ryuさんのインプレッション・フォトの完成と共に、Facebookのヘッダー、名刺、ブログのヘッダー、メルマガのヘッダー、プロフィール、などの写真を差し替えました。

考えてみてください。

USPディレクター小藪宗博さん、恋めしクリエーター青木ユミさん、うるおい漢方の専門家 大塚まひささん、食べる筋トレレシピの専門家ギール里映さん、このメンバーは全員、

月商7桁を突破するカタヤブリな起業家。

彼らと彼らのお客様の心を動かすインプレッション・フォトを撮影することで、Ryuさんは彼らのFacebook、彼らのブログ、彼らのメルマガ、彼らの名刺、それらすべてのメディアに露出することに成功したのです!!

それも

========

起業家のための1枚でお客様の記憶に残るインプレッション・フォト

=========

の威力を最大現に活用して!!

インプレッション・フォトの事前準備、打ち合せ、撮影風景など、さながら芸能人のように、インプレッション・フォトのメイキングも彼らのFacebookやブログ、自分のFacebookやブログで露出することでこのインプレッション・フォトを撮影できるのは、他の誰でもないRyu Kodamaだと、世間に印象づけたのです。

 

3.写真家・カメラマンが人気を得られない原因:自分自身の露出をしていない

あなたがどのように自分自身を、そして自分のビジネスを露出していくか?についてお話しして行きます。

自分の商品を多くのお客様にお届けしたい!

 

そう思ったら、一番最初に考えるべきは

「露出・認知」

ですよね!

 

そして、モチロン、露出を考える上で外せないのが、Webの活用

※ 今の時代、露出するのにWebを使わないなんてライターを使わずに火をおこすようなものですからね^^;

 

まず、Ryuさんの露出戦略の基本中の基本の考え方から行きますよ!

ぜひ、すぐ実行してみてください。

Webを活用した露出展開3ステップ<Facebook編>

1.友達をつくる

2.友達とのエンゲージメントを深める

3.タグ付けをする

 

そう、たったの3ステップ

1.友達をつくる

2.友達とのエンゲージメントを深める

※ 要するに関わり合うということですね。

3.タグ付けをする

 

ですが、これってよくよく考えると、リアルの友人創り同じなんですよね?!

Ryuさんは、たまたま影響力のある起業家とシゴトをする機会がありました。彼らとリアルに友人となり、シゴトを通して、お互いをFacebookで露出し合いました。

 

では、そんな影響力のある友人のいないあなたはどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単。

他己紹介です。

 

「他己紹介」読んで字のごとく人の紹介をすること。

なぜ、これがあなたの露出・認知戦略の役に立つのかわかりますか?

 

例えば、私の例を紹介します。去年の夏、私は一冊の小説を読みました。「恋文讃歌」という本です。

私はこの本が本当に気に入って、私のFacebookで著者の方と、その本を大絶賛したのです!すると・・・、著者の鬼塚忠さんが私の記事を見つけてくれて、彼のFacebookで紹介してくださり・・・、それがキッカケで、鬼塚さんと仲良くすることができるようになりました。

 

・・・ここであなたに置換えてもらいたいのです。

あなたが大好きな本の著者のような影響力のある方はFacebookをやっていないだろうか?

その影響力のある方が最高に喜ぶ記事やコメントをあなたのブログやFacebookに掲載できないだろうか?

その方に、あなたの記事やコメントを知ってもらうことはできないだろうか?

 

SNSのおかげで影響力のある方と自由に出会えるこの時代。ぜひ、あなたにもこの「他己紹介」を置換えてくださいね。

Ryuさんは私と最初に出会った当初、自分のことをSNSで露出することを怖れていました。ここにRyuさんから以前もらった起業当初の感想があります。

>>>>>

SNSやブログもやればいいとはわかっていても、自分から発信する怖さを持っていてなかなか動けませんでした。

こんな事思われたらどうしようという気持ちで動けなかったのです。

ですが個別相談で鉾立さんは私にカタヤブリなUSPを伴うビジネスを提案してくれたと共にこうも言ってくれたのです。

「好かれる事も嫌われる事も無くて良いのか」

「賛否両論ある世界と無い世界どちらが良いか」

 

フォトグラファーとして突出したい想いと、一方で、「失敗したらどうしよう?」という不安にさいなまれ、思い悩む私にこう問いかけてくれたのです。ですが、一見とても厳しく聞こえるこの問いかけのおかげで、嫌われたくなくて行動出来なかった自分のブロックがバーーンと外れました。

私にとって賛否両論ある世界を選択出来るようになったのは大きな大きな前進です。

>>>>>

こうして、RyuさんはFacebook投稿を始めました。それも

5投稿20コメント!

 

当然、Ryuさんは自分の撮影したインプレッション・フォトを最大活用!

フォトグラファーとしての自分のシゴトを最大限に露出に活用したのです。

 

Ryuさんが自分自身を露出することでこんなWin-Win-Winの効果が現れました。

 

1.自身の露出

2.インプレッション・フォトの被写体のみなさん

3.そしてさらに私の露出

Ryuさんが被写体のみなさんとの楽しい写真を露出することで、もちろんRyuさんと被写体のみなさんが

大露出に成功!

これに自信を得たRyuさんは、どんどんステキな写真をアップして行ったのです。そして、この彼の自信が、Ryuさんのビジネス状況を確実に変えて行きました。Ryuさんの今までにない明るさ、自信がFacebook上のRyuさんの友達をRyuさんにそして、Ryuさんと一緒にうつる被写体のみなさんに、そして、私に惹きつけ始めたのです。

 

結果、Ryuさんにも、Ryuさんと一緒に移るRyuさんの被写体のみなさんも、そして、私も(これはおまけですが^^;)

多くのシゴトのお問い合わせをいただくようになったのです!

 

自分を露出することを怖れる起業家の方にひと言。

あなたが楽しんでいる姿の露出は、未来のお客様を惹きつける最強の武器、ですよ(^_−)−☆

お忘れなきよう!

 

 

一流でも二流でもなく、超一流に自分もなれるんだ!

個別相談を終えた後のRyuさんからこのような言葉を頂いていたので、ご紹介しますね

━━━━↓ ↓ ↓ ここから

このままの成長スピードではフォトグラファーとしてトップに行けない。ビジネス面でも人間性においても、自分で模索し、じわじわと成長はしているけれども無駄な行動が多くフォーカスするすべを知らない。鉾立さんの個人面談を受ける前の私は突き抜けるにはどうすれば良いかと必死でヒントを探していました。

 

SNSやブログもやればいいとはわかっていても、自分から発信する怖さを持っていてなかなか動けませんでした。こんな事思われたらどうしようという気持ちで動けなかったのです。ですが、個人面談で鉾立さんは私に、カタヤブリなUSPを伴うビジネスを提案してくれたと共にこうも言ってくれたのです。

 

「好かれる事も嫌われる事も無くて良いのか」

「賛否両論ある世界と無い世界どちらが良いか」

 

フォトグラファーとして突出した想いと、一方で、「失敗したらどうしよう?」という不安にさいなまれ、思い悩む私にこう問いかけてくれたのです。

 

ですが、一見とても厳しく聞こえるこの問いかけのおかげで、嫌われたくなくて行動出来なかった自分のブロックがバーーンと外れました。私にとって賛否両論ある世界を選択出来るようになったのは大きな大きな前進です。

 

また、成長する為に数稽古をこなす事は大事だと言う事は分かってはいたのですが、そのすべが分からない。自分を鼓舞して行っていたのですが、頻度が少なければやる事は出来てもそれでは数稽古にならないともがいていました。

 

しかし鉾立さんに教えていただいた数稽古の仕方で、人間性も高まり、専門知識も深まり、商品の内容も洗練され、お客さんも増えるという事がわかり、

一流でも無く二流でも無く超一流に自分もなれるんだ。

鉾立さんの個人面談を受けて、そう思えた事が私にとって最も大きい収穫でした。

これからは、志を持つ起業家のために、全力で写真を撮り続けて行きたいと思います!

ポジショニング・フォトグラファー
Ryu Kodama

━━━━↑ ↑ ↑ ここまで

写真は綺麗でカッコよくて面白ければお客様はどんどん増えて行くでは無いか?

このようにビジネスを創り上げていったRyuさんですが、最初は、「写真は綺麗でカッコよくて面白ければ」いい。そう思っていたのです。私のプロデュースを受けて少しした頃のRyuさんよりこのような言葉を頂いています。

 

━━━━↓ ↓ ↓ ここから

写真は綺麗でカッコよくて面白ければ、お客様はどんどん増えて行くでは無いか――――?

・・・ただ、現実はビジネスも写真家としても成長速度が遅く、誰かに出資してもらうか、何年もかけて写真家として認めらるようになること以外にビジネスを拡大する手段は無いと思っていました。

 

単価も低かったため、一体どれだけ写真を撮れば豊かになれるだろう?人生に対して明確なビジョンを持てないまま、何とかなるだろうという甘い期待を抱きながら生活してました。

 

そんな時、鉾立さんに出会い『ガツーーーン』っと衝撃を受けました。

 

超一流人間になれる方法を明確に教えていただいたです。

 

漠然と興味赴くままに色んな写真を撮っていて全てを極める不可能なんです。大量ダイヤ原石をあれもこれもちょっとずつ磨いていたではどれもこれも輝かない。たった一つを磨けば良かったです。

 

一つジャンルでカタヤブリな専門家になること!

一つジャンルで抜きんでた超一流写真家になること!

 

それなら出来る!自分も超一流になれるんだ!!と思うことが出来たです。

 

鉾立さんから提案していただいたビジネスアイディアは私では一生かかっても思いつかないもでした。起業家本質を写し出し勝たせるため写真。インプレッションフォト

 

正直、ご提案いただいた時は大きな抵抗がありました。まず、起業家というもを知らない。ミュージシャンやアーティスト格好良い写真を撮るが好きだった自分は、起業家って格好良くなさそう(失礼しました)だからどうなんだろう?

 

しかし、そこにニーズがあるということ、起業家役に立つことで世中を良くする大きなインパクトを写真で与えることが出来るということ、そして超一流になれるということ。そんなビジネスであるということを理解し飛び込み、初めて3カ月で月商7桁を超えるようになれました。

 

(余談ですが、お客様設定、私特性、時代流れ、それら全てを綿密に考慮して生み出された提案だとわかったは一年ほどThe SUMMITでビジネスを勉強してからことです。)

 

そこからは『起業家売上が劇的に上がる写真、インプレッションフォト』を磨きあげ、それを広げるという明確なゴールがあるで、日々フォーカスして考えるため軸が出来ました。なんとなく上手くいくではないかと日々を過ごしていた以前分が嘘ようです。

 

それでも軸がぶれる度に、鉾立さんはこう言ってくれます。

「あなたにとってあなた時間が世界で一番大事。そこをどう有効に使うか考えなさい。」

自分人生を真剣に生きることを毎日当たり前に考えるようになった自分に驚いています。

 

The SUMMITでは、自分だけが豊かになれば良いというでは無く、お客様をめちゃくちゃ喜ばせ、自らが豊かになり、そして関わる人を豊かにするということを教えてくれています。

 

それを実践すべく2016年は写真でもっと世役に立てるように、仲間を募り、仲間と共に豊かになる!そんなビジョンを持って活動しています。

 

The SUMMITは自分人生に真剣になりたい人、人生に向き合って、自分に向き合って、自分が創りうる最高人生をおくりたい人、そして何よりそれに対して覚悟ができている人には最高場所です

 

鉾立さんと出会った時、「ビジネスって学べるんですね!!!」と驚いたビジネス素人であった私が、人にビジネスを教えるところまで来れました。

 

そんな経験をしたい人は是非一緒に世中を豊かにしていきましょう!

ポジショニングフォトグラファー

Ryu Kodama

━━━━↑ ↑ ↑ ここまで

 

Ryuさんが成果を出したメソッドは次の無料レポートが元になっています!



\起業に必要な軸を網羅しました!/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 普通のOLでも漢方ビジネスで急成長することができた理由

  • 和装・着付け教室を開業し、成功した事例。斬新な教室内容で生徒さんを増やし、月商160万円を達成した着物のイメージコンサルタント上杉惠理子さん

  • 【受講生の紹介】死ぬほど悔しかったからこそ、 手に入れることができた魂からの想い【佐々木玲奈】

  • 多くの個人起業家がやらない戦略、ビジネスはお客様への愛情表現!

  • 斬新な料理教室の開業で成功した事例:主婦が食育の資格を活かした仕事で月収390万円を達成したギール里映さん

  • 巷に溢れかえった「恋愛塾」との差別化に成功した新ビジネスの提案事例