1. TOP
  2. USP攻略メルマガバックナンバー
  3. 「資格があれば起業もできる」は大間違い!?

「資格があれば起業もできる」は大間違い!?

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

さて、早速ですが今日の本題に行きましょう!

◆   資格ジプシーにはならないで! ◆

 

突然ですが、私の出身校は関西外国語大学です。

 

学生時代、私は

 

「英語さえできるようになれば、道は拓ける」

 

そう思っていました。

 

 

だから、

猛烈に英語の勉強をし

 

英検1級も取り、

TOEICも975点獲得と、

 

英語という意味では、

かなりマスターしてきたと言えるでしょう。

 

 

ですが、それらの経験を乗り越え、

今、思うこと。

 

 

「英語はただの道具だったと言うこと」

 

 

すなわち、英語ができるからといって、

希望するシゴトがもらえるワケでもないし、

さらには、英語ができたってシゴトを確実にもらえるワケでもないのです。

 

 

さらにわかりやすく言うなら、

「学んだ英語を

 こう言う状況で活かしたい!」

 

そういう「こうなりたい!」というビジョンがなければ、

ただ英語が使えても、

リアルの現場では使いモノにならない、のです。

 

 

 

「そんな、冷たい!」

 

そう思うかもしれません。

 

 

ですが、こう考えてみてください。

 

 

 

日本にいる全日本国民はおそらく日本語ができると思います。

 

では、全員が自分の思うようなシゴトについているでしょうか?

 

 

 

ついていませんね!?

 

 

 

私は運良く大学時代に

1年間交換留学をさせていただける機会がありました。

 

 

実を言うと、

その時の私のTOEFLのスコアはかなり低く

490点くらいだったのですが、

私は留学生選考試験に受かったのです。

 

※   今ならComputer Based TOEFLで163点くらいでしょうか。

簡単に言うなら、「全く英語できません」レベルです(笑)

 

 

私の大学は外国語大学でしたから

帰国子女もたくさんいました。

実際、私よりも英語ができる学生はたくさんいたのです。

 

 

その中で、私よりも英語ができる学生ではなくて

私の方が選ばれた理由は何か?

 

 

学校側の理由はこうでした。

 

「英語ができても、

 学校の成績が悪く、

 目標やビジョンがない生徒を留学させても

 勉強しないから。」

 

 

 

一番大事だったのは、

その英語を使って

 

「何をしたいのか?」

 

と言うことだったのです。

 

 

かなりキツいことを言うようですが、

年の明けた今、

某ユーキャンでしきりに資格の宣伝をしていますね。

 

 

 

宅建

英検

ペン習字、などなど。

 

 

 

おそらく、

 

「資格を取れば、何とかなる!」

 

資格の勉強に励んでいる方々がたくさんいらっしゃるでしょう。

 

 

 

ですが、私は断言します。

 

 

必要なのは資格やスキルの前に、

 

「それを使って何がしたいのか?」ということ。

 

 

 

NLPやコーチングが大事なのではなく、

そのNLPやコーチングを使って、

どうしたいのかということ。

 

 

 

簿記や医療事務を学び、

その学んだことを使って、

あなたはどうしたいのか?と言うことなのです。

 

 

 

資格の勉強に励んでいるあなた、

あなたはそれをどう役立てるおつもりですか?

 

 

 

もし、あなたにその将来の目標がないのなら・・・、

まず必要なのは「なにをしたいのか?」「なぜやりたいのか?」という

「やる理由」なのかもしれません。

 

「やる理由はある!」

「だけど何から始めればいいか分からない。」

そんな起業家を目指す方のための無料個別相談です!

↓ ↓ ↓

鉾立由紀のビジネス無料個別相談【残りわずか!】

 

自分ビジネスのウリが明確になる!

と好評の無料個別相談、申し込み順ですのでお早めに。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 2024年、会社がなくなる?サラリーマン必見!10年後には会社が無くなると言われる理由とは?

  • 集客に炎上マーケティングは必要か?

  • USPとは 『お客様との究極のコミットメント(約束)である』

  • 「あさが来た」に見るビジネス成功の極意

  • 周りからの反対は、 あなたの「本気度」を試す 最高のギフト

  • 不安や悩みのない起業家は読まないでください