1. TOP
  2. お客様の声一覧
  3. 『The SUMMIT』感想
  4. 「起業したらなんとかなる」という甘い世界ではない。

「起業したらなんとかなる」という甘い世界ではない。

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

私の門下生の1人である、

元CAマインドブロックバスター中村 文音さんから、

うれしいお客様の声が届きましたのでご紹介します!

 

 

私と鉾立さんとの出会いは突然でした。

今までの人生で「起業」等頭に浮かぶ事のない人生。

社会人になり、結婚し、出産、育児とまるで私でなくても送れる人生を歩んでいました。

もちろん、なりたい仕事につき、やりたい事はやり、それなりに楽しんでいました。

 

しかし、離婚によって私の人生大きく変わりました。

特にこれといった強みもないなかで、突然の離婚。

子供を抱えての今後の人生に目の前真っ暗でした。

 

それでも「生きるため」に働き、限界に達していました。

やりたい事ではなくやれる事を仕事にしていたから。

ある人に、「自分で仕事始めるのもいいかもよ、大変だけど」と言われた事がずっと心に引っかかっていたですが、

さすがに素人の私にそんな事する勇気も根性も、そしてやり方もなく、チャレンジできるはずありませんでした。

 

でも、今後の自分と子供の人生を考えた時に、「起業」しかない、と思いました。

後ろ盾も経験もない私が飛び込んでも失敗するだけ。

 

でも、一度真剣に考えてみよう、と思った時、

鉾立さんのセミナーに出会いました。

 

そこでは、既にビジネスを始めていて「もっと成長させたい」

まだ始めてはいないけど、ある程度のプランは出来ている。

そんな集まりでした。

そんな中、「私は何もない・・・。でも、鉾立さんに学び、行動すれば私でも可能な世界が広がっているのかも」と思いました。

不安と希望と絡み合った心境での個人相談。

「あなたには子供がいる。だからこそやる理由がはっきりしている。真剣に稼ぎたいと思っていますか?」

そういった会話がなされました。

 
子供がいなければ、私は起業は考える事はなかったでしょう。

「子供のため、そして世のお母さん達の為に頑張って!!」この一言でした。

自分と子供の為だけでなく、「世の中のお母さんの為になる仕事」それが私の仕事なんだ、と気付きました。

この言葉が「THE SUMMIT」へ入る事への決め手となりました。

 

THE SUMMMITにいるメンバーは皆本気です。

「自分の好きなことを仕事にして世の中の誰よりもお客様の役に立ち自らも豊かになる。」

その思いを実現するメンバーの集まりです。

 

本気の鉾立さんに引き寄せられ、集まり、本気のメンバーに刺激を受け自分も加速する。素晴らしい環境です。

ただ、教えてもらう事、指導してもらう事を期待し、自ら考え行動しない人には意味のない物となるでしょう。

本気で向かい合っている人、考えて行動する人は必ず結果が出る場です。

 

鉾立さんは厳しい方です。でも、それは「成功したい人の為に」という本気の思いがあるからです。

どんなに厳しくとも「成功したい」そう思うのであれば、そこへの近道はこの「The SUMMIT」です。

 

私が鉾立さんの元で学び始め早3ヶ月。

その間に環境が大きく変わりました。家族の急な入院、その介護。

平日の日中はほとんど動けないという状況でも、「やり続ける」気力。「何があっても諦めない」この一心で日々過ごしています。

「永遠に選ばれ続ける起業家」になるために。

 

そういった、本気、かつやる目的、やる理由のある人にとって、この「The SUMMIT」は最高の場所です。

「起業したらなんとかなる」という甘い世界ではない。

そんな中に飛び込み、本気で「成功への道」を歩く決意のある方に、是非一度鉾立さんのセミナーを受ける事をおすすめします。

ただし、他力本願ではない方限定です。

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 日本の働き方改革に物申す!自分の足で仕事を創る方法がここにあります!【キャリアカウンセラーの感想】

  • なんとなく目の前に来たものをこなしていただけの自分と 対峙しなければいけない時が来た。

  • セミナージプシー、資格オタクと化していたお教室の先生が、自らの商品価値を最大化できるビジネスアイデアを手にできた究極の質問

  • 勧められたものをかいつまむようにやってみては何も変わらない現状に途方にくれている時、鉾立さんに出会いました。 仁村知聖さん

  • 【個人経営の鍼灸師の場合】「お客様は神様です」の呪縛から逃れ、自ら価格競争に飛び込まないための3つの原則

  • 「考えているだけで先に進まない」、そんな状況を脱却した理学療法士が、個別相談で得た答えとは?