1. TOP
  2. 毎日大好きな仕事を 寝るのも惜しい程に楽しんでやりたい!

毎日大好きな仕事を 寝るのも惜しい程に楽しんでやりたい!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための
USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

私の門下生の1人である、

ビーナスの習慣プロジェクト 主宰

ビューティー プロデューサー 島村 Setsukoさんから、

うれしいお客様の声が届きましたのでご紹介します!

 

 

The SUMMITに入って1ヶ月半が経ちました。

私は21歳で大好きな美容の世界に飛び込み
ヘア&メイクで女性の美しさを最大限に引き出すため
最先端のオシャレ「装うことの美しさ」をお客様に伝えてきました。

 

経験を積むほど、装うだけでは美しさには限界があり
作り上げたメイクには無理がある…。

透明で輝く素肌だからこそ、美しいメイクが映え輝く女性の美しさを演出出来るのだと実感し
23年前に徹底して素肌美人をつくる
「エステサロン」をオープンしました。

 

年間200人 23年間で4万人以上の素肌美人を作るお手伝いをしてきました

23年毎日素肌に触れてきて最後の最後に100%までは
ずっと解決出来なかったこと
それはお客様の心の問題

 

どんなに高価な化粧品を使っていただき
最高のフェイシャルコースを受けていただき
女王様のように満足いただく技術とおもてなしをさせていただき
週に1回のご来店を何年も続けて頂いていても

心が磨かれていない方→心に悩みを持つ方

自分に自信が持てない方→生活の中でいつも不安が消えない方

何のために美に投資するのか、なぜ美しくなりたいのか→人生の目的がない方

 

美しくなるために、自分自身と向き合うことができない女性は
本当の自分の美しさを眠らせてしまい、100%引き出すことが出来ないということを
解決して差し上げることが出来ませんでした。

 

私自身は50歳になり、顕著に素肌の老化現象を感じながらも
見た目年齢はマイナス12歳を維持し
いつもキラキラしている
シワもたるみも実年齢では考えられないほど少なく
まだまだ現役

 

やりたいことは年々増え
時間が欲しくてたまらない人生
空想と妄想を繰り広げては
一人笑顔がおさまらず
年々若返ったと言われる年齢の重ね方をしている

 

鉾立さんと出会った時に
“現場でお手入れしてあげるだけなら誰でもできる”
“島村さんの築き上げてきたものを知りたいって思っている女性が、世の中にどれだけいると思う?”
“もっともっと自分と同じように本物の若さと美しさを手に入れさせてあげたら?”

鳥肌がたちました…!!

第二の仕事人生
これを伝えるための私の美容人生!
私だけがキレイでいるなんて何て無慈悲!

 

私がやり残し
気づけなかった本物の美容法を伝えるビジネスに
火をつけてくれたのが鉾立プロデューサーです!

 

それを現実に実現できるのが The SUMMITでした

まだスタートから1ヶ月半ですが
この1ヶ月半の道のりは
私が23年間費やしてきた日々を
ぎゅーっと濃縮させる毎日であり
お客様の問題解決を、今まで考えていたものとは比べものにならない程
真剣に本気で考えさせられている毎日です

 

だからこそ

美という
多くの女性の問題解決をこれからの私のビジネスが
力を発揮するものと思っています

 

The SUMMITは
自分のやりたい仕事
自分の出来ること
必要とされている仕事を
本気で形に出来る仕組みです!

 

お客様に選ばれ

毎日大好きな仕事を
寝るのも惜しい程に楽しんでやりたい!

と考える貴女に
私はこのThe SUMMITを絶対におすすめします!!

 

ビーナスの習慣プロジェクト 主宰
ビューティー プロデューサー 島村 Setsuko

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 私にしかできない、 絶対に私が人生をかけてやる志事なのだと 魂が入りました。

  • 過去の延長に 未来を描くものではない!

  • 元プロコーチが、月商300万円を超えたワケ!

  • 【The SUMMIT 感想】鉾立さんの一言で、忘れかけていた「私は、目の前の人を笑顔にしたい!!ハッピーにしたい!!!」という想いを思い出させてもらいました。

  • “戦略”がなぜ必要かということが納得でき、起業が「やりたいこと」から「やらなきゃならないこと」に変わりすぐに個別相談を申し込みました。

  • 出版塾までの間、約250万円を費やしたけれど、 誰も教えてくれなかったことを教えてもらいました。本部聡子さん