1. TOP
  2. たった1人の理想のお客様
  3. 【ペルソナ設定】個人起業家は『お金がない人』に要注意!

【ペルソナ設定】個人起業家は『お金がない人』に要注意!

こんにちは!

3秒で顧客の心を掴み取れ!

選ばれる起業家のための

USPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

 

早速ですが、

選んじゃダメダメ

「理想のお客様」第2弾

解説して行きます!

まず、どんな方々が

選んでは行けない方なのか

復習して行きましょう!

 

1.好きになれないお客様

⇒ 前回で解説しました!

「個人起業家はこんなお客様に要注意!相手にしてはいけない3人衆。」

 

2.お金のなさすぎるお客様
⇒ 今回、解説するのはココ!

3.上から目線のお客様

 

さて、早速行きましょう!

2.お金のなさすぎるお客様

財布空っぽ

私は普段、

私と関わる起業家の方々には

「お客様の

『お金がない』は信用するな!」

 

そうお話ししています。

 

 

なぜなら、通常は

お金がない = 商品を買いたくない

という意思表示でしかないからです。

 

ですが、ここで私がお話したいのは

 

「本当にお金のなさ過ぎるお客様のこと。

 

お金がなさ過ぎるとはどういうことか?

 

 

私のケースで

置換えてほしいのですが

 

 

私は以下のような人々を

お金のなさ過ぎる人と定義しています。

 

ー クレジットカードを持てない人

ー ローンを組めない人

ー 現金での分割払いしか対応できない人

 

私が付き合っていくお客様は

起業家

または

起業家になろうとしている方々

 

さらに大人の社会人です。

 

私が未成年と

ビジネスをしているのなら

いざ知らず、

 

クレジットカードも持てず、

ローンも組めない。

 

 

そんな信販会社が

信用できない方を

 

 

私たち個人起業家が信用するのは

リスクが高すぎるからです。

 

※ 現金での分割払いしか

対応できない人も

同じことですよね?

 

私のシゴトは

プロデューサーであり

 

私が関わる起業家の人々の

リスクを減らすことも立派なシゴト

 

そういった理由で

私もお金のなさ過ぎる方々を

お客様にはしませんが、

 

私の門下生にも

対応しないように

コンサルしているのです。

 

 

さて、ここまで読んで

あなたがお付き合いしているお客様は大丈夫でしたか?

 

ビジネスにおいて

 

「かわいそう」は

 

禁句です。

 

ちゃんとお金を

持っていて

きちんとお支払いできる

お客様とのお付き合いに専念しましょう!



▶︎次回「個人起業家は「価格交渉をするお客様」とは付き合ってはいけない!」

 

USPプロデューサー

鉾立由紀

 

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 【ペルソナ設定】個人起業家は「価格交渉をするお客様」とは付き合ってはいけない!

  • 【ペルソナ設定】個人起業家はこんなお客様に要注意!相手にしてはいけない3人衆。

  • 三波春夫さんの言う『お客様は神様です!』の本当の意味

  • 私のお客様はお金がないのです・・・。どうしたらいいのでしょうか?【お客様選定のコツ】

  • お客様は自分の欲しいモノを知りません!

  • 【要確認】FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏が2018年のFacebookの方針を発表しました!