1. TOP
  2. たった1人の理想のお客様
  3. 私のお客様はお金がないのです・・・。どうしたらいいのでしょうか?【お客様選定のコツ】

私のお客様はお金がないのです・・・。どうしたらいいのでしょうか?【お客様選定のコツ】

こんにちは、3秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

私にとっての個別相談は

「シゴトとはビジネスとは
 寝食を忘れて没頭する遊びである」

その想いに共感し、
誰より一生懸命、
お客様のお役に立つビジネスを創り出す。

 

そんな起業家と出会い、
ディスカッションできる
私にとっての最高の遊び場だから。

 

 

本日の個別相談でお会いした方も、
そんなアツい起業家の1人。

 

彼は朝一番の飛行機に乗り、

沖縄から東京へ

私の個別相談を受けるために
やって来ました。

 

※ ちなみに個別相談への
お申し込みは昨日(驚)

 

 

彼は昔の私と同じように

どうしたらゼロから
ビジネスを立ち上げることができるのか

悩んでいました。

 

今までいろいろなセミナーに参加すれど、
起業家として売上を
あげられるようになるにはほど遠い。

 

一体どうしたらいいのか?

 

そんなとき、
私の個別相談の告知を見て、

いても立ってもいられず、
飛行機に飛び乗ったのだそうです。

 

 

今日、彼が
開口一番
私に話してくれたこと。

 

それは、
彼がお客様候補として
選定しているお客様は、

ニーズはあるけど、
お金を払ってくれる
お客さまではないかもしれない
という
不安でした。

 

実はこの悩みを持っている起業家は
結構多いのです。

 

シングルマザーで
小さい子供がいる方のために
起業塾がしたいけど、

そのようなお母さん達には
お金がない。

 

売れないミュージシャンのための
プロデュースをしたいけどれど、

売れないミュージシャンには
プロデューサーを雇える程のお金がない。

 

終活生に就職指導をしたいけど、
学生にはお金がない、などなど。

 

彼の企画はこれから発動なので
ここで詳細をお話しすることは
デキナイのですが、

彼のお客様選定の問題も
まさに同じ。

 

お客様は困っているけど、
金銭面で余裕がない。

 

ではどうすればいいのだろう?

 

私からの質問です。

あなたなら彼にどう答えますか?

 

彼からの質問は
多くの個人起業家が陥る
お客様選定のミスの代表例です。

 

せひ、あなたも考えてみてくださいね!

モノの見方・考え方を変えれば理想のお客様が見えてくる!

「私の助けたいお客様は
お金がない・・・。」

 

そんな時は
どうすればいいのでしょうか?

 

そもそも
こう言う場合、
考えるべきことは2つ。

 

1.本当にその人達には
お金がないのだろうか?

 

2.その人達にお金がないのなら、
お金がある人達で
同じ問題を抱える人は誰だろう?

 

 

1の場合、
これは起業家側の先入観
強く影響しています。

 

すなわち、
お母さんはお金を出さない。

個人はお金を出さない。

お年寄りはお金を出さない、などなど。

 

これらの思い込みが
自分の目にフィルターを
かけてしまっているだけ。

 

なのでどちらかと言うと、
私たち起業家がすべきことは

お母さんの中でも、
私の商品にお金を出す人は
どんな人だろう?

 

個人の中でも
お金を出すのはどんな人だろう?

と考えて精査し、
そのお金を出せるお客様に
アピールするようにすればいいだけ。

 

 

それでは2の
その人達にお金がないのなら、
お金がある人達で
同じ問題を抱える人は誰だろう?

 

先程の彼の場合、

お客様を
ある特定のカラダとココロの問題を
抱えた方として限定していました。

 

それは、

「お客様は1人に絞りなさい」

そう教えられて来たからです。

 

確かにお客様を1人にしぼるのは
間違いではないのですが、

絞るのは外的要因ではないのですね。

 

ここでは

「ある特定のカラダとココロの問題を
持っている人」

で絞るべきではなく、

 

その「ある特定のカラダと
ココロの問題を持っている人」が
抱えている問題って何だろう?

 

そこから紐解くべきだったのです。

 

彼と一緒に
その質問を考えて見ると・・・、

出てきました!

 

その人達が抱えていた問題、
それは、

「本当の私ってなに?」と言う不安

だったのです。

 

実は彼は
この問題解決のプロ。

 

だからこそ、
彼はわざわざ

ある特定のカラダとココロの問題を
抱えた方に絞る必要はなく、

その方が抱えている問題

フォーカスをあてるべきだったのです。

 

その視点の違いに気がついた今、
彼は、
自分にとっての理想のお客様が
どんな人なのか、

ようやく気がつくことができました。

ぜひ、これからの
彼の活躍を楽しみにしていてください。

 

ビジネス創造に興味のある方は個別相談へお越しください。

▼個別相談はこちらを読んでいただいた方にのみご案内しております▼



\起業に必要な軸を網羅しました!/


この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 三波春夫さんの言う『お客様は神様です!』の本当の意味

  • お客様は自分の欲しいモノを知りません!

  • 【ペルソナ設定】個人起業家は「価格交渉をするお客様」とは付き合ってはいけない!

  • 【ペルソナ設定】個人起業家は『お金がない人』に要注意!

  • 【ペルソナ設定】個人起業家はこんなお客様に要注意!相手にしてはいけない3人衆。

  • 【要確認】FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏が2018年のFacebookの方針を発表しました!