1. TOP
  2. 起業家精神論
  3. 音楽から学んだ、本当に心から楽しむための秘訣

音楽から学んだ、本当に心から楽しむための秘訣

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

 

私は前職は音楽教室で働いていました。

(そのことについてはこちらの記事「自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる。」で書いています。)

 

そこで得られたことは非常に多く、起業家にとってもとても大切な教訓もあります。

 

2015年12月31日大晦日、前の仕事辞めてから、本当に久しぶりに仲間達とスタジオに入ってアドリブセッションしてきました。

「遊ぶぞー」って声かけたら集まってくれる仲間に感謝ですね。

 

そして、その信頼関係は大切にしないといけませんね。

超久しぶりのアドリブセッション(即興演奏)にて2015年弾き納めです。

なんて楽しそうなんでしょうか、私。

畠山演奏

ピアノ、実は全然弾けないんですけどね 笑

音、メチャクチャなんですよ 笑

でも楽しいし、周りにも楽しんでもらえるのです

 

たまたまピアノのメンバーが欠員になったから、ピアノを弾いているだけで、私は楽器はなんでもよかったりします

モノさえあれば、普段使わない楽器でもいいし、なきゃないでファシリテーターに専念してセッションします。

 

そう思えるのは、 私自身、楽器演奏において「バンドサウンドが盛り上がればそれで楽しい」という境地に来てるからです

 

インストラクター歴があり、演奏中のファシリテーター役もかなりの数やってきたからこそ行き着いた答えなんですけど、「人と関わる」って自分本位な考えのままではうまくいきません。

 

たまたま昨日、美輪明宏さんの動画を見ていたのですが、美輪さんがこんなことを言っていました。

 

 

「恋とは自分本位なもの。愛とは他人本位なもの。」 と、

 

最初は恋から始まっていい。

だけど、愛に転じないと本当の幸せはやってこない。

 

私ももちろん元を辿れば「楽器弾きたい!」という自分本位から音楽始めたんですけど、今となっては、ぶっちゃけ好きなように好きな曲を弾くのなら、家で一人で出来るので、わざわざスタジオで他人と演奏しなくてもそれで満足できるんです。

 

だからこそ、他人といる時はあまり自分本位にならずに、ほとんどの時間を他人本位でいられます。

 

それが、物事を心から楽しむための秘訣なんだと私は思っています。

 

ピアノ、冷静に聞くと全く弾けてないのですが、それでも、楽しくみんなと演奏できるのは「周りが楽しんでくれたら自分も楽しい」からです。

 

自分本位か他人本位か。

 

この感覚は、恋愛だけでなく、バンドだけでなく、人との関わりにおける大切なことです。

 

 

自分本位であり続ける限り、自分に満足せず、他者に満足せず、他者を満足させず、いつまでも満たされない感覚に苛まれます。

 

ここから脱することができるのは、自分で自分のことを満たした人だけです。

 

起業家が自分の商品を売れないのは、その部分を満たしていないことも原因の一つです。

 

自分を認めないことからくる寂しさは、自分でしか満たしてあげられませんよ。

まずは自分で自分を満たすことから始めてください。

 

そういう意味では、私もまだまだ「自分本位」になってしまい、相手を満たすことを考えてあげられない時が、たくさんあったなーと2015年を振り返るのでした!

来年も音楽仲間の皆さん、またよろしくお願いします♪

 

与える達人目指していきましょう!

 

USPデザイナー畠山 勇一

==========================

鉾立さんの最新のセミナー・個別相談情報はこちらでチェック!

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 起業家として選ばれないのはこんな人!

  • 売上をあげ続ける経営者、起業者が、3日坊主にならずに目標を達成できる感情活用の必殺技

  • あなたが「価値」を加える事でお客様が高額でも買う商品になる。

  • 起業家に必要なのは青写真と勝てるダンドリ戦略です

  • サイモン・シネック氏が語る!やる人と出会うために起業家が知るべき「ヤル気」の正体

  • 起業に才能は必要か?