1. TOP
  2. USP攻略メルマガバックナンバー
  3. 読み放題サービス「タダ読み」に見るUSP活用「NG」集

読み放題サービス「タダ読み」に見るUSP活用「NG」集

 

無料で5,000冊以上読み放題♪

『タダ読み』

というサービスをご存知ですか?

 

インターネットの普及により、書籍に留まらず、新聞や雑誌等の媒体が苦境に立たされている中、

 

「一度も目に触れず、買ってもらえないより、無料で読んでもらう方がヒットするチャンスがある」

と言うことで、多くの雑誌がこの『タダ読み』に掲載されています。

(途中まで読んだら「ご購入」、ですけどね^^;)

 

そこで今日は、5,000冊以上ある雑誌の「選ばれる工夫」について、チェックしてみました。

 

ですが、さすがに5,000冊だとあまりに多すぎ、ラチがあかないので試しに「女性ファッション」で、この『タダ読み』を検索してみました。

 

タダ読み

 

いやいや、出てくる出てくる。

 

この記事に掲載した写真は、検索結果のほんの一部。

 

実際はもっともっと雑誌が出てきます。

 

そして、よくよく見てください。

 

この各雑誌の下に小さなフキダシがあることに気がつきませんか?

 

タダ読み

 

実はこれが、私の提唱するUSPの役割を果たすべきところ。

 

すなわち、これらの雑誌が一体誰の(どんな読者の)、どんな問題を解決するために刊行されているのか?

 

それを読者が、瞬間で、判断できなければなりません。

 

もちろん、読者が雑誌そのものを知っていて、お目当ての雑誌にまっしぐらに行ってくれるのならば、こんなフキダシは必要ありません。

 

が、しかし。


もし新しい読者を開拓したいのならば
(そしてこの『タダ読み』はそう言う目的で存在しています)

編集者側は、このフキダシを最大限に活用すべきなのです。

 

それらを踏まえて今日は、女性ファッション雑誌に見るUSP活用 NG例を見てみましょう。

 

あなたのUSP活用戦略にぜひ置換えてみてください。

 

NG例 その1

枠に何も書いていない・・・。

 

まず、編集者側は、この枠を埋めなければなりません。

 

そう言った意味では、Domaniさん、NGですね。

 

売れているから大丈夫。

知名度があるから大丈夫。

 

そうタカをくくったのでしょうか?

 

そうであれば、わざわざ、この『タダ読み』でDomaniのブランドの質を落とさないで欲しい。

 

そう思うのは私だけではないハズ。

 

NG例 その2

紹介文が枠内に納まらない・・・。

 

次に、この枠の中に、きちんとおさまる紹介文を入れたいですね。

 

読者目線で考えれば、それくらいの工夫はできるはず。(新聞のテレビ欄ができるのですから!)

 

そう言った意味で紹介文が枠におさまっていない雑誌もNG。(GOLD、CanCam、SNIP、Gingerなど)

 

NG例 その3

なにを伝えたいのかワカラナイ・・・。

 

せっかく上記の条件をクリアしたのに

 

「明日のわたしのために」(More)

「ファッション&ビューティー誌『DRESS』」(DRESS)

 

なんて言うのも、本当にモッタイナイ!!

 

この紹介文を見ても、読者には何の問題を解決してくれるのか、全くワカラナイのです。

 

Moreは知名度があるから、手を抜いたのか?

 

なぜ『DRESS』は、ファッション誌として当たり前すぎることしか言わないのか?

 

多くの疑問が残る紹介文です。

 

・・・いかがですか?

 

確かにあなたは、これらの雑誌のように、WEBサイトには並んでいないかもしれません。

 

ですが、ブログ上に見えるあなたは、Google検索の結果に見えるあなたは、これらの雑誌よりも目立たない状態で一生懸命、お客様からかくれんぼをしているかもしれませんよ(^_−)−☆

 

あなたは一体、一体誰の、どんな問題を解決するために存在しているのか?

 

ぜひ考えてみてくださいね!

 

▼1人起業で成長する人だけが知っている最強戦略の「物語」を受け取る。▼

\ SNSでシェアしよう! /

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「型を、破れ!」USPファクトリー〜個人起業家が集客に困らないUSPの作り方〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 個人起業家の倒産信号

  • 売上げを伸ばすキャッチコピーはお客様が知っています!

  • サラリーマンは決して安泰じゃない!

  • 「やりたいことがない」ときに考えるべき3つのこと

  • カタヤブリになりたい!起業家がまず身につけるべきは守破離の守

  • 起業家が少ないコスト・労力で最大の成果を出すなら遠回りを辞める!