【起業Q&A】学歴は関係する?MBAは必要?起業したい人が気になる疑問に答えました!

【1】特別な人だけしかできない……それが起業?!

「起業は難しい。だから……」

「起業はリスクが高い」

「学歴がなければ、起業できない」

「仕事ができる人が起業するんでしょ?」

 

多くの方がそう言い、起業をなんだか特別なものにしてしまっています。ですが、私が今までお会いしてきた個人起業家の方々が特別だったかというと、特にそんなことはありません。

 

確かに起業はリスクが高いかもしれません。

 

ですが、正しく学べば、人脈、実績、資金、これらがゼロだったとしても成果を出すことができます。

 

学歴が必要そうに思えるかもしれません。ですが、実は、私が知る大きな成果を出す起業家の多くは、高学歴ではありません。仕事ができるかどうかといえば、そういう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、私などは、転職歴9回(!)ですし、リストラされたことも、会社から逃げるように退職したこともあります。

 

昔の私を知る人が、私が今、やっていることを知ったなら、「鉾立に一体何ができるんだ?」そう思ってしまうかもしれませんね(苦笑)

 

そうなんです。起業することは特別なことではありません。……もしあなたに「お客様のお役に立ちたい!」そう思う気持ちがあるならば!!

 

起業が、ある一部の方々にとって難しいのは、想いもなく、ただゴハンを食べる手段として仕事をしてしまうから。

 

すなわち、自身のビジネスが、健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?

 

……こんな結婚と同じようなつもりでやれるかどうか?

a265a2a3a51769bdd32c0c026b53848f_s

 

これがキーだと私は思っています。

 

自分の人生にとって、大切な人と添い遂げることは、時に大変なこともあるでしょうが、大した「努力」ではないでしょう。ですが、特に大切でもなく、打算で結婚などしたら、その方と妥協点を見つけていく人生は、異常な労力になりかねない……。

 

起業も同じ。起業することは特別なことではありません。……もしあなたに「お客様のお役に立ちたい!」そう思う強い気持ちがあるならば!!

 

ぜひ、これをあなたの起業決断の指標にしてもらえると嬉しいです^ ^

 

【2】才能がなくても起業はできる?

起業するのに「才能」は必要なのでしょうか?

 

人によっては、絶対に才能が必要というかもしれませんが、私は「起業に才能は必要ない」と考えます。なぜなら、ビジネスはお客様の問題を解決するためにあるので、困ったお客様へ問題解決のために、「私がなんとかして差し上げたい!!」と想う、才能よりも先に、そんなお客様への「愛情」が大切。

 

お客様のお役に立ちたいという気持ちがある方が、ベビーシッターというお仕事をスタートしたり、お客様の心に寄り添う心理カウンセラーという仕事を作ったりするわけです。

 

才能があるからというよりも、「やって差し上げたい!」その気持ちがあるから、自分の、お客様のお力になれる力を磨こうとする。そして、それが才能となる。これが正しいサイクル^^

 

デキるからやるのではない、ヤルからデキる!

10392343_945271708835495_8501082422250926861_n

 

自分の才能の有無よりも、まず自分のお客様への想いの有無を確認するようにしてください^^

 

【3】周りにバレずに起業したい

 

「周りにバレずに起業したい」

この質問を、私が受けたら、私はどう答えると思いますか?

 

A. 安心してください!可能ですよ!

B. 起業はオススメしません!

 

確かに、その方の「起業」の目標レベルもあるとは思いますが、ここでは、私が提案する「起業」、すなわち、「日本中、いや可能であれば、世界中のお客様すべてのために!」そんな「アツい想い」を持って行う起業についての回答です。

 

……ここまでヒントを言えば、答えはもうお分かりですね?

 

答えは

 

B. 起業はオススメしません!

 

もちろん、会社に勤めながらの起業準備中は、仕方がないかもしれません。ですが、ビジネスが軌道に乗り、より多くの大切な未来のお客様に、あなたの商品、サービスをお届けしようとする際に

 

「周りにバレたくない」

 

00b6461f9004e58ec31152c419700b36_s

 

って、あなた……。

 

例え、ビジネスネームをつけても、例え、SNS上で顔を隠していたとしても、あなたが「アツい想い」を持って、多くのお客様の問題解決のために起業したいというのなら……、いずれ、周りにはバレてしまいます。スパイダーマンでさえ、周りにバレてしまっているので(笑)、完全に周りにバレずに起業するのは、難しいと言わざるをえないでしょう。

 

一方で、「私にはアツい想いも志もない」という方の場合……、すみません。私ではお役に立つことができません。あなたの判断でがんばってください。

 

【4】起業するのにMBAは必要ですか?

とてもニッチな質問について回答してまいりましょう。私がMBAホルダーであるが故、よく聞かれる質問です^^;

 

……で、よく聞かれる割には、MBAをご存じない方も多いので、ここで簡単に説明いたしますね!

 

MBAは

Master of
Business
Administration

の略で、経営学修士号を意味します。

mba3

もっと簡単に言うと、大学院の専攻が経営学、と言うことです。

 

で、本題に戻りますが……、果たして、起業をするのにMBAは必要なのでしょうか?

 

はっきり言って、必要ありません。

 

スタンフォード大学やハーバード大学のMBAを出ているのなら、話は別かもしれませんが、普通のMBAを出ていても、個人がゼロから、(ゼロ人脈、ゼロ実績、ゼロ資金という意味です。)最低限のリスクで起業する際に、MBAの知識はまったく必要ありません。

 

そして実際、私の周りの個人起業家で大きな成果を上げている方ほど、まったくと言っていいほど学歴を気にしていませんし、また、本人たちも、どちらかと言うと、「学歴が低い」ことをネタにしているほどです^^;

 

なぜMBAが必要ないのかその理由をお話しします。ですが、みなさん、まずは安心してください!個人起業家として成果を出すのに、MBAを始めとする学歴はまったく必要ありません!

 

もっとも大切なことは、お客様のお役に立ちたいという想いだけ。そこのところ、お忘れなく!

 

もっと正確に言うと、大学院まで行って経営学を専攻していても、本当の個人の起業には、MBAの知識は使えない、と言う意味です。私がここまで言い切る理由は3つあります。

 

1. MBAの教授自身が、MBAの教授は本物のビジネスはできない」と言い放っていたこと(笑)

2. MBAは単なる知識を学ぶ場所であるということ。

3. 本当に起業家として生き残るためには、知識ではなく、お客様を知り、理解する必要があるということ。

 

これらが必要なのです。このトピックについて、1つずつ説明しましょう。

 

1. MBAの教授自身が、「MBAの教授は本物のビジネスはできない」と言い放っていたこと(笑)

MBAの教授とかなり仲が良かった私は、よくいろいろなディスカッションをさせてもらっていました。そこで、彼に「自分でビジネスをしないのですか?」と聞いたことがあるのです。すると、その教授は驚くべきことをおっしゃいました。「ハーバードやスタンフォードならいざ知らず、ビジネスができる人は、MBAで教授なんてしていないよ(笑)」

 

すなわち、彼曰く、教授たちは単に「ビジネスを学ぶことが好き」ということなのです。だからこそ、本業が「ビジネス」で、副業で「教授のシゴト」をしているということなどでなければ、基本、MBAの教授はビジネスはできない・・・。

 

そして、本当のビジネスをやってない人が教えているビジネス論が、売上という成果につながるのか?

 

答えはNO!!

 

ビジネスは、成果を出している方から学ぶこと。

 

これ、鉄則です!!

 

2. MBAは単なる知識を学ぶ場所であるということ。

 

私はおそらく、MBAを通して、ビジネスについて多くのことを学ばせてもらったと思います。ですが、私は、2010年に私の師と出会うまで、起業することはできませんでした。早い話、知識はあっても、単に頭でっかちになったけで、使いこなすことはできない。

 

いや、もっと言うと、あの当時、私には「何のために起業するのか?」という目的がありませんでした。

 

だから、学んではいるかもしれませんが、実践しない。せっかく学んでも実践しないのですから、私にとって、MBAは「陸地で水泳を学ぶようなもの(=役に立たない)」だったのです。

 

こういうと、「鉾立さんが使わなかっただけで、役に立つこともあるのでは?」そういう方もいそうです。ですが、MBAで学ぶ情報などは、今の時代であれば、ネット上に溢れていると知っていますか?

 

だからこそ、尚更言いたい!!MBAがビジネエスを実践する場ならいざ知らず、ただ学びを得る場所であるならば、ネットで情報を得るだけで十分だと!!(特に今は)知識やノウハウは、今や無料で手に入る。だからこそ、なおのこと、起業にMBAは必要ないと頭に入れておきましょう!

 

3. 本当に起業家として生き残るためには、知識ではなく、お客様を知り、理解する必要があるということ

 

私がセミナーや個別相談を通して、お話させていただく個人起業家の抱える間違った問題は、「私はお客様のお役に立つにはまだ早い」というのがあります。

 

そんな訳で、多くの起業家やビジネスマンが意気揚々と資格取得に励んだり、MBA取得を目指してしまうのでしょう。ですが、実は、資格やMBAを取得してもあまり意味はありません。

 

あなたに、お客様を想う気持ちがなければ!

 

逆を言えば、あなたにお客様を想う気持ちがあるのならば、知識がなくても、お客様のお役に立つことができるのです。

 

例えば、こんな例があります。私がヘッドハンターをしていた時です。会社を辞めて、キャリアアップをするためにMBAに進学した営業マンがいました。ですが、その方が帰国後、MBA進学前の仕事よりもいい仕事を得たかというと、そんなことはありませんでした。

 

理由は、MBAに行ってしまいその方が業界から離れ、お客様と接することを止めてしまったため、採用する側としては、お客様の騎士として、ずっとお客様の悩み、問題に寄り添ってくださる方を優先したからなのです。

 

言ってしまえば、MBAに行っている間、あなたはお客様を放っておける位の熱意の仕事なんでしょう? と企業側はそう思ってしまった訳です。

 

もちろん、そう思わない企業もあるかもしれません。ですが、企業の立場からすると、ビジネスは現場での問題解決能力がすべて。MBAに行って、学問を学んだからといって、その方に能力があるという保証にはなりません。そしてそれは、資格だって同じことなのです。

 

MBAや資格を取ることが悪いと言っているのではありません。大事なことは、MBAや資格を取るから起業できるということはなく、お客様の問題解決をするためにMBAや資格を学んでいるのだということを忘れずに、学んでいる時からお客様の悩みから目を離さないこと。

 

どうやって、学んだことを、お客様に活かしていくか?それを常に考えていくこと。それがとても大切だということなのです。

 

多くの起業家、起業志望者がそれを忘れ、「MBAを取ればなんとかなる」そう思ってしまう傾向があります。ですが、実はそんなことは全くありません。

 

大切なのは、お客様の問題を解決できること、そして、それはお客様をずっと観察し、お客様とコミュニケーションを図らなければ、成し得ないことなのだということを忘れないでくださいね!

 

【5】集客がうまくいかなくて困っています……

 

私の個別相談でよくある質問に「集客がうまくいかず、困っています……」という質問があります。この質問で悩んでいらっしゃる方に私は常々、こうお答えします。

 

「あなたがお客様だった場合、そこに商品があれば、あなたはなんでも買いますか?」

 

そのように質問すると、まずこの質問への回答は、間違いなく

 

「NO!」

 

ここで、私が何を言いたいのかというと……、99%の起業家は、集客がうまくいかないから売れないと思っていますが、実はそうではないということなのです!

 

そもそも、集客がうまく行っていないのではなく、もしかすると、あなたの商品に魅力がないのかもしれない。そこのところに目を向ける起業家が、あまりにも少ない!!それが現状……。では、どうすればいいのでしょうか?これもまず自分の胸に、こう聞いてみましょう。

 

あなたはどんな商品なら、高くても、喜んで買いますか?

 

例えば私なら、Mac Book Airを値切ることはありません。なぜなら、Mac Book Airがすばらしいノートブックパソコンだと知っているから。

 

例えば、私の友人なら、ポルシェを買うのに安い店を探して回ることはありません。なぜなら、私の友人はポルシェの大ファンだから! ここまで言えば、もうわかりますね!

 

集客で悩む前に、まず自分の商品は、お客様が泣いて喜ぶ商品になっているのか?

お客さまにとってカタヤブリな商品になっているのか?

 

まずその点を、真剣に見改めて欲しいのです。

 

数を打てば当たる。それも真実ではあります。ですが、あなたは起業家として、お客様がカタヤブリに魅力的だと思わないものを、ずっと一生懸命売り続けることになるのは苦痛ではありませんか?

 

何を隠そう、私は苦痛。だからこそ、まずは、自分のお客さまにとって、カタヤブリに魅力的な商品をつくり上げることに体重をかける。お客様から永く愛される起業家を目指すなら、ぜひそこを意識して欲しいと思います。

 

【6】私のビジネスを気に入るお客様がいらっしゃるのでしょうか?

 

個別相談やセミナーでよく聞かれる相談で「私のビジネスに、十分なお客様がいらっしゃるのか不安です……」というモノがあります。

 

そんな個人起業家のみなさんに私がお伺いさせていただくのは、まずこれ ↓

 

あなたがもしお客様なら、今の価格で、自分の商品を購入すると思いますか?

 

……で、「不安、不安」とおっしゃる方ほど、「自分は今の価格で、自分の商品を買わない」と自信を持っておっしゃるのです^^;

 

私は、このシゴトをやる前、外資系IT業界の営業マン専門のヘッドハンターをやっていたので言いますが、自分がとっても好きでない商品でもお客様にオススメできるのは、本当のプロの営業マンか(自分が好きかどうかより、どんなお客様のお役に立つのかを考えるため)プロの詐欺師だけ(笑)と思っています。

 

普通の方は、自分が満足していない商品を人様に提供することにものすごい抵抗を持たれますし、自分で作り上げた高額商品であるならば、なおのこと

 

自信を持ってすすめるのには、罪悪感が生まれるものなのです。

 

だからこそ、「私のビジネスに、十分なお客様がいらっしゃるのか不安です……」そう思う方は、市場調査の前に、まず自分の胸に聞いてみてください。

 

もしあなた自信がほしいと、思えない商品を提供しているのなら……、残念ながら、お客様はいらっしゃいませんよ^^;

 

【7】私も起業家になれるでしょうか?

こんな質問を受けることがあります。そんな時、私は「それは私が決めることではないと思うのですが……^^;」とお答えします。

 

いや、もっと正確に申し上げると、「起業する」と言うのは別に特別なことではないので、「やりたいと思えばやれる」し、「やれないと思えばやれない」。

 

誰かが「あなたは起業家になれるよ」と言うから、起業家になれるというモノではなく、自分が起業家になりたいと思えば、誰でも起業家になれるしなりたいと思わなければ、ならなくても大丈夫。そんなモノだと思っています。

 

そんな訳で、もしあなたが「私も起業家になれるでしょうか?」そんな質問をしているのであれば、私の本音は「あなたが起業家になるのは難しいと思いますよ……」!

 

自分で「やりたいから、やってやろう!」そう決めることが、起業において、一番大事なスターティングポイントなのではないでしょうか?

 

スタートライン

 

 

【8】起業したいのですが、 どれくらいがんばれば 鉾立さんのような成果が出せますか?

 

「ポジショニングUSP」徹底攻略セミナーで、こんな質問をいただきました。

 

これに対する私の答え、あなたはわかりますか?私の答え……、

 

どれくらいがんばればいいですか?』そう聞くようであれば、起業家としての成長は難しいと想いますよ』

 

そう答えます。……この意味、あなたはわかりますか?

 

すぐに説明に入る前に、以下の例について考えてみてください。アイドルになりたいという、2人の女の子がいるとします。1人は『トップアイドルになりたいのですが、どれくらいがんばれば成果が出せますか?』そう事務所に確認し、言われる以上の努力はしていません。

 

もう1人の子は、歌も踊りも大好き! アイドルになるためなら、いくらでも何だってする! そんな女の子。私は、アイドルとして成果を出すのは後者だと確信します。

 

なぜなら、その子は、アイドルのシゴトが好きだから。楽しいことはいくらやっていても楽しい。歌っていることも、踊っていることも、その子にとっては「遊び」。なのであれば、その子にとっての「努力」は「遊び」なのです。

 

ですが、一方で決まったこと以上のことをしたくない・・・、そんなことであれば、それはその人にとっての「仕事」、

 

いや「死事」

 

この2人が勝負したなら、絶対にシゴトを好きな人が一番成果を出す。そしてこれは起業においても同じこと。そう思いませんか?

 

もし、あなたが起業家としてお役に立つことが、やりたくてたまらないことであれば、シゴトは単なる「遊び」!そしてそんなふうに起業するからこそ、成果が出せる。私はそう確信しています。

 

……この記事を読んで、あなたはそれでも、「どれくらいがんばればいいですか?」そう私に聞きますか?

どれだけ頑張れるか?

【9】ノウハウがあっても仕事にならない?!

日本人の悪い癖の1つに、ノウハウ集めがあります。

 

ノウハウを集め、ノウハウを集め、ノウハウを集め……、「いつか完璧に集めきり、いつか完璧に理解できた時に動き出そう!」そう考え、ノウハウを集め続ける方がいます。

 

……ですが、そんな「いつか」は絶対にやってきません。なぜなら、正確に言うと、何かを成し遂げるときに、実はノウハウは特に必要ではないからです。

 

例えば、坂本龍馬の例を基に考えてみましょう。坂本龍馬は、ノウハウを知っていたから携帯も、パソコンも、インターネットもないあの時代に死罪も恐れず脱藩し、日本中を駆け巡り、カンパニーの設立を考えたのでしょうか?

 

……違いますね。坂本龍馬は、「自由」を求め、様々なチャンスに自らを投じ、「まずはやってみよう!」そんな姿勢だったのだと思います。

 

では、こんな例はどうでしょう?私がラブレターライティングのノウハウを持った、ラブレターライティングのエキスパートだとしましょう。

 

ラブレターライティング

 

私がただ、ラブレターを書けるからという理由で書かれたラブレターは、果たして男性の心を動かすのでしょうか? きっとノーだと思うのです。

 

私が本当に心を寄せる男性がいて、その方に想いを届ける際に、ノウハウがあれば想いを遂げる成功確率はあがるかもしれません。ですが、ノウハウがあれば絶対でもありませんし、ノウハウがなくても、想いは届くかもしれない……。

 

私がここで言いたいこと。それは、たった1つです。

 

仕事をする上で大切なのは、ノウハウではありません。

 

最も大切なのは、ノウハウがあってもなくても、やりたい! 今すぐ走り出したい!! そんなお客様を喜ばせたいという、我慢できない強い想いを持つこと。それが、長く継続できる起業の第一歩なのです^_^

 

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG