そのポジション(市場・ジャンル)は勝てる場所?勝てない場所?見分けるための5つの質問

「勝てない場所では戦わない」

 

これは、私がお伝えしているビジネスの大原則。しかし、自分で考えたビジネス「ポジション」は、果たして、「勝てる場所」なのか? はたまた、無謀で「勝てない場所」なのか? これを見極めるのは、至難の業でしょう。そんなあなたのために、これらを見極めるための5つの質問をご用意しました。

 

こんにちは、1秒で顧客の心を掴み取れ!
選ばれる起業家のためのUSPプロデューサー 鉾立由紀です。

 

勝てるポジションを見極める5つの質問

 

自身のカタヤブリなUSPに基づいて、専門性のある深い知識を研究し、陣地を取りましょう。そもそも今の場所(市場・ジャンル)で、あなたが勝つことができるのか?

 

”いつか”勝てる?
”いつか”と”お化け”はいないモノ。勝てない場所か勝てる場所なのか? 見分ける5つのステップを紹介します。

 

1:競合はどの場所(市場・ジャンル)で、戦おうとしているのか?
2:競合の必殺技(型破りな強み)は何か? 逆に弱い点は何か
3:売るモノ・サービスのヒット性・構成・価格・再現性は?
4:専門性は深い知識か? その内容レベルは? 有効なプロモーションなのか?
5:ターゲット層は明確化? また他への派生は可能か?

 

このように競合がいる場合でも、その常識を分析することで、非常識(違いや新たな価値)なモノを生み出すことにも繋がりますし、勝てる or 勝てない場所かを明確にすることもできます。

 

重要なことは誰よりも早く見つけ出し、誰よりも早く陣地を取ることですね。

1番以外はシゴトじゃない?!ピーター・ドラッカーから学べること

ピーター・ドラッカーのとある名言と遭遇。

 

世界一になりなさい。さもなければ撤退しなさい。

 

とくに私はUSPでゴハンを食べていますので、つくづくこのコトバに共感。

 

先日は、Facebookで

 

1番以外は、みな詐欺師!

 

なんて衝撃的なコトバも発見するし。

 

やはり、世の中が、トップに立つべく成長する企業を求めているのでしょうか?(笑)

 

ここまで極端じゃなくても、市場には以下のようなルールが実際にあります。

 

市場1位は市場2位の2倍のシェアを取っている。

市場2位は市場3位の2倍のシェアを取っている。

市場3位は、市場4位の2倍……。

 

となると、市場シェア3位は、必死でがんばって市場シェア2位を抜くことができるかもしれませんが、4位以下は、絶対そこから撤退した方がいい、というワケ。

 

まあ、簡単に言うなら、1番じゃなければ、特に個人起業家の場合、非常に大変な目にあってしまうであろうことは火を見るより明らか!! なのです。

 

特にこれから起業するのなら、わざわざ競争が激しいところに行くよりも、まだ誰もいないブルーオーシャンを狙って、そこで(不戦勝でもいいから)1位を狙う!!

 

それが稼げる起業家の絶対法則、と私は改めて確信します。

 

最後にあなたに質問です。あなたは世界一を目指してますか?

高単価な新商品の考え方、創り方、売り方を網羅しました!

累計50,000ダウンロード突破!

登録だけでスマホから即読める! 考え方・創り方・売り方を3冊で網羅! ”ゼロから始める個人起業法”がここにあります

最新情報をチェックしよう!
>電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

電子小冊子「ポジショニングUSP」3冊無料DL!

個人でできる!高単価商品の考え方・創り方・売り方!
あなたは今から始めても業界No1になる方法をご存知ですか?

CTR IMG